日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


回転遊戯のイメージ画像

社内のパチンコ ・パチスロ好きの有志が集って2010年(平22)8月16日に発足。土日、祝日、平日の会社帰りといった、限りある「サラリーマンタイム」での勝利をつかむのが目標。主な活動拠点は東京都内だが、場合によっては遠征もあり。

【コラム】5回転目「勝つためのガマン」

10年9月06日 [18:49]

 全国に1万2000軒以上あるパチンコ・パチスロホール。鉄道の駅数が9000強と言われていますから、1駅に1軒以上ある計算です。ふらっと遊びに行ける気軽さは魅力ですが、勝利を目指すためには行き当たりばったりというわけにはいきません。今回はやみくもに打っては負けを繰り返さないための、ガマンについてです。

 出ている台を見れば「自分も出るかも」と思い、大ハマリしている台を見れば「そろそろ出るかも」と思う。これがユーザー心理というもの。自分も含めて、どうしても都合よく考えがちです。でも残念ながら、実際はそこまで勝てるものではありません。負ける理由はただ1つ。出ない台に座っているからです。人によって運の強い弱いはあるでしょうが、台がプログラムによって作動している以上、勝てる台に座ればだれでも勝ち、負ける台に座れば負けるのです。

 どうすれば出ない台に座らずにいられるか。これも答えは明白で、誘惑に勝つことです。「打ちたい」欲求が都合のいい解釈に変わり、結果として出ない台でも座ってしまうのです。最近よく見るのは、空き台があるのにホール内を歩き回るユーザーです。これは台の状況をチェックしているのです。優良台が空きそうなタイミングを逃さないために、人によっては数時間でも粘ります。打たないのにホールにずっといる人にも、ちゃんと理由があるのです。

 最近ではホールにもマンガや雑誌を置いた待機場所を作るところが増えてきました。これも「空き台待ち」ユーザーへのサービスの1つです。魚のいない場所にいくら糸をたらしても、釣れないものは釣れません。いい台を見つけるまで、じっとガマンすることが勝利への近道と言えそうです。私自身もついつい空き台に座ってしまいますが、これからはじっくり見極めたいと思います。
【K松】

(業界コラム)

このコラム記事には全0件の日記があります。

回転遊戯の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら