日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


永島昭浩「スーパーゴール」のイメージ画像

永島昭浩(ながしま・あきひろ) 1964年(昭39)4月9日、神戸市生まれ。御影工から83年に松下(現G大阪)入り。清水、神戸で活躍。J通算165試合65得点。日本代表Aマッチ4試合出場。フジテレビ・スーパーニュース・スポーツキャスター。

ひどすぎる/親善試合

13年10月16日 [11:45]

<国際親善試合:日本0-1ベラルーシ>◇15日◇ベラルーシ・ジョジナ

 ひどすぎる試合だった。日本は何がやりたかったのか。

 ベンチに下げた柿谷の1トップの位置に本田を上げたはずなのに、本田は下がってサイドに流れてしまう。みんな、1点が必要な状況に追い込まれても点を取りに行く姿勢がない。少なくとも点を取れる可能性にさえ持っていけなかった。3、4バックを論じる以前の問題だ。

 判を押したようなDFからMF、MFからFWへといったパスのつなぎ方も理解に苦しむ。その過程でボールを奪われ、速攻を食らう。DFからFWへ当てて3人目の動きで前線を突破しようとか、有効的な動きがない。修正せずに試合を終えてしまった。日本はこれほど規律のないチームだったのか。これでは世界で勝てるわけがない。前線で孤立した柿谷うんぬんではない。1カ月後、立て直せているのだろうか。(日刊スポーツ評論家)

永島昭浩「スーパーゴール」の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら