日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年5月31日

ど真ん中直球の熱さ楽しめる

「ルーキーズ 卒業」(日)

 その昔から、青春ドラマにはスポーツが不可欠だった。東京都知事・石原慎太郎原作の「青春とはなんだ」(65年=日本テレビ)ではラグビーが、千葉県知事になった森田健作主演の「おれは男だ!」(71年=同)では剣道が、それぞれ高校生活の大きなアクセントとして登場した。

 「ルーキーズ」では、もちろん高校野球。甲子園は「奇跡の逆転劇」「連投のエース」「ゴジラ」など、現実世界のドラマを数々生んできたが、フィクションである今作は「これでもか」というほどにアツいドラマに仕上げている。

 「夢」の大切さを説く熱血教師。その愚直なまでのまっすぐな生き方には、今どきのリアル高校生なら引いてしまうだろう。しかし、映画だからこそ、そのアツさをとことん楽しめる。

 汗、友情、けんか…。青春ドラマの王道が、観客に向かって、ど真ん中の直球を投げ込んでくる。やはり、青春ドラマとスポーツは、切っても切れない関係なのだ。

 佐藤隆太、市原隼人ら出演者が公開前のイベントで甲子園にやってきたとき、ユニホーム姿のメンバーに、スタンドの女性ファンの多くは我を忘れ、夢の世界に浸っていた。

 「こんな頭で高校野球?」といったツッコミはこの際、やめておこう。ニコガク野球部の最後の勇姿を素直に味わいたい。【三宅敏】

(このコラムの更新は毎週日曜日です)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

この一本

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. この一本

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです