日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


プレシャス!宝塚のイメージ画像

夢の舞台を創り続けて90年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で夕カラジェンヌは日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている。連載「プレシャス! 宝塚」では、そんな夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

プレシャス!宝塚は以下のURLに移転しました。
(http://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/)

最新記事はこちらから→

大型新人は度胸満点/芹香斗亜

10年10月18日 [14:11]

 入団4年目の星組男役・芹香斗亜が、新人公演主役に大抜てきされた。26日、宝塚大劇場で行われる「愛と青春の旅だち」の新公でハリウッドスター、リチャード・ギアも演じた若き海軍士官生ザックを演じる。これまで本公演では一言のセリフを言ったこともない。新公でも歌を披露したのはわずか2小節。それでも身長173センチという恵まれた体格、キラキラとした目の輝きには天性の華がある。父親は阪急、阪神でプレーした野球解説者の山沖之彦氏、母親は元タカラジェンヌ。偶然にも導かれたタカラヅカの舞台で、大きな花を咲かそうとしている。

101018-1501.jpg
新人公演初主役に大抜てきされた芹香斗亜。「もちろん不安ですが、今はもうやるしかない! って感じです」と初々しさいっぱい

 大劇場でのセリフ経験がなくても、天性の華やかさがある。173センチと男役として恵まれた体格に長い手足。舞台での生き生きとした表情はどこにいても目立つタイプだ。もちろん、初主役にはびっくり仰天だった。

 「本当にまさか! です。母は“どうしよう?”って言って電話越しに泣いていました。私だって現実的に考えたら不安でしかないんですが、でも今は“やるしかない”と」。

 母は、元雪組トップで女優の杜けあきらと同期で、男役として活躍した白川亜樹。芹香も母の影響で物心付く以前からタカラヅカの舞台には触れていた。しかし「当時は“自分も立ちたい”なんてまったく思っていませんでした。タカラヅカは見る物と決めていた」幼少時代だった。小学校入学後は観劇すらやめてしまっていたほどだ。

 しかし、中学3年の夏、友人に誘われ何年かぶりに観劇。彩輝直(現在は彩輝なお)のお披露目公演「飛鳥夕映え」で、その華やかさと「歴史も分かるし、おもしろい!」と独特の感性でハマり、劇場通いを再開したという。

 その後の展開は早かった。観劇を再開してからわずか半年。ファンの域を出なかった芹香が受験を決めたのは1月20日の誕生日。今もはっきり覚えている。「それまで仲の良かった友人から、アメリカに1年間留学するって告げられたんです。彼女とは小中高といつも一緒で。私はそれまでまったく将来の事を考えたこともなかったのに、身近な友人が『アメリカに行く』って決めてたことに刺激されて“私も何かしなきゃ!”って」。

 ユニークな動機だが、思い立ったら即行動! だった。すでに、その年の音楽学校への願書受け付けは始まっている。兄がネットで受験要綱を調べてくれた。母は「大変だ!」と、その足で知り合いの声楽の先生に頼み込んでくれた。いつも物静かな父は「好きなようにやりなさい」と背中を押してくれた。「母はその日の晩、あまりの出来事におなかが痛くなったらしいです(笑い)」。しかし、わずか2カ月の猛準備で難関を突破。入学した時は「50人中47、48番だった」という成績も卒業する時は中位に。自宅からの通学だったため朝5時起床の毎日だったが皆勤賞も受賞するほどの努力家だ。

 さまざまな偶然が重なり踏み出した道だが、今大きなチャンスをつかもうとしている。「舞台度胸だけはあるかも知れません。何もできないクセに試験の時はすごく楽しかったし、緊張感が楽しいというかワクワクしてくるんです」。初めてづくしの新公主役。例えようもない緊張感をも力に変える、頼もしい若手スターが誕生しそうだ。

 ◆「愛と青春の旅だち」ストーリー 母は自殺、軍人だった父の感覚にはついていけない少年ザック(芹香、本役・柚希礼音)。フィリピン駐在の父に引き取られたが、愛人2人と暮らし、アルコールにおぼれる父の元で暮らすザックは幸せとはほど遠かった。

 大学を卒業した彼は堕落した父と決別し海軍士官となるため養成学校に入学する。しかし、パイロットになるためには6年間、特に最初の13週間の厳しい訓練に耐えなければならない。

 養成学校に入学したザックは脱落者を生むことに喜びを感じる鬼教官・フォーリー(真風涼帆、本役・凰稀かなめ)の元、仲間とともに厳しい訓練に立ち向かう。しかし、小さいころから友人もいなかったザックには集団行動する力や仲間への思いやりが欠如していた。そんな中、基地近くの製紙工場で働くポーラ(音波みのり、本役・夢咲ねね)と知り合い不器用ながら恋愛や友情に目覚めていく。本公演は11月8日まで。

 ☆芹香斗亜(せりか・とあ)1月20日生まれ、神戸市出身。神戸海星女子学院中を経て07年「シークレット・ハンター」で初舞台。今年7月から、宝塚歌劇の専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の案内役スカイ・フェアリーズを務めている。身長173センチ。愛称「キキ」。

このコラム記事には全0件の日記があります。

プレシャス!宝塚の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら