日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


回転遊戯のイメージ画像

社内のパチンコ ・パチスロ好きの有志が集って2010年(平22)8月16日に発足。土日、祝日、平日の会社帰りといった、限りある「サラリーマンタイム」での勝利をつかむのが目標。主な活動拠点は東京都内だが、場合によっては遠征もあり。

【実戦】打っていいのは...自分だ!

12年6月04日 [22:43]

 こんにちは、K松です。このコラムでの実戦は、なるべく多くの機種をご紹介しようと、あまり得意でないものにも挑戦しています。ただ、今回は別です。個人的に大好きなパチスロ、エウレカセブンの開発チームが作った台となれば、相性が悪いはずもありません。というわけで、対戦したのはサミーの「コードギアス 反逆のルルーシュ」です。ART中の純増枚数こそ違うものの、ボーナス併用型だったり、セット数管理だったり、エウレカと似た部分も多い機種です。撃たれる覚悟? そんなものは、とうの昔にできている!(笑い)

 やっぱり自信というは大切なんでしょうか。今年に入って絶不調な自分でも、ルルーシュは強力な味方でした。投資5000円でのチャンス目から、レギュラーボーナスに当選。ボーナス中にレア役を引いてART当選を目指したわけですが、7ゲーム目になんと中段チェリーがズドン。あわてて画像を撮っていると、ギアスチャレンジが終わってしまうというハプニングが発生(苦笑)。まあ、あくまで演出ですから、ART当選には関係ないのですが。そして次ゲーム、見事に扉が開いてART確定。低確率の中段チェリーですから、これは大連チャンを期待したいところです。

yuugi120604-1.jpg
 みなさん、やっぱり自信は大切です! レギュラー中の中段チェリーというレアな入り方をしたARTは、終わりを知らないといった風で続いていきます。しかもスイカなどレア役を引くと、かなりの頻度でバリバリバリッとギアスマークが点滅して上乗せをお知らせ。まだ詳しい解析が出ていないのですが、おそらくいい状態をキープしたまま、レア役を引けていたのでしょう。さらにはボーナス中とARTにC.C.図柄も1回ずつそろうなど「こうやって上乗せが成立します」パターンが続出です。
yuugi120604-2.jpg
 とどめが来たのはART17連目。これまですべて2ndバトルまで進んでいましたが、ここでついに1stバトルに勝利。つまりスペシャルなARTが確定したわけです。そして向かった先はガウェインART。高確率で上乗せする強烈なやつです。なにせ押し順ベルでも乗る可能性ありというのですから、どれだけの破壊力があるのやら。で、結果は...5発! あくまで確認できただけなので、これ以上乗っているかもしれません。ゲーム数に直せば200ゲーム+αといったところ。このくらい、ガウェインARTなら朝飯前かもしれませんね。

 というわけで、連チャンがようやく止まったのは27セット目。ボーナスが引き弱だったため、出玉自体は2000枚強でしたが、それでも大満足の実戦でした。確かこの台、キャッチフレーズは「打っていいのは、撃たれる覚悟が有る奴だけだと。」だったはず。今回は相性がいいと自分に言い聞かせた覚悟があったから勝てたのでしょう(笑い)。プライベートでも、もうひと勝負してみたい機種です。【K松】

(実戦)

このコラム記事には全0件の日記があります。

回転遊戯の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら