風呂上がりにゴクリ!下町フローライフ

nikkansports.com


大阪トップ > 銭湯紹介


美章園温泉

銭湯写真  「ほんま、ええことないなあ」。
 美章園温泉の番台に座る鎌田英秋さん(55)はため息をついた。「原油高騰のあおりを受けて銭湯はどこも大変やで」。
 美章園の地にこの銭湯ができたのは昭和8年、それ以来74年の時を刻んだ。現在建物は文化庁指定の有形登録文化財に登録され、存在感は増すばかりだ。その一方で利用者の数は減っている。

 まさに「大阪のゴージャス感」を持つ銭湯だ。入り口は金字で男、女とデザインされた扉となっている。重厚な木製の引き戸を開けると、豪華なシャンデリアが飾られた脱衣所に移る。竹林のあるミニ庭園が臨める脱衣所の床のござ下には、高級な桜の板が敷かれている。創業当時は2階にダンスホールがあって、昭和の若者が毎晩踊り明かした。現在では2階に上がる階段が残るだけだが、豪華にデザインされた設備の節々から当時の盛況ぶりが偲ばれる。

 浴室に入ると、ルネッサンス風彫刻の泉が掛け湯を貯める。シンプルな作りだが、男湯奥左手のラドン温泉ルームは落ち着ける。この日は秋田の名湯・乳頭温泉の水を使用、芯から温まることができた。その他にもスチームサウナや寝風呂など設備も多彩だ。

 「どんだけ豪華でも経営と別物やからなあ」。父親が昭和42年に前の経営者から銭湯を引き継いだため、鎌田さん自身は昭和の繁栄を知らない。

 かつてミヤコ蝶々と南都雄二が新婚時代を過ごした美章園。この大阪の下町を見守ってきたこの歴史遺産を守る意味でも、一度は訪れて欲しい銭湯だ。

銭湯写真 銭湯写真
【住所】大阪府大阪市阿倍野区美章園2―9―15
【営業時間】2:00~翌日0:00
【定休日】月曜日
【入浴料】大人390円(サウナ料金含む)
【設備】内湯深、寝風呂、ラドン温泉、スチームサウナ、水風呂
【最寄り駅】JR阪和線「美章園」駅下車すぐ。
【駐車場】
サンガリアラムネ

風呂あがりにゴクっと!

サンガリアラムネ

 昔ながらのラムネ味を守る「サンガリアラムネ」。その味わいに、きっとあなたも懐かしさを感じることでしょう。下町の銭湯で、もちろんご自宅でも、風呂あがりにゴクッとどうぞ。 【詳細はこちら】