日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの社会ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2011年3月13日

お花見や 隣は何を する人ぞ

 また桜の季節が巡ってきた。あの淡い、桃色に出合うと「日本に生まれてきて良かったな」と思うんだよ。上野、墨堤、飛鳥山-名所は数あれど、そんなところへ行かなくても、ホラ、すぐそばで咲いている。誰にも幸せを届けてくれる。ってな訳で「お花見や 隣は何を する人ぞ」-。

110313-sakura--1.jpg
修学旅行生だろうか、初々しい青春がお城のサクラに映える(福島県会津若松市)

桜の風姿との逢瀬に憂き身をやつし陶酔す

 桜と梅を見まがうどころか、女性に花束のひとつも贈ったことのない無粋者なのに、えにし不思議なのが人生だろうか。ふと桜花のとりこになってン年、うつつを抜かすほど全国を流浪する。
 今では体内に飼っているほど染み付いた「桜前線」だが、何を隠そう、初めて見た時はめまいがして好物のスパゲティのぐるぐる地図? と間違えたほどだ。何事も習性なのだろう。
 その酔狂たるや、1年の300日は酔っぱらっていても、残る65日は酒を断つ。他ならぬ桜酔いのためである。(あっ、違いマシタ。桜の下の酒はまた格別!)。桜の風姿との逢瀬(おうせ)に憂き身をやつして、寝食を忘れるほど陶酔する。

110313-sakura--2.jpg
名桜「一心行」の桜の大木を一心に見入る、仲良し姉妹?(熊本県阿蘇村)


 かかるご時世、「世はいかさま、余はさかさま」とは嗜虐(じぎゃく)的な私フレーズだが、桜はこの国で数少ない信じられるもの。その香気を求めて、桜前線の北上と南下をジグザクに繰り返しては右往左往する。ひと春で列島を延べ2周はする東奔西走ぶりは、“桜マラソン”と勝手に呼んでいる。
 名だたる一本桜も、名もない路傍の桜も、人間に貴賤(きせん)がないようにみな美しい。が、年々歳々、名もなくシレッと咲く桜に惹(ひ)かれていく。見目麗しのブランド桜と違って、一生かかってもテレビやインターネットに出演することもない桜たち。そんな桜には、お国柄が染み出ているようだ。
 おっ、“南国の薫り”むせび泣く桜とか、“北国の匂い”しんねこ桜とか、誰も聞いてくれるではなし、道端でひとりつぶやく。あたかもゆきずりの道連れの伴(とも)を得たように。そして桜がもし言葉を発したら、カタコトの方言で話してくれるだろうな、と風土に思いをはせる。その土地の言葉が寄せられた“川柳”なんかに出合えたら、もうウットリ。カップ酒を手に「佳い酔い宵!」と踊りたくなる。
 ひとえに、桜は自然の摂理。思慕を寄せて焦がれる桜に幾度となく訪ねようが、「あら、いらっしゃい。お元気ィ?」みたいなシナのある仇っぽい声色が、桜の花びらや梢(こずえ)から発せられることもなく。まいど振り出しに戻ってあがめては“いちげん”の悲哀を味わう。そこが桜邂逅(かいこう)の妙であり奥義と神髄であって、三位一体のごとく宿っているのだ。だからこそ、その逢瀬(おうせ)にフラれてもフラれても、性懲りなく来年こそ再来年こそと、年イチの襟を正して桜に向き合う。酔狂ともいえる畏怖である。

110313-sakura--3.jpg
「鶴ケ城」桜まつりの脇役、桜川柳のあんどんにウットリと(福島県会津若松市)


 そんな桜路は限りなく“チープシック”に、と懐が叫ぶので、御用達のアシは言わんや「青春(再春!)18きっぷ」。新幹線の延伸・開業に躍起のJRビジネス便法にあらがって、斜陽久しい鈍行ローカル在来線+絶滅の危機にひんする町村営バス+低速渡し船フェリー+自前の健脚という、昭和ゴールデン・デラックスな行路である。
 効率とスピードのみが至上主義の時代下、多勢に無勢であろうと、ささやかな余輩の抵抗が空疎に浮遊するこの国への風穴の一縷(いちる)の望みになればと、鈍行デッキ寝は吠(ほ)え、豆だらけの足指を見やって己を鼓舞する。ボロは着てても心は錦。人もうらやむプリミティブな桜股旅なのだ。
 はてさて、民間の気象会社が入り乱れての開花予想合戦が花盛り、もはやイベントである。「開花」で済むのに、“宣言”をひっ付けた「開花宣言」なる大仰なモノ言いは何ぞや! だ。桜冥利(みょうり)が悪くなる。
 受験生への応援という名の「サクラサク」の合格祈願商法も然り。むろんショーバイなのだが、古来桜そのものを愛してきた日本人なのに、何時からこういうものに踊るようになったのか。“桜劇場”と化する世を桜たちは不思議に思い、当惑していることだろう。
 早咲きの桜の下、卒業式で斉唱した「仰げば尊し」もすでに風の記憶である。【ピート小林】

110313-sakura--4.jpg
私も一句…酔うほどに 花もおんなも うわの空(お粗末で=福島県会津若松市)


池波正太郎さんが愛した「御車返しの桜」

 桜の名所は数々あれど、作家の池波正太郎さんが愛したのは、上野寛永寺・両大師堂の境内にある「御車返しの桜」だった。この桜は、1本の木に一重と八重の淡い紅色の花が同時に咲く。
 そのいわれは、後水尾天皇が京都の常照皇寺に花見に行った折り、その美しさが忘れがたく、牛車を返してもう1度鑑賞したということになっている。後水尾天皇の皇子・守澄法親王が初代輪王寺門主となった縁で、この境内に植えられたようで、江戸名所花暦では28品のサクラの1つとしてあげている。
 ここの桜は咲くのが遅い。上野恩賜公園や不忍池周辺の桜がひとしきり咲き乱れ、葉桜になったころ、池波さんは保温ボトルに熱かんを詰め訪れた。日が傾き、カラスがねぐらに帰るころ、静まりかえった境内でひとり桜を眺め、酒を傾ける。絶景であると、何かのエッセーに書かれていたと思う。
 1度、興味本位で訪れたことがあるが、なるほど風情があった。
 「花の雲 鐘は上野か浅草か」。
 芭蕉の句である。こんな句も残している。
 「初桜折しもけふは能(よき)日なり」。
 「咲(さき)乱す桃の中より初桜」。
 「両の手に桃とさくらや草の餅」。
 そうそう、「草の餅」といえば長命寺の桜餅。吾妻橋からひとつ上流の桜橋のたもとの「山本や」。創業1717年(享保2)、創業者の山本新六は長命寺の門番で、毎日のように落ちる桜葉を塩漬けにして、もちに巻いた。
 この店(当時は月香楼と呼ばれていたとか)の一隅に正岡子規が1888年(明21)7月、仮寓していた。ここの娘・お陸とロマンスがあったいうが真偽は定かではない。【石井秀一】

110313-sakura--5.jpg
大先輩・漱石にハッパかけられ、赤門にサクラサク!?(東京・文京区)


★発売中 「ぼちぼち歩こう 墓地散歩(石井秀一著=日刊スポーツ出版社刊=288ページ、税込1365円)墓マイラー必帯本が発売中。日刊スポーツ紙上で1年間連載された、著名人のお墓を探訪する「ぼちぼち歩こう 墓地散歩」の書籍化です。新たに坂本龍馬を書き下ろし、さらに幕末から平成の忌野清志郎まで197人の霊園マップが付いています。沖田総司、勝海舟、正岡子規、稲尾和久、夏目漱石、太宰治、石原裕次郎、美空ひばり、坂本九、尾崎豊、hideなど死にまつわるストーリーが51編と充実の内容です。全国書店で発売中。購入問い合わせは、日刊スポーツ出版社営業部。電話03・3546・5711まで。(写真)

tabi-0530-5pre.jpg
ピート小林と歩く こころの日本遺産
ピート小林(ぴーと・こばやし)
 前世紀生まれ。駐留軍基地と米国で肉体労働者、バーテンダー、Brooks Brothers勤務などの後、広告業界へ。ME博報堂、電通などを経て独立。コピーライターでもあり、“さくらストーカー”の異名で桜前線を酔狂に追い、“ノスタルジジィ”の異称で「こころの日本遺産」を撮る酔眼カメラマンでもある。チープシックが金科玉条で「青春18きっぷ」のヘビーユーザー。青山学院大卒、サンフランシスコ・アート・インスティチュート写真科中退。著書に「アメリカ語トレーニング」(主婦の友社)「股旅桜」(日本カメラ特別付録)「美人のひと言」(PHP・英語ナビゲーター)「にっぽんお宝桜撮影行」(枻文庫)「北海道さくら旅」(北海道新聞社)。近著の全国の案山子(かかし)を訪ね歩く写真集「カカシバイブル」(東京書籍)は好評発売中。ホームページはこちら。
石井秀一(いしい・ひでかず)
 1953年(昭和28)、東京生まれ。78年、日刊スポーツ入社。80年秋、野球部へ異動。長嶋解任直後の巨人を担当、その後横浜大洋(現横浜)担当を経て、巨人担当キャップ、遊軍記者を歴任。野球デスク、野球部長、編集局次長。昨年より編集局文化社会部編集委員。

最近のエントリー


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




社会ニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 社会
  3. コラム
  4. ピート小林と歩く こころの日本遺産

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです