日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


回転遊戯のイメージ画像

社内のパチンコ ・パチスロ好きの有志が集って2010年(平22)8月16日に発足。土日、祝日、平日の会社帰りといった、限りある「サラリーマンタイム」での勝利をつかむのが目標。主な活動拠点は東京都内だが、場合によっては遠征もあり。

業界コラムの記事一覧

 こんにちは、K松です。いよいよ明日からゴールデンウイーク。長い人なら来月6日までの12連休なんて人もいるんじゃないでしょうか。さすがにこれだけ長ければ、ホールにも何度かいけるチャンスがありそうですね。果たして懐もゴールデンになるでしょうか。まあ、時間がたっぷりある分、深追いは禁物というところですね。ところで、今回のお題は1パチ・5スロ。これらが導入されて、もう7~8年ぐらい経過しました。新規ユーザー獲得・既存ユーザー引き止めの策として始まったものですが、成果のほどはどうなのでしょうか。そんなことを考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今では切っても切れない関係となったパチンコ・パチスロとアニメ。元のアニメを知らなかったのに、パチ・スロになって「へ~、こんなのあったのか」と思うこともしばしばです。かつては「演出に使える映像があるから」という理由でアニメ版権が好まれたようですが、今では「この機種限定の映像が!」なんてものも多くなりました。そこで今回は、この限定映像について思うところを書いてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今日の関東地方は、寒の戻りですね。すっかり薄着にシフトした方、風邪など引かないように気を付けてください。さて、今週はパチンコ・パチスロホールの禁煙フロアの話です。一時期、都内でも一気に増えた禁煙フロアですが、今ではすっかり減ってしまいました。世の中、年々禁煙志向が強まっているのに、不思議なものですね。今回は、独特の文化が根付くパチ・スロ業界における、喫煙・禁煙について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。消費税、ついに上がりましたね。私自身はまだそこまで消費増税を体感するほど買い物をしていないのですが、みなさんはどうでしょうか。パチンコ・パチスロホールでは、景品との交換率が変わったところもあるようですね。今度の週末は打ちに行く予定ですが、なんとか勝って交換率の変化を体感したいところです(笑)。さて、今回のお題は若年層のパチ・スロ離れについて。この手の話は毎回「娯楽の多様化」で片付けられがちですが、今回は勝ち負けの視点から考えてみようと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。世の中は、多くの企業や学校で年度末。あれこれとバタバタしていますね。バタつく理由のひとつが、5%から8%に変更される消費税。新聞もそうですが、いろんなものがちょっとずつ値上がりしています。この消費税、パチンコ・パチスロも大いに関わってきます。当然、景品と交換する玉・メダルの数にも変更が出ます。今回は、この消費増税と景品の関係について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。あっと言う間に3月も1週間終わってしまいました。今年も残すところ300日。まだ300日ある? いやいや、月日はとんでもないスピードで過ぎていきます。働くしにしろ遊ぶにしろ、体を壊さない程度に目いっぱいしたい今日この頃です。さて、ここのところパチスロ機で強烈なスペックの台が相次いで登場しました。エンジョイ派の私はちょっと苦手の分野ですが、爽快な出玉感がありますし、ファンの心もつかんでいるようです。さて、今回はそんなスペックと筐体、演出のバランスについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。寒さも一段落かと思ったら、週末は寒の戻りだそうで。体調管理が難しい時期ですね。インフルエンザにスギ花粉と、マスクつけっぱなしの時期は、まだまだ続きそうです。さて業界に目を向けるとパチンコ、パチスロともに、なんとかファン減少を食い止めようと、いろいろと新たな仕組みが台に盛り込まれています。ところが、どうも複雑すぎてユーザーがついていけていないのでは、と思う節もあります。今回は複雑さを増す台の仕組みとユーザーの関係についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさん、ソチ五輪見てますか? 私は一生懸命起きていようと思うのですが、なかなか2時3時まで起きていられず断念しています(苦笑)。とはいえ、今後も注目競技が残っているので、週末くらいは夜更かししてみようと思います。さて、今回はパチンコ・パチスロホールに行った際の遊技時間についてです。さまざまな娯楽がある中で、パチンコ・パチスロを楽しむ時間は、どのくらいがちょうどいいのか、考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。明日の関東地方は大雪の予報ですが、みなさん対策は大丈夫でしょうか。土曜日なのでホールに行きたいところですが、行った後に帰れなくなるようなこともあるので、おとなしくしていようかなと思っています。さて、今回のテーマは、台の音量です。このコラムでも何度か触れた内容ですが、最近の新機種でもいくつか気になる点があります。あらためて、ホール内にあふれている音について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。早くも明日から2月。国内プロ野球はキャンプインし、野球界のお正月を迎えます。私も元野球記者。3月末の開幕戦の時もそう思うのですが、「いよいよ今年も始まるな」なんて気分になったものです。さて、1月中の野球関連記事といえば、多いのは「今年は15勝」「目指せ3割30本」なんていう、目標設定のようなもの。プロである以上、結果を残さなくてはいけませんからね。ふとパチンコ・パチスロ界に目を向けると、専門メディアの方でも「年間収支はマイナスです」と話すことが多いようです。そこで今回は、パチ・スロ業界のプロと、収支について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。パチンコ・パチスロ情報に詳しい方ならご存じかと思いますが、パチ・スロ機のテレビCMは、東日本大震災以降、業界側で自粛が続いています(企業CMは除く)。震災以降、毎年3月末のタイミングで解禁するか否かが検討されているのですが先日、来年度も自粛を継続するとの発表がありました。これで少なくとも来年の3月までは、実機のCMがテレビで流れることはなくなりました。今回は、この自粛とファン離れ、そして別のPR手法について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんは、今までパチンコ・パチスロホールで交換した景品で、思い出に残っているものは何ですか? 私は高額、ということで言うなら、数年前ですが当時好きだったアーティストのCDですかね。まだ楽曲配信がなかったころに、すべて新品で集めていたので「お、ちょうどよかった♪」みたいな感じで交換した覚えがあります。最近は全国的に等価交換かそれに近いものが主流のようで、なかなか一般景品に交換する人は少ないようです。そこで今回は、一般景品の魅力について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ちょっと遅いですが、明けましておめでとうございます。今年は2月にソチ五輪があり、6月にはサッカーのブラジルW杯がありと、スポーツイベント盛りだくさんです。6年後の東京五輪に向け、いろいろと準備が進み出す年でもあり、スポーツ紙としては落ちつく暇がない年になりそうです。さて、私の担当であるパチ・スロ界ですが、大きなヤマ場が4月に導入される8%の消費税。その他、業界内ではいろいろと動きがありそうです。今回は昨年を振り返りつつ、今年を占ってみようと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今年もいよいよ大詰め。私自身、一部自宅やイベント取材など仕事はしますが、会社仕事は今日で仕事納めとなりました。今年のパチンコ・パチスロは、みなさんいかがでしたでしょうか。パチ・スロ好きが集まった忘年会では「今年は○○だな」「いやいや○○だろ」なんていう会話で盛り上がっているかもしれません。私も振り返る意味で、今年導入された台をどれだけ打ったか見直してみました。今年最後のコラムは、たくさん出された台から、来年を占ってみようと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今年も残すところいよいよ10日あまり。「今年はこんな年だったね」と振り返っている間に、次の年がやって来そうです。さて、忘年会シーズン真っ最中の今日、都内の渋谷~六本木間で試験的に深夜バスの運行がスタートします。つい先日、辞職した猪瀬都知事が進めていた「都バス24時間化」の一端になります。はたしてどんな人たちが、どんな目的で利用するのか、非常に気になるところです。そこで今回は、夜の街と交通手段について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近のパチンコ・パチスロメディアでは、今年出た機種の採点ものやランキングものが多く見られます。これも季節ものですね。今年も実にたくさんの機種が導入されましたが、みなさんのNo.1機種はどれでしょうか。パチンコはMAXタイプを軸にミドル、ライトミドル、甘デジに羽根物と、バラエティーに富みました。一方パチスロはAタイプはごく少数で、ほとんどがARTもしくはAT機でした。そんな年末、パチンコメーカー豊丸産業が当面MAX、ミドルを出さないという宣言をしました。今回は、この独自路線について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。2013年も残り少なくなり、打ち合わせなどでも来年のお話がだいぶ増えてきました。今年もいろんなことがありましたが、来年はどんな年になるのでしょうか。さて、今回考えたのは営業時間のこと。都道府県によって営業時間そのものも違うのですが、今回はユーザーの立場から考えた実質の遊技時間と言った方がよいかもしれません。みなさんは閉店何時間前までなら、打ち続けますか?(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。少し前の話になりますが、パチンコ・パチスロホールの組合である全日遊連の加盟ホールが1万1000店を割り込んだというニュースがありました。ここのコラムでは、参加人口の減少については何度か触れてきました。店舗数も急に減ったというよりジワジワという感が強いですが、数年内での1万店割れも現実味を帯びてきました。今回は、店舗数減から起きることをいろいろと考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ふと気が付けば、このコラムも160回を超えていました。たまにサボりはしますが、基本的に毎週書いているので、いつの間にか3周年を過ぎ4年目に突入していたようです。まさか3年以上も続けるとは思ってもみなかったので、不思議なものですね。さて、そんな3年の中で、何度も書いたであろう「射幸心」という言葉。パチンコ・パチスロを語る上で、切っても切れないものです。そこで今回は原点回帰のように、この射幸心という言葉について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんは最近、どなたとパチンコ・パチスロの話をしましたか? このサイト、このコラムをご覧の方だと、会社の同僚なんて場合が多いかもしれません。オフィスの喫煙所、休憩スペース、仕事終わりの居酒屋みたいなところで、「いやー、この前○連チャンしてさー」という会話をしているのでしょう。最近ではSNSで共通の趣味の人とやりとりなんてあるかもしれませんね。ところが、やはり最近は参加人口の減少からか、よりコアなファンが増えてきた感じがしています。今回はそんなファン層について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、コラムの書き出しは「新台」のことばかりです(笑い)。まあ、それだけたくさんの台が世に出ているわけですが、今日はこの新台の情報についてのお話。みなさんは、最近だとどんな方法で新台が出ることを知るのでしょうか。やっぱり時代を考えればWEBですかね。さて、このWEBでの情報公開、パチ・スロメディアにとってはいろいろ考えるべきことがあります。そのあたりを少しご説明できればと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。新台が続々登場していますが、みなさん戦績はどんな感じですか? なんとなくですが、周りの人たちから敗戦報告が続いてるようなので、少々心配でして...。ひと昔前なら「新装=赤字覚悟」みたいなものだったのですが、最近はなかなかそうもいかないようで。今回はあらためて、ホールと新台の関係について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ふと気が付けば10月の半ば。今年も残すところ2カ月半となりました。まだまだやっていないことが盛りだくさん。なんとか今年中にできるかなあ。さて、この10月から年末にかけて、実にたくさんのパチンコ・パチスロ機が導入されます。それこそホールの1/3ぐらいは入れ替わるのではないか、いやいやもっとでは、という勢いです。ひと昔前は新台が入るとなれば、それこそ大にぎわいだったわけですが、今や毎週のように「新台入替」。今回は、こんな新台導入ラッシュから、業界のことを考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。9月もまもなく終了。いやいや、今月は実にたくさんの新機種発表会に行きました。その分10月、11月には新機種が続々登場します。特徴的だったのは、以前からアニメとのタイアップは多かったのですが、傾向として現在ヒットしている、もしくはつい最近までテレビ放送していたアニメ版権ものが多かったこと。今回は、パチ・スロとアニメのタイアップのタイミングについて考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。もう先々週の話になりますが、2020年の夏季五輪の開催地が東京に決まりました。スポーツ新聞社の人間としては、(おそらく)務めている間に五輪を迎えられることは、非常に幸運なことだと思っています。もちろん震災復興を優先すべきという方も多くいらっしゃるので、むしろ五輪を開催する上で復興も同時に加速するようなことになればいいな、と思っています。さて、東京五輪決定で、にわかに各界がにぎやかになり始めました。もちろんエンタメ業界もそのひとつ。今回は、2020年までの7年間について考えてみたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週、今週、そして来週と、実にたくさんの機種が発表されました。正直なところ、さすがに何が何だかこんがらがっています(苦笑)。もちろん技術の進歩はあるべきなのですが、あちこちで「新機能○○搭載!」と言われると、もはやどの会社のどの台の話なのやら...。それでも決まり文句なのは「初心者にもやさしい」のひとこと。少々首をひねります。そこで今回は、増え続ける台・機能と初心者の距離について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週末、おそらく業界初であろうパチスロユーザー日本一を決める「第1回 日本回胴王決定戦」の東京予選を取材してきました。日程や会場の都合もあり、全国津々浦々からユーザーが集まったとは言い難い部分もありますが、それでも数千人の応募があったと聞くと、注目度は高いのだと思います。準決勝は明日、決勝は明後日です。また取材に行きますが、どんなドラマが待っているのか、今から楽しみです。さて、そんなイベントで思ったことを、今回のテーマにしたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。お盆休み明けの週ということもあり、各ホールでは頻繁に新台入替が行われたようです。パチンコ、パチスロともに注目機種が入ったので、それなりのにぎわいだったようですね。さて、みなさんは新台導入の情報をどこで見てらっしゃいますか。電車の中づり、駅のポスター、ネットのホール検索サイトあたりが多いですかね。よく考えてみると、このほとんどがホールが発信している情報なんです。今回はこの新台訴求について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。月初に発表されたレジャー白書2013、ご覧になった方はいるでしょうか。今年はサブタイトルに「60代以上が余暇の主役へ」というものがつきました。日本全体の高年齢化につれて、レジャーの主役も若年層や働き盛りから、シニア層(最近はグランドジェネレーションですかね)に移っているということでしょうか。さてパチンコ・パチスロはといいますと、市場規模は約19兆円と横ばい。ですが、参加人口の減少は続いており、昨年比150万人減の1110万人となりました。今回は、このパチ・スロの遊技人口の減少について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今日はとにかく暑かった! 気温も湿度も高かったので、さすがにフラッとしそうなくらいでした。こんな日は、涼しいホールでのんびり打っていたいなあと思ってしまったりしますが(笑い)。最近のホールは空調としてプラズマクラスターがついてたり、休憩スペースがあったり。いろいろ顧客サービスが充実してきました。そんな中、ユーザー対応でちょっと首をひねるようなことがありました。今回は、そのことを書きたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんは、いわゆるホールの「出玉イベント」ではなく、パチンコ・パチスロ業界が開催しているファンイベントに参加したことはあるでしょうか。先日、パチスロユーザー向けのイベントとして「第1回 日本回胴王決定戦」の開催が発表されました。また、今週末の4日は「パチスロの日」として、東京・秋葉原でイベントが開催されます。また7日には、同じく秋葉原でニューギン主催の「花慶の日 漢気夏祭り」も開催されます。今回は、そんなファンイベントについて考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。成功したと思われるものは、すぐにでも取り入れるのがパチンコ・パチスロ業界。最近の中で目立つものといえば、主にパチンコ機に搭載されているRTC(リアルタイムクロック)機能がそのひとつです。昨年ホール導入され大ヒットした京楽産業.のぱちんこAKB48で、全台一斉演出をする上で採用されると、その後も同様のパターンで他メーカーも入れ始めました。今回は、増え続けるRTC機能搭載機について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今夏最大の注目台、ぱちスロAKB48がいよいよ導入されましたね。みなさんはもう打たれましたか? パチンコは大ヒットで、今でも元気に稼働しているだけに、パチスロだとどうなるのか注目したいところです。国民的アイドルグループを起用した台まで投入されたパチ・スロ業界ですが、残念ながら遊技人口の減少は歯止めがかかっていないとの話を聞いています。今回は、業界にとって死活問題である遊技人口について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ちょっと前に、パチ・スロ業界関係者が集まるセミナーに顔を出してきました。その会に参加されていた、諏訪東京理科大学教授で脳科学者の篠原菊紀氏が言っていたことで、非常に興味深いものがありました。「日本のギャンブル依存は、欧米に比べるとエスケープギャンブラーが多いと学術的に考えられ始めています」。要約するに、ギャンブルを現実逃避の場所にしている人が、日本は欧米より多いということです。今回は、これをきっかけにパチ・スロが心から楽しまれているのか、ということを考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先日、あまりパチンコ・パチスロ業界外の人は参加しないセミナーに参加してきました。思わず納得な話から、ここのコラムで書くものではないような深い話まで、いろいろ聞くことができました。多少なりとも一般の方々より見聞きしているつもりでしたが、まだまだ知らないことだらけ。道のりは険しいです(苦笑)。さて、セミナー後の懇親会の席でちょっと話題になったのが、パチ・スロとソーシャルゲームの関係。業界側は、かなりソーシャルゲームの発展を危惧しているようでした。今回は、この話をきっかけに、パチ・スロの遊技時間について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんは最近、何を使って遊びに行くホールを選んでいますか? WEBのホール情報サイトでしょうか。それともファン誌とか。他にも駅貼りのポスター、電車の中吊り広告、新聞広告、折り込みチラシなど、ホールの情報を目にするパターンは多数あります。さて、つい最近聞いた話だと、ホールに来るユーザーの居住地が以前より広範囲になっているそうです。つまり「遠方からでも来る人が増えた」ということですね。今回は、なぜユーザーが遠くから足を運ぶようになったのかを考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。少し前から、パチンコ・パチスロの動画が、また一段と増えましたね。それまでパチ・スロ専門テレビの映像が動画サイトでも見られるぐらいだったのが、ここのところオリジナルの動画サイトがいくつも登場しました。オールジャンルを扱う動画サイトがいろいろ苦戦する中、パチ・スロ系動画はアニメ系などと並んで、数少ない好調なジャンルと言えます。今回は、加速度的に増えたパチ・スロ動画とその先にあるものを考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今年もいよいよ梅雨ですね。水不足の解消にはいいなあと思いつつ、早く晴れてくれないかなと思ったり。どんな時でも人間はないものねだりです(苦笑)。さて、そんな中でもパチンコ・パチスロは新台発表ラッシュ。特に最近はサスペンスやホラーといった「怖い系」の台が多く導入、発表されています。実はホラーが苦手な私ですが、藤商事「リング」のロングセラーを見ると、ホラーとの組み合わせというのはアリなんだなと認識をあらためるわけです。そこで今回はパチ・スロのタイアップに適するのはどんなものかを考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今週は本を1冊ご紹介したいと思います。パチンコ業界についてフリーランスで取材・執筆をしているPOKKA吉田氏の著書「パチンコオカルト信者につけるクスリ」が3日、扶桑社から発売されました。タイトルどおり、テーマはパチンコ・パチスロと密接な関係がある「オカルト」です。POKKA氏は下の画像にあるような金髪・サングラスの風貌からいろいろな印象を持つ方もいるでしょうが、その取材力や発言力は業界でも有名。時折ホール関係者が集まった場で講演もされています。そんな人がパチ・スロとオカルトの関係にメスを入れたということで、業界関係者も注目の1冊になっています。今回の発売に際して話が聞けたので、それと合わせてオカルトについて考えてみたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。月曜日の実戦コラムの最初にもチョロリと書きましたが、先週末にとあるパチンコ・パチスロトーク&お笑いライブイベントにお邪魔してきました。人気パチ・スロライターのトークあり、お笑い芸人によるパチ・スロファンにしかわからない、けれど爆笑なネタあり、という濃密な4時間でした。今なお「パチ・スロ業界NG」というタレントや芸能事務所がある反面、この業界に活路を見いだそうとする人もいます。そこで今回は、パチ・スロ業界におけるタレント的な活動について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。私事で恐縮ですが、最近すっかり目が疲れております。最近、眼鏡を変えまして。フレーム、レンズの度数は同じですが、よりいいレンズに変えたところ、どうもいろいろ見えすぎて眼精疲労が進んでいるようです。パチンコ・パチスロやゲームをする上に、普段からパソコンやスマホでいろいろチェック、さらには今まさに原稿まで書いているわけで。だいぶ目を酷使しているわけです。さて、そんなことから、あらためてパチ・スロの各演出を見直してみると、結構「これは目に堪えるなあ」というものも少なくないようです。今回はインパクト満点の演出と、目への影響について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週末の5月10日、新たな試みがスタートしました。パチンコ・パチスロ専門学校G&E ビジネススクールに新設されたライターコースです。パチンコ・パチスロの専門誌・ファン誌のライターを目指す計30人が、初めての授業に臨みました。今では原稿はもちろん、映像への出演もこなすライター。果たしてどんな内容なのか、初回の授業に潜入してみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんはパチンコ・パチスロに関する映像って、どのくらい見ていますか? 大手動画投稿サイトでは新機種のPVが公開されたり、ユーザーが自宅で実機を打つ様子を配信したりされています。またパチ・スロ専門動画サイトも増え、ファン雑誌にはライター陣が出演するDVDがつくのが定番。業界内でも映像での訴求を求める声が年々大きくなっています。今回は、パチ・スロの映像の世界を自ら体験してきたので、そのあたりの話をしたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。いよいよゴールデンウイークですね。みなさんはどちらかにお出かけですか? 今年は海外旅行客も増えたようで、久々に活気がある大型連休になりそうです。このGWに合わせて、チェーン店の新規店舗のオープンも相次ぎました。ただ少し気になるのは、新規出店にともない周辺住民らからの出店反対の声も目立つこと。今回は、パチンコ・パチスロホールの永遠のテーマとも言える、周辺住民との関係について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。「春眠暁を覚えず」とはよくいったもので、最近はついつい仕事中も大あくび。花粉症の薬の影響もあるかもしれませんが。それでも、家に帰ってからがリラックスタイムなので、遅く帰ってもついつい夜更かし。そしてまた寝不足の繰り返しなんですけどね。さて、そんな中東京の猪瀬都知事が、都営バスの一部区間において、24時間運行を実施したいという意向を表明しました。これには夜に営業する各業種、さらにはタクシーなども過敏に反応。いろいろな期待や臆測が飛んでいます。そこで今回は、この都営交通が24時間運行になって、東京が眠らなくなった時のことをあれこれ考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今週はCR牙狼FINALが発表され、週明けにはフィーバー機動戦士ガンダムが導入。この春は、何かとパチスロよりパチンコの話題が活気づいている印象がありますね。新台入替も15日週で大物は落ち着き、22日週はゴールデンウイーク前にもかかわらず、目立った動きはなし。各タイトルは連休明けに導入される予定です。いまやパチ・スロホール唯一の宣伝材料である新台入替。ここから、今のホールの状況を考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。あっという間に3月も終わり。来週からは4月。新年度を迎える方も多いのではないでしょうか。私の会社も人事異動があり、後輩が増えました。たぶんパチンコ・パチスロとは縁がなさそうなタイプなので、ちょっと残念です(笑い)。さて、アベノミクスの影響で給料が上がったなんて声も聞かれ始めましたが、みなさんが月々パチ・スロに使う金額はどの程度ですか? そして、その額と今の台の性能やくぎ、設定は合っていますか? 今回は業界を支えるユーザーの遊技代について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今年は関東地方で例年より2週間も早く桜が満開になるんだそうで。東京は今週末が見ごろだとか。私のヒキも、早く満開になってほしいところです(笑い)。さて、アベノミクスで景気回復なんて声がよく聞かれるようになりましたが、パチンコ・パチスロ業界の春はまだ先の様子。遊技人口、ホール数の減少は続いています。ところが総台数は横ばいもしくは短期間で見ると増加している場合もあります。そこで今回は台を売るメーカー、買うホールのパワーバランスについて考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。2012年度も残りわずか。年度末ということで、いろいろとお仕事に追われている方も多いのではないでしょうか。パチンコ・パチスロ業界も同様で、年度内に台を売りたいメーカーや、予算数字をクリアしたいホールなど、いろいろな思惑が錯綜(さくそう)していたりします。そんな中、業界から遠い場所にいる方に聞くと「パチンコ、パチスロってお金あるんでしょ?」という声を度々耳にします。そこで今回は、パチ・スロ業界の景気について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。普段は実戦ものを書いている月曜日ですが、今日が「3・11」ということもあるので、業界についてのお話に変更しました。さて、東日本大震災から今日で2年。新聞、テレビなどでは各メディアでは当時の悲惨さや、今なお残る爪痕の大きさが伝えられ続けられました。パチンコ・パチスロ業界でも、この3・11に際していろいろな対応が見られました。今回は、2年が経過し自粛・復興ばかりだったころから少しずつ変化や考え方の違いが出てきた部分について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。パチンコ・パチスロに限らず、ギャンブルというカテゴリに関わる人にとって注目の話題があります。兵庫・小野市の生活保護費、児童扶養手当についてです。簡単に言うと「もらったお金はパチンコ、競馬、競輪みたいなギャンブルに使っちゃダメ」という条例案が27日、市議会で提出されました。これに関して、インターネット上をはじめ「そりゃそうだろう」「娯楽の線引きが難しい」など、賛否で意見が入り乱れています。非常に難しい話ですが、このコラムでも触れておこうと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。いまさらではありますが、最近とても1パチ、5スロといった「低貸し」が気になります。仕事柄、試打機も打てるのですが、やはりホールで打つ実機とは別物。極力、数多くの台をホールで打つようにしているのですが、まあなかなか勝ち続けられるものでもありません。というより、基本的に週末に打つので、なるべく負けないようにするのが精いっぱいです(苦笑)。そこで今までほとんど打たない低貸し台はどうか、と思ったわけです。というわけで、今回は低貸し台についてのお話です。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今月は本当に新機種発表が多いです。今週に引き続き、来週も新台発表ラッシュ。3月の年度末駆け込み導入もしくは4月の新年度スタートを切る機種が、これからどんどん出てきます。自分の頭の中でも、何かどんな機種で、いつ出るかを整理するのが大変なくらいです(笑い)。いやはや、この状況だと台を購入するホールの方も大変ですね。この2カ月でいったいどれだけの台が入れ替わるのでしょう。そこで今回は、導入される台の適正台数について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。2月に入り、パチ・スロ業界もだいぶ動きが活溌になってきましたね。メーカーも3月が年度末というところも多いので、駆け込みで新台リリースなんていうパターンも増えてきます。2月、3月の新台情報は普段以上に要チェックです。さて、昨年からパチンコはいろいろな機能を持った機種が増えました。それでいて、ユーザーが戸惑うことも少なく、よく考えて作られた台が増えた印象です。そこで今回は、パチンコの遊びの幅について考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、パチンコ・パチスロの仕事とは別に、アニメを放送する各テレビ局を回る機会がありました。地上波はもちろんBS、CS局にも行ったのですが80年代、90年代アニメの再放送って多いものですね。さらに再放送されているものをよく見てみると、半分ぐらいはパチ・スロ化されている作品。長く愛される作品だからこそ、再放送されたりパチ・スロになったりするんでしょうね。最近では、パチ・スロ化によって再燃し映画化や新シリーズが始まったりします。そこで今回は、業界があることでの、他業種への影響について考えました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。いきなりですがパチンコ・パチスロもいろいろと便利な世の中になりました。古くは札や硬貨を入れて出てきた玉を手で受け止めて台に移していましたが、今や座ったままボタンひとつでジャラジャラ。さらに、出玉も箱に移すまでもなく計数され、カードに記録されるようにもなりました。データランプも同様。ひと昔前までは、大当たりの回数を表示するのがやっとでしたし、さらに前は当たった時に光るだけでした。そんなデータランプですが、ちょっと不便を感じることもあります。今回は、便利さの間にある不便についてのお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさん、新年の戦績はいかがですか? 周囲の人たちの話を聞くと、年末にグランドオープンした店で勝利を収めた人が多いようです。いろいろと広告手法が限られる中で、新店のオープンはこれ以上ないPRのタイミングだけに、それなりに出玉も期待できるようです。さて、そんな中考えたのが、大勝利でホクホクになった後の使いみち。ある人は高級焼き肉を食べたり、またある人は趣味のグッズを買ったりするのでしょう。では、そんな人たちのためにどんなサービスがあればいいのか、想像してみたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。唐突ですが、みなさんはたばこは吸いますか? 私は3年前の秋にやめました。吸っていた当時は、何もなければ2日で3箱、飲みに行けば2時間で1箱というペースでした。今思えば、結構ヘビーな方でしたね。もちろんパチ・スロでも当たった後の至福の一服、当たらないイライラを抑えるための一服もしていました。さて、今回は「健康を考えて禁煙をしましょう」というお話ではありません。ホールに増えてきた禁煙フロア、についてです。時代の流れを受けて設置された禁煙フロアですが、ユーザーにはどう映っているのでしょうか。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。どこまで続くかわからないまま書き始めたこの業界コラムですが、なんと3回目の年越しを迎えることになりました。何事も続けてみるものですね。来年もよろしくお願いします。さて、2012年最後のお題は「競う相手」。余暇の遊技であるパチンコ・パチスロは、もちろんその業界内で切磋琢磨(せっさたくま)する必要がありますが、他の遊技と競うことも大事です。そこで今回は、パチ・スロが他の遊技に勝つための課題を考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今年もいよいよあと10日。この業界コラムも今年は今回を入れてあと2回となりました。自分が書いたものを振り返っただけでも、今年もパチンコ・パチスロ業界にはいろいろありました。どうしてもマイナス方向の話が多くなりがちでしたが、来年は少しでも上向きになるといいですね。そんな今回は少し前に発表されたレジャー白書に掲載された、パチ・スロの遊技人口大幅減について。なぜここまで減ってしまったのか、いま一度考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今回は先週に続き、G&E ビジネススクールで来年4月に開設されるライターコースのお話です。先日、取材に行った際、パチスロライターとして活躍中のワサビ氏とお会いできました。ワサビ氏も学校の取材に来ていたそうですが、せっかくなのでライターコース設立についての思いを聞いてみました。現役ライターに、この新講座はどう映っているんでしょう。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。このコラムを読んでいただいている方で、専門誌や専門チャンネルで活躍する「ライター」のファンの方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。中には、将来の職業として考えている人もいるのでは。そんな要望が業界にも届いたのか「本当にできるのか!」と業界関係者も驚いたものがありました。G&E ビジネススクールの「ライターコース」です。パチンコ・パチスロ業界への就職を目指す人のための専門学校に、ついにライター講座が来年4月に設立されます。早速、そのライターコースなるものの詳細を聞くべく、G&E新宿校へと向かったのでした。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。いよいよ11月も今日で終わり。今年もあっという間に12月ですね。やり残したことはたくさんありそうなのですが、さて残り31日でどこまでできるのか、時間との闘いになってきました(苦笑)。さて、今回は新機種のPR手法についてのお話。パチンコなら大当たり出玉や確変率、パチスロならART純増枚数や上乗せ特化ゾーンの性能がうたわれることが多いようです。ただ、実際にホールで打ってもなかなかイメージしていた最高の状態にはたどりつかないものです。このギャップ、ユーザーはどう感じているのかを考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ご存じの方もいるかもしれませんが、本日から3日間は業界団体・全日遊連による「第22回 全国パチンコ・パチスロ ファン感謝デー」です。各ホールで抽選が行われ、家電製品などが当たるというものです。出玉イベントではないので、お間違えのないように。このファン感謝デー以外にも、8月4日の「パチスロの日」をはじめ、ファン感謝イベントはいくつかあります。そこで今回は、業界とファンとの交流・還元について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんは、SNS(ソーシャルネットワークサービス)は使っていますか? また、ブログは書かれていますか? かつてメディアと言えばテレビ、新聞、ラジオ、雑誌などを指すことがほとんどでした。いわゆる「4マス(メディア)」というやつです。ところが、SNSやブログが台頭したことで、今やだれもがメディアになる可能性を持つことになりました。パチンコ・パチスロの話も、各WEBサービスを通じて、いろいろなところで表現されるようになりました。そこで今回は、このパチ・スロ業界とSNS、ブログの関わりについて考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週末、とある東日本大震災復興支援のチャリティーイベントをのぞいてきました。名前は「SLOT AID」。今回で4回目で、パチスロファンと専門誌やテレビに出演するライター・タレントの交流が主な内容です。震災から1年半以上が経過し、パチ・スロ業界のみならず復興という言葉も聞かれなくなっている中、貴重でかつ有意義なものだと思います。そこで今回は、このSLOT AIDのご紹介と今後について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんの持つモバイル端末はフィーチャーフォンですか? それともスマートフォンですか? ちなみに私は両方です。スマホはあれこれ使う分、すぐに電池がなくなってしまいます。そんな時、ホールに充電施設があると非常にありがたいです。突然の雨の際、かさをくれるところもありますね。そこで今回は、ホールの遊技以外でのサービスについて考えてみました。どんなサービスがあるところが、便利なホールと言えるのでしょうか。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今週のパチンコ・パチスロ業界は、先週とガラリと変わって新台発表が続きました。各社の看板シリーズの最新作ということで、年末商戦に向けて気合が入っているものと思われます。さて、パチンコはちょっと前に入った新内規もなじみ始め、確変のスピード消化など新機能として取り込み始めました。一方、パチスロはART純増3枚までといった申し合わせが出た影響もあって、不適合が相次いでいます。今回は、パチスロで現在メーン機能となっているARTと、元来のボーナスについて考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。若干、新台導入がひと息ついた感のあった9月下旬でしたが、来週からは毎週キラ星のごとく期待の新台が登場します。実戦コラムでは、毎回違う機種を打つようにしているのですが、どの台を打てばいいか目移りしてしまいそうです。さて、今回のお題はパチンコ・パチスロ業界の異業種とのコラボについてです。直接的なPRが各種の規制でやりづらい中、各社新たな手法を模索しています。ユーザーに向けて、今後どのようなアプローチが行われていくのでしょうか。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。なんと、このつたないコラムも111回目。めでたいゾロ目となりました。次のゾロ目は222回までいかないと来ないので、あと2年頑張らないといけないですね(笑い)。さて、いろいろと話題を振りまいた「ぱちんこAKB48」の導入がきっかけとなってか、パチンコユーザーが増えている、との声を聞きます。ただ、どうやらパチ・スロ全体でユーザーが増えているのではなく、パチスロからパチンコへ移行している感があります。そこで今回は、このパチンコ上昇気流について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今週もたくさんの新台が発表されました。今や「期待の新機種導入!」と大々的に告知があったとしても、しっかり稼働するのは次の新台が入るまでの2週間くらいなもの。むしろ、2週間たった後でも稼働がしっかりしている台は、その時点で「神台」なのかもしれませんね。今年も残り3カ月ちょっと。これから何台の神台が誕生するのでしょうか。さて、今回はゲーム業界ではよく耳にする「ベータテスト」についてです。実機が発売される前にユーザーがテストできる環境ができたら、どんなことが起こるのでしょうか。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。私事ですが、7月あたりからようやく収支が上向いてきました。それまで「どうせ土日だし、どこでも変わらん」と近場のホールに行ってばかりでした。最近はちょっと遠出でも元気のよさそうなホールに行っています。今更ですが、お店選びは大事ってことですね。さて、今回は遊技時間についてのお話。ここ最近、パチンコとパチスロで大きな差がついたようですので、そのへんに触れたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。早いところでAKB48台が導入されて2週間弱となりますが、みなさんの行くホールの様子はどうですか? 様子を見に行ったものの座れずに、他の台に座っちゃったなんて人も多いかもしれませんね。勝てればいいですが、そういう時に負けてしまうと「この台を打つはずでは」と精神的なダメージが大きいので気をつけましょう(苦笑)。さて、今回は都内でちらほら見かけるようになったホール内のATMについてです。みなさんは店内ATM、どう思いますか?(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今週は芸能界もパチンコ・パチスロ業界もAKB48の話題から始まった週でしたね。ホールでは、一斉にライブが始まる新機能を見ようと、台を打たない人まで詰めかけるなど、普段は起きえない現象も起きていました。今後ホールにはどういう使われ方、ユーザーには遊ばれ方をされるか注目していきたいところです。さて、そんなAKB48台、全国でかなりの数が導入されました。そこで今回は、特定の機種が大量に導入されることについて考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。相変わらず毎日暑いですね。今年は昨年ほど節電、節電と言われてはいませんが、もうちょっと涼しいと節電もできていいなぁと思っています。パチンコ・パチスロのホールは、特に夏場は電力消費が激しいイメージもありますから、業界的にも暑さが一段落してほしいころかと思います。さて、そんなホール内の環境ですが、ここ最近になって大手チェーンも積極的に改善してきました。そこで今回は、この遊技空間の変化についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさん、お盆休みはゆっくりできましたか? ホールに行かれた方も多いのではないでしょうか。ただ来週、再来週とパチ・スロでビッグタイトルが出ることもあり、今週は苦戦したという声もありましたね。さて、今週は業界的にもお盆休みで動きはそれほどなかったのですが、この先大きな変革に迫られてるという話が出ています。キーワードは「くぎ」。今回はパチンコの命とも言えるくぎと規制についてのお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。手に汗握る熱戦が続いたロンドン五輪も残りあとわずか。連日の夜更かしで寝不足の方、週末は昼寝を追加して睡眠補充をするのもいいかもしれませんね。さて、パチ・スロ業界で私が最近気になり始めているのが、出玉と景品の交換率。よく行っていたホールで、交換率がいつの間にか変更されていたというのが、何軒かありました。私の住む東京では、特にパチスロではいわゆる「等価交換」が基本だったのですが、最近はそうでもなさそうです。そこで今回は、この交換率の変化による遊び方についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週お伝えしたホールの広告規制の話、8月を迎えて一気に表面化してきましたね。各地で「来店取材」がキャンセルになったり、チラシも「新装のみ」とお触れが出たり。一部ではまだ残っているようですが、これも時間の問題でしょう。ホールで好きなライターさんにお会いしたい方、この数週間がラストチャンスかもしれませんよ。さて、そんな規制が入ったことで、ホールはこれまで以上に地力とアイデアが求められるようになってきます。今回は、広告という大きな翼をもがれたホールの戦術について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。毎日、暑い日が続きますね。こんな陽気が続くと、ついつい涼しいところに逃げ込みたくなります。パチ・スロホールもそのひとつ。もちろん節電も大事ですが、適正な室温設定で涼ませてくれるとありがたいですね。さて、そんな猛暑の中、業界には冷たい風が吹き込みそうです。昨夏から施行されたホールの広告規制ですが、先日再び警察庁から規制についての文書が出たそうです。内容をひとことで言えば「特定の日、機種をイメージさせる広告は全部NG」です。今回は、この気になる文書についてのお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんは、パチンコ・パチスロの多種多様な演出をどように見てますか? 「いろいろなパターンがあって楽しい」という方もいれば「やたら長くて面倒だから、もっと簡単でいい」という方もいるでしょう。そんな演出の中で「この演出、見たくないな」と不快に感じたことはあるでしょうか。ちなみに、私はあります。期待度が低いからといった大当たりに関するものではなく、あまり見たくない表現が含まれていたからです。そこで今回は、台の演出で配慮されるべきことについてのお話をします。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。いつまでとか、何回とか決めずに始めたこのコラム、なんと100回目を迎えてしまいました。書き始めたのは10年8月。ざっと2年弱で100回なので、ほぼ毎週書いている計算です。ここまで続いたのも、みなさまのおかげです。特に区切りをつける理由もないので、これからも続けていきたいと思います(笑い)。今後ともよろしくお願いします! さて、記念すべき100回目のテーマは「業界に生きる人々」についてです。学歴、国籍などいろいろな人が働くパチンコ・パチスロ業界のお話を少ししたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。明日は7月7日、七夕ですね。みなさんは何か短冊に願い事は書きましたか? ちなみに私は2枚書きまして、1枚は「必勝」としました(笑い)。人生でもよし、パチ・スロでもよし、何でもいいので何か勝てるといいなあと思いまして。まだ短冊を書いていない方、最近はデパートなどにも笹が飾られてたりするので、書きに行ってみてはいかがでしょうか。さて、この七夕。パチ・スロファンにとっては、7月7日の「ぞろ目デー」と思う人も少なくないはずです。なんと、このコラムも99回目でぞろ目。そこで今回は、このぞろ目について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんは、パチンコ・パチスロに関する本って、どのくらい読んだことがありますか? 機種の解析情報などが掲載されている、いわゆるファン誌はコンビニでも買えるので、ちょっとはまった人なら一度は購入したことがあると思います。今回のお話は雑誌ではなく新書などの書籍。特定の機種情報ではなく、ハウツーだったり業界話を題材にしているものです。書店に行けば競馬や宝くじといった趣味と同じコーナーに置かれていることも多いです。今、パチ・スロに関連する書籍の世界はどうなっているのか考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今年は梅雨らしい梅雨かなあと思っていたら、猛烈な台風が発生したり、急に寒くなってみたり。なんとも読めない空模様ですね。それでも少しずつ季節は進んでいて、晴れた日の暑さは、夏近しを感じさせます。さて、昨年は震災の影響もあり、「節電」が合い言葉の夏でした。そして今年、各地域では、節電や輪番休業などの取り組みが発表され始めました。ちなみに、うちの会社でも3基あるエレベーターのうち、1基は止まっています。そこで今回は、パチンコ・パチスロ業界の節電対策について、あらためて考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。昨夏、世に言う「ホールイベント規制」が導入されてから、1年近くが経過しようとしています。「そもそもイベントなんてなかったよ」という地域の方はピンと来ないかもしれません。ただ、イベントによる甘くぎ、高設定を狙い打ちしていた人にすれば、それまでの遊び方が一変したと言っても過言ではありません。かくいう私も、ある部分ではイベントに頼っていました。そして今年、自分も含めたイベントに頼っていたユーザーは大苦戦しています。今回は、その苦戦した理由をあらためて考えてみたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。まもなく今年も半年。早いものですね。みなさん、2012年の収支はいかがでしょうか。私の場合は...(苦笑)。正直、苦戦が続いております。仕事のためとはいえ、少々無理に新台を打って失敗もしている節もあるので、ちょっと立ち回りを見直したいと思います。さて、ホール側からすれば、ユーザーに負けてもらわないと商売あがったりなわけですが、あまり負け過ぎて店に来なくなられても困ってしまいます。そこで今回は、ユーザーとホールの勝ち負けの関係について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今日はパチ・スロ業界の展覧会的イベント「パチンコ&パチスロフェスタ」でした。現時点では不可能な機能を搭載した機種があったり、これからブレイクするかもしれない機種があったりと、いろいろ興味深いイベントでした。メーカー各社は、規定の中で機種を開発していくわけですが、特にパチスロについては、設定に関係なく爆発する台が増えました。今回は、そんな設定不問の機種についてのお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週、今週と新台発表ラッシュでした。しかも、そのほとんどが7月2日導入とのこと。どうやら夏の訪れとともに大量の新台導入が行われそうです。さて、これだけたくさんの新台が出るのですから、メーカー各社もあの手この手でPRを展開します。その手法も、ここ最近で多岐にわたります。私自身、このPRのお仕事をすることもあるので、身近な話です。そこで今回は、多様化するPR戦術についてのお話をしたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。唐突ですが、ニッカンスポーツ・コムのメーンユーザーは30~40代の男性です。となると、青春時代を過ごしたのは80~90年代。テレビではトレンディードラマが始まり、ゲームにはファミコンが登場。音楽シーンも激動でした。ニューミュージックからビジュアル系バンド、アイドルグループなど、多様なジャンルが同時展開しました。最近、そんな80~90年代の楽曲が新台に採用されることが増えています。そこで今回は、この懐かしい楽曲の提供についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週と今週月曜日と、コラムを飛ばしてしまいました。定期的に読んでいただいている方、すいません。いろいろと考えるところがあったもので。記念すべき100回目まであと10回ですし、気合を入れ直して書きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。さて、そんな91回目のお題は「流行り廃り」。新機種発表会に行けば「最近主流となっている○○タイプ」が枕詞(まくらことば)となっています。日々変わるトレンドと業界について、ちょっと考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。明日はニコニコ動画が開催する一大イベント「ニコニコ超会議」ですね。日刊スポーツは新聞、WEBなどが主体の会社ですが、最近の動画、生配信メディアの隆盛には脅威を感じます。そんな中、パチンコ・パチスロメーカーも、動画の使い方について工夫が出てきました。ドラマ仕立てに作り込んでみたり、実機を打つ様子を生中継してみたり。そこで今回は、パチ・スロ業界と動画の関係について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、パチンコ・パチスロ業界では各界の著名人が参加してくるようになりました。歌手であれば楽曲を提供します。俳優・女優であれば、出演したドラマのワンシーンを、機種の演出用に撮影し直すことも珍しくありません。新機種発表会には、ゲストとしてタレントが出てくるのは定番です。さて、その方々ですが、どこまでパチ・スロが好きなのでしょうか。そこで今回は、業界に携わる他業種の人の「パチ・スロ愛」について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。東京は今日あたりから、各地で桜が満開です。みなさんはホールで大当たりの花が咲いていますでしょうか(笑い)。ホールでは、昨年夏にいわゆる「出玉イベント」が規制になって以来、PR方法が大きく変わりました。そんな中、最近では店長さんや女性スタッフさんが広告塔として登場するパターンも増えています。自らの顔や名前を出してPRするのは、タレントでもない限り、それなりの決断と勇気が必要なことです。今回は、そんな方々が働く店内でのサービスについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週に引き続き、今週も新台発表がたっぷり。新年度が始まる来週にも大物が控えており、この春は話題に事欠きません。いろいろな機能を備えた新機種は、ファンにとっては刺激的なものも多いでしょう。反面、初心者の方にとっては「これ、ピカピカ光ってるけど、当たりなの?」みたいな演出も少なくありません。そこで今回は多様化するゲーム性と、それによって上がる初心者ユーザーのハードルについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今週はまさに新台発表ラッシュでした。22日はプレス発表会、内覧会が3つも重なるなど、ゴールデンウィーク前後に登場する機種が続々とお披露目になっています。それらの中には、これまでなかったような機能を携えたものも見られます。あれはダメ、これもダメと言われてもなお、新たな機能を考える開発の方々には脱帽です。裏を返せば、規制する側にとってはこの新機能の誕生こそが目を光らせるタイミングでもあります。そこで今回は、新機能の誕生と規約改正について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんパチンコ、パチスロが上手な人ってどんな人だと思いますか? くぎが読める人?目押しがバッチリな人? 人によって感じ方はさまざまだと思います。さて、パチスロについて4月1日から規約改正が入ることが発表されています。端的に言うと「技術介入の要素をしっかり入れなさい」というものです。裏を返せば「目押しミスで取りこぼしが発生する」仕様にすることが条件になります。現在稼働している一部の機種は、発売できなくなります。そこで今回は、あらためて重要視された技術介入について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。早いもので、東日本大震災からもうすぐ1年です。被害に遭われた方、またその親族の方、謹んでお見舞い申し上げます。あの瞬間、私は渋谷の飲食店にいました。揺れに驚き、大勢の人が同時に慌てる様子にまた驚き。電波回線が混乱する中、なんとか家族と会社に連絡を取った後、街頭のテレビで大津波の状況を目の当たりにしました。あの日からパチンコ・パチスロ業界には不謹慎、自粛、規制といった言葉が飛び交い、今もその影響は残っています。そこで今回は、震災から1年がたつ2012年3月11日を迎えることについて考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。雪が降ったり花粉が飛んだりの空模様ですが、みなさんの戦績の模様はいかがでしょうか。前回も書きましたが、3月は世間で言うところの年度末。ホールも同様にいろんな意味で帳尻を合わせる時期に入ります。ところによっては回収ですが、逆に大盤振る舞いなんてところもありそうです。こんな時こそ見極めをしっかりしたいところです。さて、メーカーからも年度末に新台が続々と発表されています。そこで今回は、スペックと版権、それにひもづくユーザーについてのお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。周囲の人の声を聞くと、2月の実戦は苦しんでいる方が多いようです。3月が年度の決算月というホールも多いので、3月の1カ月で売り上げを調整するわけにもいかず、その前の2月で多少渋めの設定をされることがしばしば。とはいえ、どうしても打ちたい方は金額を決めて「ちょっとだけなら負けてもいいや」くらいの気持ちで楽しむことをおすすめします。そこで今回は、ギャンブルではなくゲームとしてのパチンコ・パチスロを考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。インフルエンザ、流行ってますね。わが社でも、1フロアに3人4人と続出しまして、みんなマスクをしながら働いています。最近は、ホールに行ってもマスク姿の方が多く見られるようになりました。ホールは多くの人が、決して大きくない空間に集まる場所。備えはしていて損はなさそうです。さて、そんなことを考えながらパチスロを打ち終えると、手の汚れが気になりました。そこで今回は、パチンコ・パチスロを楽しむ上での衛生面について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。おかげさまで「K松」が誕生してから1年半弱。コラムをご愛読いただいており、ツイッターでも大勢の方からフォローしていただき、ありがとうございます。以前もSNSでユーザー同士がつながってる、というお話を書いたことがありますが、今回はその中でも公開されている画像の話です。自分も実戦しながら台の様子をしょっちゅう多機能携帯電話(スマートフォン)で撮影しています。いつからか始まったこの楽しみ。ちょっと考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ここのコラムでは毎回パチンコ・パチスロ業界に期待すること、疑問に思うことを書いているのですが、さすがに業界にマイナスなニュースばかりを聞き続けると、楽しいお話を書くのも難しくなってきます(苦笑)。「来店イベント」の規制傾向、パチスロの一部規約変更、そして業界誌の関連会社での逮捕劇。ここまで続くと「この台、楽しいですよ!」というようなテンションにはなかなか...。というわけで、今回はちょっと暗めですが、なぜこのような話が続くのかを、つらつらと書いてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、公私ともにすっかりバタバタでして、頭の中をパチ・スロで支配する時間が減っているのが気になります。とはいえ、パチでもスロでもやっている最中は、目の前の台の様子も気になるのですが、ぼんやり全然違うことを考えていたりするんですがね。さて、先週末あたりから、にわかに騒がしくなった案件があります。世に言うホールの「来店イベント」に規制が入るのでは?という話です。各専門誌ライターのファンの方も多いと思うので、今回はこのお話にしてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、あらためて大事だなあと思うことがあります。それは、パチンコ・パチスロの音です。効果音であれば京楽産業.の「キュイン」しかり、ユニバーサルの「ポポポポポーン」しかり。大当たり中の楽曲であれば、今となってはその機種のためにオリジナル楽曲を作る時代になりました。画像の演出も大事ですが、音・楽曲もパチ・スロにハマる大事な要素です。そこで今回は、音について考えてみたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。年始の気分もボチボチ明けて、パチ・スロ業界は新台発表、ホール導入が始まりました。新年早々にビッグタイトルもデビューし、厳しい状況が続いた昨年分を取り返すような勢いです。さて、昨年から続いているのが、世に言う「ライター」と呼ばれる方々の活躍ぶり。全国各地のホールに引っ張りだこのようで、じっくりと台に向き合う時間を確保するのも大変なんだとか。そこで今回は、この「ライター」のみなさんのタレント的な活動について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさん、打ち初めはすまされたでしょうか。まだの方は、明日からの3連休でいざホールへ、なんて場合も多いかもしれませんね。さて、昨年から気になっているのが、パチ・スロ業界の「バランス」の話。昨年は規制、自粛が重なり、業界のバランスが大きく崩れた年となりました。そして2012年。遊技人口の減少傾向を食い止めるには、これを整える必要がありそうです。というわけで、今回はバランスを考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんちには、K松です。今年も残すところ数時間となりました。みなさんの2011年は、どんな年だったでしょうか。3月の東日本大震災を契機に、パチンコ・パチスロも業界も、さまざまな対応、変化を求められる年となりました。今年最後のコラムのテーマは「ルール」。激動の1年の中で浮かび上がった大きな課題のひとつについて考えてみようと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。クリスマスイヴ、みさなんいかがお過ごしですか? 3連休ということもあり、デート前に今年の打ち納めなんて方もいるかもしれまえんね(笑い)。さて、今回はクリスマスらしい話題を、と思ったのですが、ちょっとした「事件」があったようなのでその話題を。パチ・スロで生計を立てるプロの方と、彼らが向かうホールとの関係についてのお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週末、都内某所で某ライターさんを中心とした大忘年会に出席してきました。人数は80人超。共通の趣味を持つ人々の大宴会ですから、盛りあがらないわけがありません。「あ、K松さんですよね」と声を掛けていただいた方、ありがとうございます(笑い)。さて、そんな宴の席で話題になったのが、パチンコ・パチスロ機のモバイル連動サービスについて。実は先日、警察庁からサービスの一部について禁止する通達が出されたんです。そこで今回は、このサービス禁止について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。年末年始の新台ラッシュ、みなさんはもう体験しましたか? ヤマト、仕事人、ドン、そして北斗と聞き覚えのあるタイトルが続々と登場。ホールのみなさんも、毎週どんな新装開店のポスターを作るか、悩ましいところかもしれません。さて、そんな楽しい遊技時間で気になるのが、遊技中の環境です。音、光、空調など、環境は台やホールによって様々です。そこで今回は、遊技する上での環境の整備についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、景品のことでちょっと困っています。というのも、金相場の高騰により特殊景品が「値上がり」し、端玉が増えたからです。1年ほど前までたばこを吸っていたのですが、今は禁煙したので端玉は増える一方。貯玉もいいんですが、財布の中がカードだらけになりそうなので、それもしていません。おかげで家にはWiiで使う単3電池と、仕事用のボールペンがたっぷりあります(笑い)。というわけで、今回はこの景品事情についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先日NHKの朝番組「あさイチ」で気になるテーマが放送されました。内容は「主婦がはまる!? ギャンブル依存症」。通勤時間帯に放送されていたため見ることはできませんでした。ただ、見た方数人にお話を聞くと、数ある依存症の特集の中でも、しっかりとした内容だったと評判でした。思い返せば、テレビ番組では度々ギャンブル依存症の代表例としてパチンコ・パチスロが例示されます。そこで今回は、この依存症について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週、今週はいろんな台の発表会でてんてこ舞いでした。ただ、行く先々で同業の方とお会いすることが多いので、だんだん知り合いも増えてきました。そんな中には、いわゆる「ライター」と呼ばれる方もいます。そもそもは雑誌に所属して、台の遊び方などを紹介する「攻略ライター」だったのですが、最近は自らが広告塔なってタレント的な活躍をする方も増えています。そこで今回は、この業界独特の「ライター」という職業についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。パチンコ・パチスロ業界は、年末年始の商戦に向けて新台発表会や展示会が盛りだくさん。自分のスケジュール帳を見ると1日2件、3件といった日もあります。改めて本当にたくさんの台が世に出ているなあと思います。さて、そんな中でホールの新台入替にちょっとした変化が起きています。「新台入替」という名ですが、実際には導入された台がデビュー後しばらく経った中古機であることが増えたからです。そこで今回は、この台の入替について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。このコラムを読まれるようなパチンコ・パチスロ好きの方で、競馬やボート、競輪、宝くじにカジノといったギャンブルが好きな方はどれくらいいるのでしょう。周囲に聞いてみると、以外と各種ギャンブルはやるけどパチンコはやらないとか、その逆とか、いろいろなパターンがあるようです。さて、大別してこの2種類が違うのは、遊技に使うことが可能な金額です。そこで今回は、パチ・スロに使うお金にまつわるお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。この1カ月、またいろんな新台発表会に顔を出してきましたが、楽しみな台がたくさんありますね。特にちょうど30半ばの自分たち世代をターゲットにしたタイアップ機種が多く、タイトルを聞いただけで懐かしさとワクワク感を覚えます。このコラムでも度々触れているタイアップ機種の話題。今回は、メーカーでタイアップ機種を開発されている方々に求めたいことについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。唐突ですが、みなさんは「一物一価」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは「一物一価の法則」という経済学における概念のひとつ。「自由な市場経済において、同一の市場の同一時点における同一の商品は同一の価格である」というものです。ちょっと難しいこの言葉と概念、パチンコ・パチスロ業界で話題、というより懸案事項となっています。それは交換率にまつわること。そこで今回は、この一物一価について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。節電による輪番休業も9月末で終わり、ようやく落ち着くかと思いきや、今度は景品についての話も出ているそうで。ホールで働く方々は、相次ぐ規制の対応に追われて大変ですね。意外とユーザーにはイベント規制も知らない方もいるそうで。みなさん、ホールのやる気がなくなってイベントがなくなったわけではないので、誤解のないようお願いします。さて、今回は最近になって着実に進んでいる、設備の変更についてのお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさんはパチンコ・パチスロに行く時、家族をはじめ近しい人に何と言って出掛けますか? 「ちょっと出てくる」でしょうか。それとも「勝負に行ってくるぜ!」でしょうか。同じような疑問で「趣味はなんですか?」と聞かれて、パチンコ・パチスロと答える人って、いったいどのくらいいるのでしょう。もしかしたら、はっきり言う人は少数派かもしれませんね。というわけで今回は、古くから業界を包んでいるなんとも言えない後ろめたさについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。私事で恐縮ですが、先週末はマカオに行ってきました。遅い夏休み、というやつです。このコラムを読んでいただいている方なら、九分九厘カジノを連想されると思います。はい、もちろん行きました(笑い)。今やラスベガスをも超える規模を誇るカジノタウン・マカオ。旅行がてらに感じたこと、聞いたこと、思ったことを今回のお題にしたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。今週は台風、大変でしたね。東京では夕方あたりから、とんでもない強風が吹き荒れてました。ホールにいた方は、連チャン中ならまだしも、負けていた方は帰るに帰れなくて余計に大変だったかもしれませんね。さて、今回のお題は「パチ・スロのかっこよさとは」です。価値観はひとそれぞれ違うので「これ」という答えはないのですが、こんなことを考える人が1人くらいいてもいいのでは?というお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。私事ですが、ここでコラムを書くようになって1年強、だいぶ業界内のお知り合いが増えてきました。最近では、一般の読者の方より、業界の方に読まれている気がして、若干キーボードをたたく指が縮んでいます(苦笑)。そんな今週早々、業界を知り尽くすベテランライターさんとお話をする機会がありました。興味深いお話を聞く中でふと思ったのが、世代ごとのパチンコ・パチスロの楽しみ方が違うこと。当たり前のことですが、今回はこの楽しみ方をテーマにしてみようと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。徐々に朝晩涼しくなって過ごしやすいですが、みなさんはホールでどの台を打って過ごしてますか? 8月にイベント規制が入ってからというもの、ホール内のユーザーの動きはすっかり様変わり。特に朝から並んでいる人に、その傾向は強いようです。ここのコラムで何度も書いているイベント規制による影響ですが、今回はそんなユーザーの変化について触れてみようと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ホールのイベント規制が入って以来、「新装開店」のポスターにくぎ付けな私ですが、みなさんはどうでしょうか。ついついホール側から提供されてきた情報を頼ってしまうところに、習慣って怖いなあと感じています。さて、先日オンラインパチンコの試打(試遊?)をしました。現実世界のパチンコ・パチスロ業界が苦戦する一方、オンラインパチンコはサービスが日々充実しています。そこで今回は、オンラインパチンコに期待することを考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近の空模様は暑かったり寒かったり、ギラギラ日照りだったり、ゲリラ豪雨だったり。まるで自粛と規制でバタバタしているパチンコ・パチスロ業界のようです...。そんな状況下ですが、ホールは輪番休業とイベント禁止の中でも必死に営業しています。ただ、ひとつ心配なのが、メーカーが続々と発表する新台を、ホールが買い続けられるかという点。そこで今回は、この売り手、買い手の関係について考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。お盆休みの最中ですが、みなさんのパチ・スロライフの様子はいかがでしょうか。さて、このコラムでも2回連続で書いたとおり、1日に施行された規制により、ホールは「イベント」と呼ばれるもののほとんどを禁止されてしまいました。施行直前まで詳細が明かされなかったこともあり、ホール側は大混乱。10日ほどたって、若干落ち着きを取り戻してきた感があります。ただ、あらためて考えれば10年前にホールイベントなんて、せいぜい「創業〇周年」くらいなものでした。そこで今回は、規制後のホールの営業について考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。先週書いた「イベント規制」についてのコラム、かなりネットの中で飛び交ったようで、いろんなところで転用されておりました。こういう話には、みなさん敏感なんだなあと、あらためて実感した次第です。あれから1週間、特に週が明けてから、私の周りもイベント規制による影響の話で持ちきりでした。施行からわずか数日ではありますが、わかってきたこと、感じたことをまとめたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。節電による輪番休業も早1カ月。リーマンパチ&スロッターの自分は、基本的には週末しか打てないので、それほど気にならないのですが、みなさんはいかがでしょうか。さて、来る8月1日からホール営業、特にイベントに関し新たな規制が入ることになりました。簡単に言えば「毎月〇日は〇〇の日」というような出玉イベントが実施できなくなるということです。ホールにとっては死活問題とも言えるこの規制。施行直前に考えたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさん、オカルトってどう思いますか? もちろん「オカルト」と呼んでいる時点で、確率などに基づいたものではないことは明らかです。ただ、パチンコ・パチスロを楽しむ人の多くが「こうやったら当たった」「これをしなかったから勝った」というようなものを、少なからず信じていることは多いようです。そこで今回は普段のテーマより柔らかく、オカルトと楽しみ方について考えてみようと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。梅雨もあっという間に明け、暑い日が続きますね。開店前からホールに並ぶユーザーさんからも「並びにはきつい季節が来ました」なんて声が聞こえてきます。私自身、ツイッター(@komacchan0822)を使っていますが、その他にもフェイスブックをはじめ「ソーシャルネットワーク・サービス」、通称「SNS」と呼ばれるものを使って、いろんな方との交流を図ることができています。そこで今回は、パチンコ・パチスロ業界とSNSについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。突然ですが、いよいよ完全地デジ化まで約2週間と迫りました。わが家は集合住宅で、ずいぶん前からケーブルテレビのJ:COMに入っているので問題ありませんでした。ただ、一軒家の方は、受信方法をどうするか、テレビをどうするか、などを考えなければいけません。ちょっとだけ厄介ですね。ということで、J:COMさんのCMみたいに「ならいっそ」と、ケーブルテレビだったり、スカパー!などのサービスを導入する方も増えているようです。そこで今回は、この地デジに流れを受けたパチンコ・パチスロ番組についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。夏本番を前にして、暑い日が続きますね。例年なら、暑い外出先から涼しい室内に入って「はぁ~」なんてひと息ついていたところ。ですが、今年はご存じのとおり震災の影響により、今日1日から東京電力・東北電力管内では、大口需要家に一律15%の電力使用制限令が出されています。ちなみにパチンコ・パチスロ業界でも25%の節電が呼び掛けられています。そこで今回は、あらためて考えるパチンコ・パチスロ業界の節電についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。いきなり暑くなりましたね。関東では40度近い気温を記録したとこもあるそうで。昨年までならエアコンのきいたホールでひんやり、なんてことも考えましたが、今年は節電の年。東京のホールは25%以上の節電を掲げ、エアコンの温度を上げ、さらには輪番で店を休むことになっています。営業日が減る中、ホールが売り上げを確保するには、客数が増えない限り、1人あたりの単価、つまりユーザー側の負け分を増やすしかありません。そこで今回は、ホール側から見た「機械割」についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、試打の回数は増えているので台そのものには触れているのですが、ホールでの実戦が減り気味。ユーザー魂を保つためには、身銭を切って戦わないといけないんですけどね。今週末、少し気合を入れて出掛けようと思います。さて、ショールームの試打でふと気づいたのが、台から発せられる音の大きさです。確かにホールに行き慣れた私でも、一日中いると耳鳴りがすることもあります。そこで今回は、この音について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。昨日のAKB総選挙、すごかったですねえ。ちなみに今ご覧のニッカンスポーツ・コムでも開票速報をやりまして、大変なアクセス数でした。うれしい悲鳴を通り越してました(苦笑)。AKB恐るべしです。さて、そんな総選挙にパチンコ・パチスロとの共通点を見つけてみました。というわけで、今回のテーマはパチンコ・パチスロが置かれている、日々評価される状況についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。いい話もあれば、悪い話もある。相変わらずパチンコ・パチスロ業界は混沌(こんとん)としております。続々と楽しみな新台情報も入ってくれば、不祥事も耳にします。震災以来、業界のいろんな方がパチンコ・パチスロのイメージ回復に尽力されています。メーカー、ホールともに同じ「発展」という方向に進んでほしいものです。さて、今回は多様化する台の性能、貸し玉の価格、それらと関わる規約についていろいろと考えてみました。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。タイトルに書いたとおりですが、一気にWEBパチンコ・パチスロの波が押し寄せています。これまではサミーネットワークスの「777タウン.net」の独占市場とも言える状況でした。ですが、先月27日にオンラインゲームの雄、ハンゲーム内で先月26日から「ななぱち」のサービスが開始。さらに、来週25日には同じくオンラインゲームのネクソンでも「NEXON777」がスタートします。ひと足先に始まったフューチャースコープの「Pスペース」も合わせると、一気に市場が広がりました。今回は、そんなWEBパチンコの台頭について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。震災から早2カ月。自粛、自粛と叫ばれていた時期は過ぎ、パチンコ・パチスロ業界も少しずつではありますが、平穏を取り戻してきました。派手な記者発表会こそありませんが、メーカーは新台発表の内覧会などは連日開催。ホールも節電営業でしのぎ続けています。そんな中、突然出てきた歌手・浜崎あゆみさんのパチンコ機の話。今週は関東でも銭形AKBが出たばかりで、歌手・タレントの業界進出は続いています。そこで今回は、この歌姫の業界進出について気になったことをお話しします。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。ゴールデンウイークも後半戦。帰省先からUターンし、今度の週末は自宅でのんびりなんて方も多いようです。家族サービスしたお父さん達も、「この土日くらいは」とホールに足が向くかもしれませんね(笑)。さて、そんな自分も連休中の合間を見ては、ふらりとホールへ。その中で楽しいことと残念なこと、両方ありました。今回は、実体験に基づいたユーザーのマナーについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。みなさま、ゴールデンウイークはどのようにお過ごしですか? 自分はというと、今原稿を羽田で書いています。私用で四国に用事がありまして。混雑風景を撮るテレビカメラから逃れるのに必至でした。一応、同業みたいなものなので、できれば映りたくないんです(苦笑)さて震災以来、節電などのコラムが多かったのですが、久々にパチンコ・パチスロを楽しむ上での話に戻りたいと思います。今回は「勝ち負けと当たりはずれ」。意味不明なタイトルですが、どういうことかは本文をどうぞ。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。パチンコ・パチスロ業界に吹き荒れていた逆風も、先週末、石原都知事から発せられた「深夜営業」案を最後に、落ち着いてきたようです。計画停電が実施されていないことが最たる理由ですが、ホール団体でも輪番での休店の方針を打ち出すなど、夏場に再び来るであろう電力不足に備えています。さて、ホール側から節電に向けた取り組みが発表される中、メーカー側からは震災直後に続々と義援金が拠出されましたが、その後の取り組みの声を聞きません。そこで今回は、メーカー側に今期待したいことを考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。パチンコ・パチスロ業界、表向きにはだいぶ落ち着いてきましたね。とりあえずしばらく計画停電がないこともあり、ホールの営業時間も安定してきました。いまだにアンチの方からの不要論は根強いところですが、とりあえずはライフライン、病院など、欠かせない電力をパチ・スロ業界が使ってしまっているようなことはなさそうなので、ひと安心といったところです。そんな先週末、石原都知事から新たな提案が出てきました。首都圏限定での深夜営業案です。今回は、この深夜営業の可能性について考えます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。その後、みなさんのパチンコ・パチスロライフはいかがですか? 震災以来、なかなか気兼ねなく楽しめる状況にならない、という声も少なくありません。石原都知事の発言で、さらに逆風が強まりました。それでも業界では、いろんな策を講じて節電に努めています。その中で出てきた案の1つが「輪番休業」です。文字通り、順番で店を休業日にして節電しようというものです。ダイナム、マルハンの大手2社では、すでに検討されているようです。そこで今回は、この輪番休業について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちはK松です。ここ数週、月曜日はのんびり楽しく実戦ものを書こうと決めていたのですが、4選を決めた石原都知事からびっくり発言が飛び出したので、反応することにしました。当選後の会見だったのですが、その中でパチンコの電力消費を問題視するものがあったのです。東日本大震災の影響による節電が叫ばれる中、多大な電力を使うパチンコ業界はいまなお痛烈な逆風にさらされています。このコラムでも何度も書いているパチンコ・パチスロ業界の節電問題、もう一度考えてみたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。震災から徐々に落ち着きを取り戻したかと思ったところ、また大きな余震。なかなか不安が消えませんが、立ち止まってばかりもいられません。少しでも被災地の復興が早まるように、前に進みたいと思います。さて、震災のために広い範囲で影響を受けているものが、電力不足です。最近はすっかり「節電」が合言葉になっていますが、パチンコ・パチスロ業界の取り組みは、足並みがそろわないせいか、まだ徹底されていないように見えます。そこで今回は、あらためて業界の節電対策とホール経営について考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。東日本大震災から3週間。被災地では、まだまだ大きな被害に手がつけられない状況もありますが、苦しい中でも笑顔を取り戻した方々が増えてきました。その他の地域でも、少しずつ日常を取り戻してきました。今では「節電」もすっかり定着し、日本中で電力不足解消に向けての取り組みが進んでいます。一時は「自粛」「不謹慎」という言葉で動けなかった娯楽業界にも、少しではありますが光が差し込んで来ました。そこで今回は、この娯楽業界が晴れて復活する時期についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。震災から今日で丸2週間。人は強いもので、まだまだ大きな被害が残る中、被災された方々は現地で必死に生きてらっしゃいます。その様子を感じてか、各業界とも少しずつ通常に戻りつつあります。「まだ早いのでは?」という声もありますが、普段の日常が戻ることが目標であるならば、これがはじめの一歩なのかもしれません。ただ、娯楽業界はちょっと様子が違います。「節電」という問題のために、いまだに通常には戻っていません。そこで今回は、この非常時だからこそ考えられるべき「娯楽のモラル」についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。震災の被害の大きさが日ごとに明らかになり、福島の原発の不安も続くばかり。さすがの私も、パチンコホールに足を運ぶ心境になれていないのが実情です。1日も早い復興が、気兼ねなくホールへと行けるきっかけとなるのでしょう。被害にあわれた方を心からお見舞い申し上げるとともに「頑張れ東北! 頑張れ日本!」と、声を大にして言わせていただきます。未曾有の震災で、パチンコ・パチスロ業界も大きなダメージを受け、問題も噴出しています。そこで今回は、なかなかそろわない業界の「足並み」についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 K松です。先週末の大震災で大変な被害が出ています。被害にあわれた方、ご家族などと連絡が取れずに心配されている方、心からお見舞い申し上げます。私自身、岩手・宮城内陸地震の際、仙台にいましたが、今回はそれと比較にならないほど大規模なもの。1分でも早い人命救助、1日も早い復興をお祈りしています。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。最近、パチスロ業界は元気がよさそうですね。大勝ち大負けの4号機からマイルドな5号機に変更された直後は、だいぶ客足が減ったと聞いていましたが、近ごろはだいぶ戻ってきたようです。一方、苦戦が続いているのはパチンコ業界。早いサイクルで新台がリリースはされていますが、大ヒット作は数えるほど。そんな中でひとつ気になるのが、昨年10月のコラムでも触れた「時間効率」のお話。ここでもう1度、このテーマを考えてみたいと思います。(業界コラム)[続きを読む]

 こんちには、最近は発表会やショールームで試打ばかりしているせいか、ホールではまったく当たる気がしないK松です。最近のホールはだいぶおしゃれになりましたね。昔は雰囲気満点というか、ちょっと素人には立ち寄りがたいオーラを放っていたところが、いくつもあったものです(苦笑)。それでも、なかなか改善されないなあと思うのが、音の大きさです。そこで今回は、ホールのにぎやかさ、華やかさを演出する音についてです。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、春一番に乗ってやって来たスギ花粉に瞬殺されたK松です...。ちょっと前から気になっている言葉で「養分」というものあります。本来は栄養となる成分という意味です。ただインターネット上での俗語として「ギャンブルなど、金銭に関しての負け組」を意味することもあるようです。そしてこの「養分」、パチンコやパチスロのユーザーに対しても使われています。そこで今回は、この「養分」とパチンコ、パチスロ業界についてです。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、最近は記者発表会や試打会にはいくものの、すっかりホールで打てていないK松です。自分もユーザーの1人であることを忘れないためにも、プライベートの実戦は絶やしたくないのですが...。まあ、今度の週末は久々に打てそうでホッとしています。最近、ツイッターなどでみなさんと会話をしていてよく見るのが「期待値」という言葉。最近では即座に目の前の台の期待値を算出するアプリまであるそうで。そこで連載30回目の今回は、期待値と楽しみのバランスについてにしました。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。新台ラッシュもひと息ついたかなと思ったらAKB48の話も出てきて、にわかにバタバタしているK松です。最近、私が個人でやっているツイッターに「どうやったら勝てますか?」というようなメッセージを度々いただくようになりました。どうお答えしていいか、非常に悩んでおります(苦笑)。ホールも利益を目指す企業ですからね。というわけで、今回はあらためて遊技台の機械割とホール営業について考えてみます。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、K松です。新年のお祭り気分もすっかり抜けましたが、パチンコ・パチスロ業界は相変わらずにぎやかです。毎週のように新台が発表、導入され、テレビCMも増えたことで、ホールへ足を運ぶ人の数も増えてきたように思います。近年、一気に利用者が増えたのが貯玉サービス。ここに来て、また需要が高まっています。そこで今回は、この貯玉について考えてみます。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、新台発表ラッシュで目移りしまくりのK松です。年明け早々、楽しみな話題が多いのは、うれしいことですね。ところが先日、1億円超に相当する出玉を不正に得ていたゴト集団が逮捕されるというニュースがありました。この手の話は、何年たっても尽きることはなく、パチンコ・パチスロ業界のイメージアップの妨げとなっています。ホール側も対策は練っていますが、ある一部ではその対策を不正に使用している店舗が存在したことも事実です。そこで今回は、普段にも増して重たいテーマ「ゴトと遠隔操作」についてです。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。正月休みボケから、徐々に回復しているK松です。パチンコ、パチスロ業界は、特にメーカーの仕事初めが今週だったこともあり、新台の展示会やら発表会が続々と始まりました。一方でホールは、ほぼすべての店舗が年末年始も休みなし。これには頭が下がります。そんな中、ちょっと気になった点がありました。今回のお題は、ホールのスタッフと客の関係性についてです。 (業界コラム)[続きを読む]

 あけましておめでとうございます!初詣で引いたおみくじが大吉だったK松です。みなさん、新年初打ちには行きましたか?ただでさえ客の集まる時期ですから、それほどウハウハな話は聞こえてきませんが...(苦笑)とはいえ、今年も始まったばかり。これからバンバン出しちゃいましょう。さて、年末年始のテレビを見ると、パチンコ関連のCMがたくさん流れていました。実はこの業界のCM、午前と午後の5時から9時には流れていないことをご存じですか?というわけで新年1発目のコラムは、テレビ業界におけるパチンコ・パチスロ業界への規制についてです。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。中性脂肪は増えましたが、今年も無事に年を越せそうなK松です。今年の秋ごろからこのページでコラムを書かせていただいておりますが、その中でパチンコ・パチスロ業界で働くプロフェッショナルに何人もお会いしました。攻略ライター、メーカー広報、ホール店長などなど。それぞれの立場で、みなさんが業界内で生き抜いています。一方で、知識と技術を身につけた「プロ風」のユーザーも増えています。そこで今年最後のお題はパチンコ業界で働く「プロ」についてです。 (業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。どうやら今年の収支はトントンで終われそうなK松です。何十時間と打ってトントンですから、無料で遊べたと思えばよかったのかなと。でも正直なところ、多少でもプラスがあったらよかったかなあ(笑)。さて、これからの年末年始、ホールへ行ける時間は増えそうですが、なかなか勝率は上がりません。普段の土日や祝日も、出玉は厳しいというイメージは強いものです。そこで今回は、土日祝のホール営業について考えてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。クリスマスプレゼント用の資金を、すっかり台に飲み込まれたK松です。年末年始って、なんだかウキウキする分、投資額もなんだか太っ腹になってしまいますね。そんなウキウキ気分が1年中続いているのがカジノ。先週も書きましたが、カジノには日本のパチンコ、パチスロホールにはない魅力が満載です。というわけで、今週もカジノをヒントに、ホールの未来を考えてみます。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。みんなが慌ただしい師走に、1週間もオーストラリアに逃亡していたK松です。日本は冬にしては暖かいですが、やっぱり真夏から帰ってくると寒いですね(苦笑)。さて、仕事の虫なのか、単なるギャンブル好きか。ネタおよび業界発展のヒントを探すべく、しっかりカジノをのぞいてきました。日本のパチスロも、起源はカジノのスロットマシンですからね。そこで今回は、カジノに見るパチンコ業界の可能性についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。最近、新台との相性がいいK松です。今年も残すところ、あと3週間ほど。すてきな年末を過ごすべく、ここらで大勝したいものです。いつかは年越しパチ&スロ、やってみたいなあ。そんなことを思う年末の街は、見渡せばどこも鮮やかなイルミネーションがキラキラ。なんともいい雰囲気です。考えてみればパチンコ、パチスロホールは1年中キラキラです(笑)。ただ、おしゃれな雰囲気が出てるかというと、必ずしもそうとも限りません。そこで今回は「かっこいいパチンコ、パチスロって何だ」というテーマにしてみました。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。11月の大敗で、年間収支のプラスが風前のともしびになっているK松です。今年も早いもので、残すところ1カ月を切りました。派手に出すホールと、回収に走るホールの見極めをしっかりして、ホクホクな年末を迎えたいですね。とはいえ、どれだけ研究を重ねても、必ず勝てる攻略法というものは、一部の違法な操作を除いて、存在しません。あくまで勝率を上げるには、という話です。そこで今回はパチンコ・パチスロ業界を飛び交っている「必勝・攻略」という言葉についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。何かと物入りの時期なのに、収支グラフは急降下しているK松です。最近は軍資金不足から、携帯のアプリで好きな機種で遊び、イメージトレーニングに励んでいます(笑)。iPhoneの登場以来、スマートフォン対応のパチンコ・パチスロアプリも続々と登場。1番はじめに携帯アプリが出た時は「似て非なるもの」だったのですが、今では実機に負けないクオリティーです。そこで今回はアプリ化が進むパチンコ・パチスロの「ゲームとしての評価」についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。ツイッターで、スパムと思われる海外の方にフォローされまくって困っているK松です。近年、パチンコ・パチスロのホールでは、台以外にも楽しめる施設が充実してきました。1番多いのはマンガ喫茶風なもの。フロアの空きスペースを使って、空き台を待つユーザーを楽しませる努力が垣間見えます。一方で、実際に打っている人々の顔を見ると、当たっている人でも険しい人が多い印象です。そこで今回のテーマは「パチンコ・パチスロを楽しそうに打つには」です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。ビッグタイトルの続編が次々に発表され、心が躍るK松です。最近のパチンコ、パチスロはいろんな意味でボーダーレス。テレビ、アニメ、芸能人はもちろんのこと「餃子の王将」なんて台もあるくらいです。業種の枠を飛び越えて、いまやどんなものとでもコラボしています。そんな中、メーカー発のオリジナルキャラクターも根強い人気を誇っています。今回は、タイアップとは正反対の位置にいるオリジナルキャラについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。レバーのたたき過ぎ、ボタンの押し過ぎで指先がひび割れしたK松です。最近、グループでホールに訪れるユーザーが増えましたね。カップルはもちろん男同士2人だったり、もっと大人数だったり。最近見た中で1番多かったのは8人というのがありました。最近流行りのツイッターで知り合ったパチ仲間、スロ仲間なんていう場合もあるみたいです。業界的にはうれしい話ですが、同時にちょっと気になるマナーの問題も出てきました。そこで今回は、グループでの連れ打ちをする際のマナーについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。会社へ行く朝はつらいのに、ホールに朝イチで並ぶのはつらくないK松です。パチンコ、パチスロをしない方に「朝から並ぶと勝てるの?」とよく質問されます。しない方にとっては、あの光景はとても不思議に見えるようです。実際、開店前に並んだからといって、必ず勝てるものでもありません。それでもハードユーザーになればなるほど並びます。そこで今回は、この「朝イチの並び」についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、今週末は久々にゆっくり打つ時間が確保できそうなK松です。会社帰りにフラリとひと勝負して勝った時のお得感、いいですよね。逆に仕事がいつもより早く終わったから行けたホールで散々負けてしまった、なんて経験をした方も多いと思います。ここで気になるのが「この台は何時まで打っても損しないのか」ということです。最近の機種は継続率が高い分、出玉スピードが以前より遅いのが特徴です。そこで今回は「時間効率」についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、各ホールの新台祭が落ち着いたおかげで、立ち回りも落ち着いてきたK松です。プライベートではパチスロを打つ比率の方が多かったのですが、最近は仕事のせいかパチンコ率も上がってきました。そこで気づくのが、パチンコのパチスロ化。演出をはじめ、いろいろな部分でパチンコにパチスロの要素を取り入れる台が増えています。そこで今回は、パチンコとパチスロの融合についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、平日は仕事、週末はパチで座りっぱなしのせいか、おなかまわりが気になってきたK松です。10月も中旬に入り、メーカーの新台発表会がめじろ押しです。パチンコ、パチスロともに続々と発表され、年末商戦に向けて各社ともに気合が入っています。ふと気が付けば、ホールのラインアップを見ると、ほとんとがタイアップ機種。そこで今回は、衰え知らずのタイアップブームについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、CSテレビ局「モンド21」の番組を見る度に「うちの新聞読者、サイトのユーザーが好きそうな番組ばっかりやってるな」と思っているK松です。最近、都内のホールでいろいろ変化ができました。その1つに貸し玉率の低下があります。ある時から貸し玉が1玉1円の「1年パチンコ」なるものが誕生しました。さらにここに来て、行きつけのホールが打ち出したのは、なんと1玉が0.1円!そこで今回はパチンコ・パチスロにおけるギャンブル性と遊技性についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは。パチンコを打つ時は右手が疲れないように、ドル箱を台がわりに使っているK松です。10、11月はAPECによる新台入替自粛期間なので、パチンコ・パチスロの新台ラッシュもひと休み。ホールの地力が試される時期となりました。ホール側は「新台入替」という強力のカードがないので、多種多様な集客イベントを実施することでしょう。そこで今回は、この「イベント」に関するお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 こんにちは、最近の新台ラッシュに知識が追いつかないK松です。パチンコ・パチスロ業界は古くからメーカーがあの手この手でユーザーを楽しませる仕組みを考え、新台を開発してきました。パチンコであれば最初は1発ずつレバーで弾いていました。パチスロの筐体(きょうたい)は海外のスロットマシンのものを流用していました。今では最新技術を駆使した演出にユーザーは一喜一憂しています。今回はこの複雑化するシステムについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 新台ラッシュに目移りしまくりのK松です。パチンコ・パチスロの話をする上で、外せないのが景品です。景品は大きく分けて洗剤、飲料など日用品などを指す「一般景品」と、景品交換所に持っていく「特殊景品」の2つがあります。今回は後者の特殊景品にまつわる「そうなのか」というお話です。(業界コラム)[続きを読む]

 あなたは1台でじっくり粘る派? それともいい台を探して移動を繰り返す派? パチンコ、パチスロの楽しみ方は人さまざま。優良台は粘れば勝利に近づきますが、回収台なら負けは必至。一方で移動を繰り返せば優良台に座れる確率は高まりますが、うっかり優良台から離れてしまことも。そういう意味では両者の戦術は一長一短です。今回は勝ち負けとは少し離れて、ユーザーならではの楽しみ方についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 全国に1万2000軒以上あるパチンコ・パチスロホール。鉄道の駅数が9000強と言われていますから、1駅に1軒以上ある計算です。ふらっと遊びに行ける気軽さは魅力ですが、勝利を目指すためには行き当たりばったりというわけにはいきません。今回はやみくもに打っては負けを繰り返さないための、ガマンについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 ひと昔前までは、店員さんもユーザーもちょっと気合の入った怖そうな人が多かったパチンコ業界。それが今ではかわいい女性店員さんやドリンクガールがいたり、夫婦やカップルで打つ人も増えました。ただ昔から改善を求められているのはマナー。今回は、パチンコ・パチスロホールでのマナーについてです。(業界コラム)[続きを読む]

 パチンコ台の技術は日進月歩。いろんな機能が搭載された台が、各メーカーから毎月どころか毎週のように発売されます。それでも今も昔も変わらずに大切なのが「いかに回る台に座るか」。今回は、そんな回転率の話です。(業界コラム)[続きを読む]

 最近、パチスロが元気になってきました。ヒット機種が増えたことで、一時期パチスロを離れていたファンが戻ってきているようです。業界の人の話では「だいぶ状況が整ってきた」んだとか。そこで今回はパチスロの醍醐味ともいえる「目押し」についてです。(業界コラム)[続きを読む]

 はじめまして、日刊スポーツのK松です。先日、大阪でのイベントルポを書いていたT松さんの後輩です。実戦は先輩が担当なので、私はパチンコ・パチスロ業界のいろんな話をご紹介したいと思います。記念すべき私のコラム1本目は、だれもが気になる「パチンコ・パチスロは勝てるのか!?」です。(業界コラム)[続きを読む]





日刊スポーツの購読申し込みはこちら