日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


山内菜緒のスロとコスプレと私。のイメージ画像

◆山内菜緒(やまうち・なお)5月28日生まれ愛知県名古屋市出身。ニコニコ動画内を主に活動するタレントであり、パチンコ・パチスロをこよなく愛するヲタクでコスプレイヤー。MCやナレーター、舞台にも多く出演している。ニコ生放送中「マルハンチャンネル」「k-station」

リンゴとネルフとシンジくん

13年3月12日 [15:19]

 山内菜緒です☆マスクの下は鼻水テロテロでございます...。この季節、花粉症に寒暖差アレルギー。ポワンとした体調の中、ようやく行ってきました「EVANGELION」(ビスティ)初打ち!...遅い(笑) 完全に出遅れですね、今回。打ちにいくタイミングが合わなかったのもあり、正直評判イマイチだったのも...ちょっとあり。ようやく打てる! と期待と不安を胸に打ってきました。

yamauchi130312.jpg まず、感想から言うと、????でした。わからなかった。いきなり当たって、いまなんで?! みたいな当たりが多々←リプレイ重複やベル重複だったかと思われます。リンゴが熱い! ということしか頭に入れていなかったナオもよくなかったかもしれません。強ベルで12.5%、チャンスリプレイで17.9%のボーナス同時当選確率だそうなので。しかし演出が少しガチャガチャしすぎではないでしょうか。新しい演出のカットもたくさんあって、ただのんびりと流れてくるものを観ている分には良いと思います。が、しかし「スロットの演出」となると話は別です。どの演出が何の役に対応しているか、まずこれがわからない。そしていつも流れてくる演出で頻繁にリールフラッシュされても...と、出てくる演出と台の期待度に統一性がまったく感じられませんでした。なので打っていてもどうもしっくりこなかったのが率直な感想です。大好きなエヴァ...少し悲しい気分でした。

 と言いつつも感動した点もありました。あのシンジくんのプラグ役物、欲しい!! 「ヱヴァンゲリヲン~真実の翼~」(ビスティ)には綾波レイのフィギュアが筐体にいましたが、今度は碇シンジ、しかも動く!! EVA RUSH中にシンジくんが沈んでいき、消失するとプラグ深度6となり覚醒ARTに突入する。シンジくんを見失ったら覚醒とは、なんともうまく作ったなぁと1人打ちながら頷いていました。綾波フィギュアもですが、このシンジくんのフィギュアも欲しいなーと密かに狙っています。もうひとつあげるなら、リールにある大きなネルフマーク。揃えたときの音と、あの大きなマークにリールを征服されている感じが気持ちいいことですかね。

 今回のエヴァは期待も大きかっただけにやはり演出と期待度の違和感がナオの中では拭い去れませんでした。ただ人気のシリーズだからと、どんどん新台を出す、そうして人気が薄れていくところはあまり見たくないです。もう少し愛を持って作品に向かい合ってもらいたいですね。

このコラム記事には全0件の日記があります。

山内菜緒のスロとコスプレと私。の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら