日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2011年3月08日

歴史に残る「最悪の司会コンビ」

 先月27日に開催された今年のアカデミー賞はおよそ下馬評通りの結果に終わりましたが、今話題となっているのは、若者の視聴者を取り込もうという試みで史上最年少で司会に抜擢されたアン・ハサウェイとジェームズ・フランコの相性の悪さ。ハリウッドを代表する若手女優と俳優の2人だけに、周囲の期待も大きかったはず。しかし、蓋をあけてみると視聴率は前年よりもダウンし、史上4番目の低視聴率となり、「史上最悪の司会コンビ」のレッテルを貼られてしまいました。

 米メディアは視聴率低迷を2人の司会ぶりだと非難。特にジェームズ・フランコには、「つまらなそうで、やる気のない態度だった。賞を盛り上げようという意思が感じられなかった」と非難が集中しています。そして、もっとも話題になっているのが、2人の相性の悪さ。一生懸命ハイテンションで授賞式を盛り上げているハサウェイの隣で、目も合わさずにしらけモード丸出しのフランコ。このまるで息のあわない2人の司会は、実はリハーサルの時点から始まっていたようです。

 フランコは授賞式前のインタビューで、「自分は俳優で司会は素人だから、まわりも多くのことを望んでいないはず」と語っていましたが、その態度にリハーサル中からハサウェイはキレまくっていたと言います。「素人だから」と常にマイペースぶりを貫いていたフランコに対して、「協調性がなさすぎ」と激怒。リハーサルの途中から2人は互いに罵り合い、周りは常にギスギスした雰囲気となっていたそうです。そして、それがそのまま授賞の司会につながってしまったとメディアは伝えています。

 オープニングでは、ハサウェイとフランコが作品賞にノミネートされた「インセプション」をパロディーにして、夢を見ながら他の作品賞ノミネート作に登場しつつ作品を紹介する爆笑ビデオに登場して会場の笑いを誘ったものの、その後はまったくかみ合わない司会ぶりだけが目立ってしまいました。そのため、このパロディーにひっかけて、エンターテイメントサイトDeadline.comの編集長は、「夢のようなというよりも、悪夢のようなショーに終わった」とコメント。ほかにも、「史上最悪の授賞式の一つ」といった意見や、「リスクを恐れた保守的な内容だった」という手厳しい意見が相次いでいます。

 酷評されたフランコは、授賞式が終わるとアフターパーティーにも出席せずに、自宅のあるニューヨークにさっさと戻ってしまいました。ハサウェイはパーティーで思いっきり弾ける姿が目撃されていただけに、2人が猿の仲という噂はもっぱら嘘ではなかったようです。フランコは自らアフターパーティーを主催していたにも関わらず、それも欠席してニューヨークに戻ったことについて、「大学の授業があったから」と説明していますが、関係者は「司会がうまくいかなかったことにムカついたからではないか」とコメントしています。

 ハサウェイは「レイチェルの結婚」で元薬物中毒者を演じてアカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど、女優として高い評価を受けており、売れっ子若手女優の筆頭。一方のフランコも、「スパイダーマン」のハリー役で名を馳せ、今年は「127時間」で主演男優賞にもノミネートされるなど、今もっとも忙しい俳優の一人と言われています。そんな2人もアカデミー賞の司会という大役を務めるには、少々若すぎたのかもしれません。互いにリハーサル中から犬猿の仲だったことを否定していますが、何はともあれ、アカデミー賞の歴史に残る司会ぶりだったことだけは間違いないようです。

(このコラムの更新は毎週火曜日です)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハリウッド直送便
千歳香奈子(ちとせ・かなこ)
 1972年、札幌生まれ。92年に渡米しシアトル大学付属語学学校に入学。93年サンタモニカ大学に入学し、写真を専攻。95年に同大学を卒業後、ロサンゼルスでテレビのコーディネーターなどを経験。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月から、ロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。2008年1月末に学研より新書「ハリウッド・セレブ」を出版。
公式HPはこちら

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. ハリウッド直送便

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです