日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年02月12日

シュート打てる所でパス…強引さ必要だ

<W杯アジア最終予選:日本0-0オーストラリア>◇11日◇A組◇日産ス

 ホームで勝ち点3は取れなかったが、負けなくて良かった。南アフリカへ半歩、前進できたと思う。MF遠藤がMFホルマンのマンマークを受け、MF中村俊も厳しい守備にさらされて、前を向けなかった。そんな大黒柱2人がつぶされた中で、DF闘莉王からの長いボールに、FW田中達やMF長谷部が飛び出す形で、チャンスをいくつかつくった。狙いどおりの形は、ある程度できていた。

 守備ではキーマンのFWケーヒルに対し、中沢がうまく対応して決定機をつくらせなかった。オーストラリアがボールを蹴らず、つないで時間をかけてくれたこともあるが、危ない場面は少なかった。相手のパス回しがうまく、アジアレベルなら通用するプレスが利かず、ボールが奪えなかったのは事実だが、プレミアなど世界トップリーグで戦っている選手中心の相手では、それもしょうがない。

 課題は、やはり決定力。田中達や玉田らが、ペナルティーエリア内でもう少し強引に行くことが必要だ。ボールをもらうまでは良くても、前を向いてシュートを打てるところでパスを出してしまう。ドーンと打って、DFに当たってオウンゴールでもいいじゃないか。後半42分に長谷部のシュートが、FW大久保に当たって枠を外した場面があったが、ゴール前に選手もいっぱいいたし、ああいう場面を増やしたい。

 オーストラリアからは、引き分けOKという雰囲気も感じられた。1点先に取れば、向こうも慌てて出てきただろう。世界を相手に勝ちきる…そのためには、もう少し選手1人1人がシュートの意識を持つことが大事だ。そうすれば、日本代表は変わるはずだ。(日刊スポーツ評論家)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

原博実「核心を突く」
原博実(はら・ひろみ)
 1958年(昭33)10月19日、栃木県生まれ。矢板東から早大を経て、81年三菱重工入り。国際Aマッチ75試合に出場し、釜本、カズ(三浦知良)に次ぐ歴代3位の37得点を挙げた。92年の引退後、浦和のコーチに就任し、98~99年には監督を務めた。02年~05年、07年に東京で監督を務め04年にナビスコ杯を制した。監督としてJリーグ戦通算86勝44分け77敗。かおり夫人と1女2男。183センチ、80キロ。血液型A。

最近のエントリー





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. 原博実「核心を突く」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです