日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年01月11日

大迫勇は日本のアンリだ/高校サッカー

<高校サッカー:鹿児島城西5-3前橋育英>◇10日◇準決勝◇埼玉
 大迫勇の同点ゴールに、ストライカーとしての非凡な才能が表れていた。左サイドの松井にボールが渡った瞬間、大迫勇は相手DFと競り合いながら「タメ」をつくった。シュートを打つスペースへの飛び出しを遅らせながら、松井にクロスの位置を指示した。FWならば、真っ先にシュートポイントに飛びこみたいところ。しかし、それではスペースを消して、チャンスもつぶしかねない。スペースを使い、生かすための「タメ」が素晴らしかった。

 反転のスピード、体の使い方のうまさ、ゴール前での落ち着き、FWとしての要素に恵まれている。中でも可能性を感じるのはセンス、賢さだ。ゴールするだけではなく、アシストもできる。周りを使うことができるのは、ストライカーとして大きな武器になる。

 もう1つ、素晴らしいのはプレーが美しいこと。体の動きに無理がなく、しなやか。姿勢もいい。高校生としては大柄(182センチ)だが、それに頼ることはない。国見時代の平山(現東京)は、190センチの長身を生かして得点王になった。高校生レベルでは体格がアドバンテージになるが、Jリーグでは簡単に通用しない。将来伸びるためには、今体格に頼らないことも必要だろう。

 ゴール前のセンスは鹿島(入団内定)でも通用する。センスだけなら、今の鹿島の日本人FWより上かもしれない。ACLもあるから、出場チャンスもあるだろう。日本人にはいないタイプのFW、世界的に見ればアンリ(バルセロナ)が近い。大きく育って欲しいし、その可能性は十分にある。(日刊スポーツ評論家)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

原博実「核心を突く」
原博実(はら・ひろみ)
 1958年(昭33)10月19日、栃木県生まれ。矢板東から早大を経て、81年三菱重工入り。国際Aマッチ75試合に出場し、釜本、カズ(三浦知良)に次ぐ歴代3位の37得点を挙げた。92年の引退後、浦和のコーチに就任し、98~99年には監督を務めた。02年~05年、07年に東京で監督を務め04年にナビスコ杯を制した。監督としてJリーグ戦通算86勝44分け77敗。かおり夫人と1女2男。183センチ、80キロ。血液型A。

最近のエントリー





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. 原博実「核心を突く」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです