このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > 日本代表 > アジア杯2007 > コラム一覧 > 西村幸祐コラム


アジア杯2007特集

アジア杯特集のメニュー

西村幸祐「アジア杯透視図」

ハノイの決戦を振り返る

2007年7月26日

 ブックメーカーによれば事実上の決勝戦だったオーストラリア戦で何とかW杯の雪辱を果たした日本が準決勝に進出した。そして、サウジアラビアとの決戦はご承知のような結果(2-3)になった。日本は運よく7月7日の1次リーグ初戦のカタール戦から7月25日の準決勝までハノイから移動することなくアジア杯を戦った。そういう意味でも、今回の日本にとってのアジア杯の全ては、ハノイの決戦であった。

 準々決勝のオーストラリアは昨年のW杯メンバーが10名そろい、しかもビドゥカはイングランドのプレミアリーグ06-07シーズンで得点ランキング4位の、正真正銘のワールドクラスのFW。そんなビドゥカを完全に抑え込んだDF中沢の試合だったと言ってもいい。日本の組織プレー、特に守備ブロックは、オーストラリア戦で完璧に機能した。ほとんどが欧州で活躍する攻撃陣を中沢、阿部を中心に鈴木啓太と遠藤の両ボランチの上下動が封じきっ... [全文へ]

韓国のスポーツ文化と半世紀の沈黙

2007年7月 9日

 アジア杯は早くも波乱の様相を見せている。7月7日の開幕戦で、イラクはタイとよもやのドロー。8日行われたベトナム-UAEは、実力では下とみられていたベトナムがキャプテンのグエン・ミンホンの活躍もあり、UAEを攻守で圧倒して勝利を挙げてしまった。東南アジアの独特の気候がアウエーチームに強烈なディスアドバンテージとなって圧し掛かっているようだ。

 また、優勝候補オーストラリアもオマーン相手に苦しみ、終了間際にかろうじて追いつきドローという際どい試合だったし、日本はカタール相手に終盤に失点し引き分けに持ち込まれた。アジア杯は強豪国でも簡単には勝てない大会になりつつあるのは間違いない。

 これは2002年W杯日韓大会4位の韓国にしても同じだ。もともと韓国がアジア杯で優勝したのは出場が4カ国だった時代の2回のみで、半世紀近く優勝の美酒を味わっていない。今大会は、1次リーグで中東の雄サウジア... [全文へ]

バックナンバー

プロフィル

 1952年(昭和27年)東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科中退。在学中に第6次『三田文学』の編集を担当、80年代後半から主にスポーツをテーマに作家、ジャーナリストとしての活動を開始した。93年のW杯予選からサッカーの取材も開始。02年W杯日韓大会取材後は、拉致問題、歴史問題などスポーツ以外の分野にも活動を広げている。
 著書は「ホンダ・イン・ザ・レース」(93年・講談社)、「八咫烏(ヤタガラス)の軌跡」(02年・出版芸術社)など多数。新著は「反日の超克」(PHP研究所)。
ホームページはこちら

ほかのコラムを読む

海島健
イラクに始まりイラクに終わった、さよならアジア杯
セルジオ越後
愛媛の気持ちで金星だ
オシム語録
阿部勇樹の負担
市川雄介
豪州戦はオシムジャパンのベストゲーム


このページの先頭へ