日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


回転遊戯のイメージ画像

社内のパチンコ ・パチスロ好きの有志が集って2010年(平22)8月16日に発足。土日、祝日、平日の会社帰りといった、限りある「サラリーマンタイム」での勝利をつかむのが目標。主な活動拠点は東京都内だが、場合によっては遠征もあり。

【実戦】昔は競艇、今ボートレース

14年4月15日 [00:37]

 こんにちは、K松です。みなさんは、ボートレースに行ったことがありますか? 自分はついつい「競艇」の方が言葉としてはなじみがあるんですけどね。ニッカンスポーツ・コムに来ているならご存じの方も多いと思いますが、今では競艇と言わずボートレースと言います。10年度から変更されました。そんなボートレース界が応援しているパチスロ機といえば、山佐の「パチスロ モンキーターンII」です。人気漫画・アニメとのタイアップ機第2弾。さあ、今回も必殺技Vモンキーを決められるでしょうか。

 スペックですが、前作のARTから今回はATに変更になっています。1ゲームあたりの純増は約2.3枚。AT「SGラッシュ」の1セットは50ゲーム+α。2セット目以降は40ゲーム+αです。どのセットもラスト10ゲームはレース演出。勝てば次セット確定です。上乗せ特化ゾーン「全速モード」は選択可能な3種類に増え、さらにこの3つすべてが一気に出てくる「鬼足モード」も存在します。通常時はゲーム解除期待の優出モード、自力解除でこちらも3種類から選択可能の超抜チャレンジが期待です。

 では、いざレース開始! 天国ゾーンを抜けた150ゲームの空き台だったので、いきなり大ハマリの危険も覚悟で打ち始めましたが...。悪い予想ほど当たるもので、見事なハマリ。最大天井は1024ゲームですが、初当たりが出てきたのは850ゲーム。そのうち、自力ゾーンの超抜チャレンジは1回のみ。ふー、苦行だなあ(苦笑)。幸い単発では終わらず約250枚ほどは戻ってきましたが、まだまだ大きなマイナス域。ここからどこまで巻き返せるかなあ。
yuugi140414.jpg
 続いて出てきた当たりは250ゲーム。これ以上だとギブアップという感じだったので、なんとか救われた気分です。ここでも2セットで約220枚獲得。すると、ここでAT終了後のヘルメットにロゴ出現。天国ゾーンに期待です。すると期待通りに60ゲームで3回目の初当たり。ここは頑張り時だぞ。思いが通じたのか、早々に女性キャラカットインからVぞろいで次セット確定。3セット目も自力で継続すると、続く4セット目に今度は男性キャラカットインから再びVぞろい。よしよし、なんとかなりそうだ。

 5セット目、ここでようやく本日初の全速モード突入。ここはリプレーで上乗せが発生する青島全速を選択。この日最多の50ゲーム上乗せを獲得です。ふと隣の台を見ると、レア役から一撃100ゲームの上乗せを連発。いいなあ、うらやましいなあ(笑)。そんな様子を見ながらも、なんとか地味に伸ばし続け、約1100枚を獲得。その後、同じく天国モードらしき初当たりから4回目の初当たりを引きましたが、2セットで終了。最終的に天国抜けを確認したところで、終了となりました。

 結果はマイナス約200枚。ちょっと足らなかったなあ。マクリ差しが決まったと思ったけど、やっぱりボートレースはスタートが大事だなあ。このまま負けでは終われない。近々、リベンジに行きたいと思います! 【K松】

(実戦)

このコラム記事には全0件の日記があります。

回転遊戯の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら