日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


回転遊戯のイメージ画像

社内のパチンコ ・パチスロ好きの有志が集って2010年(平22)8月16日に発足。土日、祝日、平日の会社帰りといった、限りある「サラリーマンタイム」での勝利をつかむのが目標。主な活動拠点は東京都内だが、場合によっては遠征もあり。

【実戦】「高確×高確×高確=秘宝伝」

12年12月10日 [21:25]

 こんにちは、K松です。いよいよ始まりました年末商戦。毎週のように主力級の新台が出てくるので、目移りしちゃって大変です。そんな中、先陣を切るように導入されたのが、大都技研の「秘宝伝 ~太陽を求める者達~」です。4号機時代からの人気シリーズとあって、各ホールとも結構な台数を入れてきました。それでも朝イチの抽選がとてつもなく弱い私は、100台以上入った店へ。無事に88番を引き、いざ勝負となりました。果たして、莫大(ばくだい)な秘宝は見つかったのか!?

 秘宝伝シリーズ最新作は初のART特化型。1ゲームあたり純増約2.8枚のART・秘宝RUSHが出玉獲得のメーンとなります。ビッグ、レギュラーの各疑似ボーナスは通常時ならART突入、ART時なら上乗せのチャンスです。そして秘宝伝といえば、なんといっても高確(率)。最初の目標は高確に移行することで、そこからが本当の勝負どころと言えます。今回は通常時、ビッグ中、ART中とそれぞれ高確が存在するので、気合の入れどころもたくさんあります。
yuugi121210-1.jpg
 さて、実戦開始。わざわざ遠方まで足を運んだ熱意が伝わったのか、投資6000目で初の高確へ。早々にレバーオンに祈りを込める時間がやってきました。すると15ゲーム目にでっかい「100%」がドーン。あっさり秘宝RUSHを引き当てました。右隣の人も9ゲームでビッグ引いてたし、今日はこのあたりにたくさんお宝が眠っているのかな? なんて甘い期待でスタートした初ARTは、きっちり1セット40ゲームで終了。朝イチから大連チャンなんて、そうそうないものですね。
yuugi121210-2.jpg
 過度な期待は禁物と心の中で唱えながら打っていると、やたらと高確移行が頻発。おやおや、これは朝から伝説モードに入ったのかな。この伝説モード、高確に頻繁に移行するシリーズ機共通の楽しい時間帯。なんとかここでビシッと連チャンをつかみたいところです。そしてこの日2回目のビッグから、ようやくひと波つかまえました。ビッグ中のピラミッドぞろいから高確。その高確からARTに突入すると、ボーナスバトルにも勝利し再度ビッグで、そこでもピラミッド。うんうん、どうやら今回の秘宝伝はいろいろな高確が入り乱れるとモリモリ増えるんだな。結局、この波は356ゲームで1570枚。ボーナス連打があったとはいえ、出玉スピードは早いなあ。
yuugi121210-3.jpg
 この後、一気に流れに乗るかと思いきや戦況は一進一退に。各方面から荒波と聞いていただけに、現状維持ができているだけ優良台なのかもしれません。大きな出玉にはつながっていませんが、いろいろな演出が見られたので、個人的には十分楽しめました。最終的には4000ゲームほど回し、約1500枚のプラスで終了しました。次回は1回だけ引けた3けた乗せとかバンバンしたいなあ。【K松】

(C)DAITO GIKEN

(実戦)

このコラム記事には全0件の日記があります。

回転遊戯の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら