日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年01月30日

起点作れなかった稲本、岡崎、本田/アジア杯

<アジア杯予選:バーレーン1-0日本>◇28日◇1次リーグ◇A組◇マナマ
 日本は良くなかった。攻撃のスタートは両センターバックから稲本にパスが渡るところだが、相手の強いプレスに稲本が前を向けなかった(A)。これでは中盤で細かなパスを回す日本のスタイルにならない。攻撃を急ぎ、長いパスを送ることになる。

hara_4c.gif

 前線で問題だったのは、岡崎と本田が中に絞り過ぎること。両サイドで起点ができず、簡単にボールを奪われた(B)。サイドでボールが収まれば内田と長友の攻め上がりも有効だが、これでは上がった背後にロングボールを入れられるだけ(C)。相手は日本の弱点を良く研究していた。

 岡田監督はある程度この展開は予想していたはず。ただ、それでも本田、稲本の欧州組らを試したかったのだろう。その意味では、収穫はあったと思う。

 Aの部分では、中村憲と稲本の関係も重要。また最終ラインに闘莉王がいれば精度の高いロングボールで相手のプレスをかわすこともできた。BではサイドのMFが中村俊のようにサイドに開いて攻撃の起点になることだ。そうすればサイドバックも攻め上がりやすく、守備に回っても安定するはず

 1試合の結果で悲観的になることはない。精神的に引きずることの方が心配。この試合はオーストラリアも見て参考にするはず。この日の課題をどう修正し、克服するのか。選手起用とともに、岡田監督の戦い方が楽しみでもある。(日刊スポーツ評論家)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

原博実「核心を突く」
原博実(はら・ひろみ)
 1958年(昭33)10月19日、栃木県生まれ。矢板東から早大を経て、81年三菱重工入り。国際Aマッチ75試合に出場し、釜本、カズ(三浦知良)に次ぐ歴代3位の37得点を挙げた。92年の引退後、浦和のコーチに就任し、98~99年には監督を務めた。02年~05年、07年に東京で監督を務め04年にナビスコ杯を制した。監督としてJリーグ戦通算86勝44分け77敗。かおり夫人と1女2男。183センチ、80キロ。血液型A。

最近のエントリー





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. 原博実「核心を突く」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです