日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年12月05日

計算通り堺ハマリ役

◆武士の家計簿(日)

 私は子供の時に4年間ほどそろばんを習っていたが、この計算道具にスポットを当てた映画は記憶にない。江戸時代には庶民が寺子屋でそろばんを学ぶようになり、普及率が高まっても、時代劇の主役は真剣を操る武士であり、華麗な殺陣が定番クライマックスだ。

 この映画は江戸時代終盤の下級武士を主人公にしながらも、刀を抜くシーンは1度もなく、血は飛び散らない。そろばんに秀でた御算用者(経理係)の家族物語は、新たな時代劇のスタイルを切り開いた。

 配役がいい。主演の堺雅人は、早大中退。運動があまり好きでなく、将来は官僚志望だったというエピソードも、知的な雰囲気を漂わせる。劇中で家計簿をつけ、そろばんで収支を計算する姿は、堺の賢いイメージと重なり、妙にリアル感がある。最近の映画でも「クライマーズ・ハイ」の新聞記者役、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の救命医役、「クヒオ大佐」の結婚詐欺師役など、頭が切れるキャラクターを好演。今回の“そろばん侍”も間違いなくはまり役だ。

 武家の借金が膨大になったため、家財を売り払い、家族全員で質素倹約をして、家計を立て直すという物語。無駄な出費を減らす努力は、痛みを伴う。主人公の両親を演じる松坂慶子と中村雅俊が、思い出の品を名残惜しそうに手放していくシーンは、実にコミカル。ぜいたくに慣れた武家が貧乏を強いられながらも、前向きに生きようとする姿勢は、不況が続く現代でも参考になりそうだ。【柴田寛人】

(このコラムの更新は毎週日曜日です)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

この一本

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. この一本

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです