日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年8月09日

「衣装負けしないように必死です」/蘭乃はな

 花組の新娘役トップ・蘭乃はなが、上演中のミュージカル「麗しのサブリナ」(30日まで)で堂々のお披露目を果たした。往年の大スター、オードリー・ヘプバーンの代表作。普通の女の子からパリ留学を経て一流レディーに変身するストーリーは、若手娘役からトップ娘役に大抜てきを受けた蘭乃の姿に重なる。映画をきっかけに大流行したサブリナパンツやシャンソンの名曲「バラ色の人生」を歌い上げるなど、映画での大事な要素はそのまま投影させた。清楚(せいそ)で初々しい蘭乃の熱演は好感度も抜群。無限の可能性を秘めた新トップ娘役の誕生だ。

et-20100809-1501.jpg
パリから戻ったサブリナ(蘭乃はな)は純白のイブニングドレスも見事に着こなすレディーに変身していた(撮影・渦原淳)

 フツーの女の子から、誰もが振り返るような美しいレディーへ-。絵に描いたようなシンデレラストーリーは、蘭乃の今の状況とうまく重なり合い、客席をどんどん引き込む。映画から大ヒットしたサブリナパンツや、キュートなショートヘア、ヘプバーンも劇中で口ずさんだシャンソン「バラ色の人生」もそのまま。純白のカクテルドレスを始め衣装の数々も、まるでファッションショーのような華やかさだ。

 「ホントにすてきな衣装ばかりなので衣装負けしないように…と必死です。ただただ光栄で、とてもプレッシャーを感じていますし」。舞台を降りた蘭乃のコメントも初々しいものばかりだ。それもそのはず、まだまだ経験も浅い入団5年目の若手娘役。これからどんな色にも染まれる可能性と純真さを秘めている。

 今年2月、月組から花組に移ってきた。「まず『組替えです』って言われた瞬間、まさか自分にそういうことが降りかかってくるとは思っていなかったので、それだけで衝撃的だったんです。そしたら続けて『桜乃さんの後任についてもらいます』って言われてパニックに陥りました」。その後はすべてが初体験。緊張の連続だった。初めての公演ポスター撮影では「緊張し過ぎてなぜか手が冷たくなってしまったんですけど、手袋をしていても手が冷たいのが分かるぐらい」だったという。

 隣で支えてくれる真飛聖はもちろん、前娘役トップ・桜乃彩音は今もメールや電話で励ましてくれる。「こんな言い方をしたら良くないとは思いますが、最初『私なんかでいいんですか?』ってすごく思い悩んでいて、桜乃さんに改めてごあいさつ申し上げた時に、本当に力強く背中を押していただきました」。
 前任の桜乃もトップ娘役に就任した時は入団5年目だった。あいさつに来た蘭乃の姿が以前の自分の姿とダブったのだろう。「ただただ前を向いて自分ができる事を精いっぱい、がむしゃらにやって。結果は後から付いてくるから」と励まされた。その言葉は「今も私のお守り」とにっこりほほ笑む。コンビを組む真飛からも「私の相手役ではあるけれど『蘭乃はな』個人としても輝く娘役として存在感を持って欲しい」と言われ目が覚めた。「悩んでいる場合じゃない」と。

 必死さが伝わる舞台は好感度も抜群だ。トップ娘役として最高の作品に恵まれ上々のスタートを切った。トップとして2年半のキャリアを誇り、芝居巧者として名高い真飛の横で無限の可能性を秘めたトップ娘役1年生が輝く。


 ◆麗しのサブリナ ニューヨークの大富豪・ララビー家のお抱え運転手フェアチャイルド(夏美よう)には年ごろの娘サブリナ(蘭乃)がいた。ガレージの上に住む彼女は、ララビー家の次男・デイビッド(壮一帆)に夢中だった。ララビー家には2人の息子がいたが性格はまるで正反対。長男ライナス(真飛聖)は仕事一筋のまじめ人間で、デイビッドは生粋のプレーボーイで何度も結婚に失敗していた。デイビッドにまったく見向きもされず、身分違いの恋に身を焦がす娘を心配したフェアチャイルドは彼女を無理やりパリへ留学させる。
 2年後、やぼったかったサブリナは見違えるほど洗練され、美しいレディーになって戻ってきた。ひと目で心を奪われたデイビッドは別の女性との政略結婚が控えていたがサブリナに猛アタックをかける。あこがれの人に思いが通じ夢見心地のサブリナ。しかし、やがて実直な兄のライナスに心引かれていく…。ショー「EXCITER!!」と2本立てで30日まで。


 ☆蘭乃(らんの)はな 5月20日生まれ、東京都杉並区出身。成城学園高を経て06年「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。月組に配属となり同年、阪急電鉄の初詣でポスターモデルを務めた。08年「夢の浮橋」で新人公演初ヒロイン。今年2月、「HAMLET!!」のオフィーリア役でバウ初ヒロイン。同26日付で花組に組替えとなり、桜乃彩音の退団に伴いトップ娘役に。宙組の新進娘役で同期のすみれ乃麗は双子の妹。身長163センチ。愛称「らん」。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

プレシャス! 宝塚
プレシャス! 宝塚
夢の舞台を創り続けて90年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で夕カラジェンヌは日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている。連載「プレシャス! 宝塚」では、そんな夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. プレシャス! 宝塚

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです