日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2011年1月18日

時代は“ローリスク・ハイリターン”

 世界的な金融危機は、ハリウッドにも依然として大きな影響を及ぼしています。大物スターを起用した超大作映画が減少し、経費をかけないインディペンデント系の作品に注目が集まり始めました。総製作費1万5000ドルで昨年製作された「パラノーマル・アクティビティ」が1億ドルを超える興行を稼ぎ出したことは記憶に新しいですが、これほどのサプライズはないにしても、そんな低予算映画から近年は大ヒット作が生まれる傾向が強まっています。

 昨年はサンドラ・ブロックがアカデミー賞主演女優賞に輝いた「しあわせの隠れ場所」が、米国内だけで2億5600万ドルの興行収入を記録しましたが、この作品の予算は2900万ドルといわれています。同年に公開された「トランスフォーマー/リベンジ」が製作費2億ドルに対して4億20万ドルの興行だったことを考えると、大ヒットといえるでしょう。一昨年はアカデミー賞作品賞に輝いた「スラムドック$ミリオネア」が1500万ドルの製作費で1億4100万ドルを稼ぎ出し、07年はアカデミー賞にノミネートされた「Juno/ジュノ」が同じく低予算ながら1億4400万ドルの興行を記録しています。

 そして今年は、16日に発表されたゴールデン・グローブ賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞に輝いた「ブラック・スワン」が次なる大ヒットの可能性を秘めていると、ロサンゼルス・タイムズ紙は伝えています。昨年12月3日に限定公開されされた同作は、賞レースの盛り上がりとともに評判が口コミで広がり、現時点で7299万ドルの興行を記録。ポートマンのゴールデン・グローブ賞受賞に続き、来週発表されるアカデミー賞でもポートマンのノミネートが確実視されているだけに、1億ドル突破は確実です。オスカーの行方とともに同作への注目度はさらに上がると予想されるだけに、今年最初のヒット作となることは間違いないでしょう。

 「ブラック・スワン」は踊りに人生を捧げるニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナが、「白鳥の湖」の主役を巡りライバルとねじれた友情を発展させ、強いては狡猾(こうかつ)で妖艶な黒鳥を踊るために自らのダークサイドを見いだそうと精神を崩壊させていく物語。昨年のヴェネチア国際映画祭で上演され、ポートマンの驚異的な演技が大絶賛されていました。ポートマンは同作で振り付けを担当したダンサーのベンジャミン・ミルピエの子供を妊娠中。ダブルのおめでたとなりました。

 多額の予算を投じても収益が回収できない作品が増えている中、リスクが少ない低予算映画はハリウッドの救世主となるか。今後の動向に注目です。

(このコラムの更新は毎週火曜日です)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハリウッド直送便
千歳香奈子(ちとせ・かなこ)
 1972年、札幌生まれ。92年に渡米しシアトル大学付属語学学校に入学。93年サンタモニカ大学に入学し、写真を専攻。95年に同大学を卒業後、ロサンゼルスでテレビのコーディネーターなどを経験。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月から、ロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。2008年1月末に学研より新書「ハリウッド・セレブ」を出版。
公式HPはこちら

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. ハリウッド直送便

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです