日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


回転遊戯のイメージ画像

社内のパチンコ ・パチスロ好きの有志が集って2010年(平22)8月16日に発足。土日、祝日、平日の会社帰りといった、限りある「サラリーマンタイム」での勝利をつかむのが目標。主な活動拠点は東京都内だが、場合によっては遠征もあり。

【実戦】「新鬼で花見」

13年3月25日 [18:42]

 こんにちは、K松です。みなさん、週末はお花見でしたか? 私は昨日、久しぶりに高校時代の仲間と再会し、昔話に花を咲かせておりました(笑い)。では花見はしていないかというと、ちゃんとしましたよ。でもパチスロでですけど(笑い)。この時期にパチスロで花見となると、そう「新鬼武者 再臨」(ロデオ)です。桜がいろいろとテーマになっている新鬼ですから、この季節にぴったり。あとは出玉が満開するだけです。というわけで、いざ勝負!

 5号機の大ヒット機のひとつに数えられる新鬼武者の続編だけに、スペックも注目です。前作と異なり、今回はAT特化型。1ゲームあたり純増約2.8枚、1セット50ゲーム+αとなっています。通常時の演出は前作の流用部分が多いのですが、少々手を加えただけでも別のものに見えるから不思議なものです。AT突入は内部的に決められたゲーム数到達と、自力で当選させるパターンの2つ。自力ゾーンは「鬼の試練」「覚醒の試練」があります。特に後者は成功すれば89%継続の蒼剣RUSH覚醒に入ります。自力で89%、いやが応でもレバーオン時には力が入ります。

 かなりの荒波スペックと聞くので、数万円でも何もなしみたいなことを覚悟しながら実戦開始。すると、覚醒の試練に突入する際に発生するリールロック演出が早々に多発。これが弱リールロックだとレア役止まりですが、強リールロックだと期待度大。このあたりは某社のデビルな台とワクワク感は似たところがありますね。なんてことを思っていると、投資2万円目で本当に来ちゃいましたよ、強リールロックからのスイカぞろい。次ゲームで覚醒の試練の文字が表示され、早々に勝負どころが到来です。
yuugi130325-1.jpg
 願いをこめた10ゲーム間の始まり始まり。ところが、なかなか赤7ぞろいのチャンスを示唆するカットインすら出ない。2ゲーム、3ゲーム。まだ出ない。ようやく5ゲーム目に一番弱い蒼鬼カットインが出ましたが、あっさりはずれ。結局10ゲームで2回蒼鬼カットインが出ただけで終わってしまいました...。

 肝心のポイントをはずし意気消沈。台移動を考えながら打っていると、なんと追加5000円で2度目の覚醒の試練に。こんなに早くやり直しができることはそうそうない。これを逃したら帰ってやる! すると気合が通じたのか、今度は期待度中の茜カットインが1ゲーム目から出現。今度はいける! と思ったものの、残りは2ゲームに。半ば諦め状態でたたいた9ゲーム目、出たのは天海カットイン! これはそろう、そろっちゃうぞ! そろったー! まさかこんなに早く89%ARTをゲットできるとは思わず、慌てて写メを撮ったのでした。
yuugi130325-2.jpg
 さあ、最高継続率を引くと、ここからはどこまで連チャンが続くかという期待と同時に、いつ終わってしまうかという恐怖感との戦いです(苦笑)。とにかく単発だけは避けたいと念じると、早々に継続確定演出が発生。ホッとひと安心です。時折出る「気を抜くな」という文字にはドキッとさせられましたが。ここからレア役を引いてゲーム数上乗せ、さらに上乗せ特化ゾーン「桜花狂乱」に突入したいところですが、上乗せはほとんど発生せず。島左近とのバトル「醍醐の花見」も1回きりでした。
yuugi130325-3.jpg
 ただ、そんなボヤキもどこ吹く風。とにかくARTセットが終わらない。気づけばエンディング条件を悠々とクリアする25連チャンを達成。さらに、エンディング中のスイカでセット上乗せを獲得したのか、終了後にもう1セットのオマケもあり。1セットというべきか、大連チャンの後に単発というべきか。何はともあれ4000枚弱の大量獲得となりました。久々の大勝利をしたことですし、これを花見代に回すとしますかね。【K松】

(実戦)

このコラム記事には全0件の日記があります。

回転遊戯の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら