日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年2月17日

マドンナの日本人バックダンサーにインタビュー!!

 米ビルボード誌が発表した08年の音楽アーティストの収入ランキングで、2億4217万ドルを稼ぎ、堂々の1位に輝いたマドンナ。昨年はアルバム「ハード・キャンディー」が全世界で300万枚を突破し、ワールド・ツアー「スティッキー&スウィート・ツアー」も大成功。追加公演も決まったばかりですが、このツアーには日本でも話題となった日本人のダンスユニット「はむつんサーブ」以外に、実はもう一人、日本人ダンサーKento Moriが出演していました。

 はむつんサーブは、ダンサーを探していたマドンナが自らYouTubeで発掘して起用。日本人アーティストとして初めてマドンナのコンサートのオープニングアクトを務めたとして日本でも話題になっていましたが、Moriはアメリカで行われたオーディションを勝ち抜いた実力派。はむつんサーブと共に初の日本人アーティストとして参加したマドンナのツアーを終えたばかりのMoriに、インタビューしました。

 去年2月に所属するエージェントを通じてオーディション情報があり、ロサンゼルスで2日間に渡って行われたオーディションに参加。1000人を超えるダンサーの中から唯一の日本人としてマドンナのバックダンサーの座を得たMori。

 「マドンナも3次審査から参加しました。踊り終わった後で、“グッド”と僕に向かって合図してくれたので、かなり手ごたえがありました。終わった後で挨拶した時に、“今日の中であなたがベストだったわよ”と言ってもらったことはとても良く覚えています。マドンナにすべての決定権があるので、彼女に気に入ってもらえたことは嬉しかったですね」

 ツアーでは、「Music」など5曲に参加。8月に英国からスタートし、欧州、北米、南米を回ったツアーは、昨年末まで4ヶ月間に渡って続きました。ディーバ、マドンナのバッグダンサーはさぞかし、気苦労も多かったのでは?と勝手に想像していましたが、実際にはとても謙虚でスタッフ想いなのだとか。

 「僕にとってはとても良い人という印象しか残っていません。クイーンという世間一般のイメージがありましたが、実際には愛があって、とても謙虚な人。プロフェッショナルで、誰よりも独力を惜しまない。ダンサーを一人のアーティストとして見てくれる。私の人形というのではなく、一緒にステージを作るという雰囲気が感じられる現場でした。セレブが集るパーティーにも必ずダンサーやバンドのメンバーも呼んでくれる。ダンサーとして手に入る給料も、世界最高の額だと聞きました。ホテルも移動もすべてが想定外の扱いで、一度マドンナと仕事をすると、他の仕事ができないと業界では評判なほど、扱いは最高に良かったです」

 ツアー中もっとも印象に残ったのは、マドンナの前でマイケル・ジャクソンを披露したことだったそうです。

 「ロンドンのクラブで行われたマドンナの50歳の誕生日パーティーが一番印象に残っています。娘さんがピアノの弾いて、旦那さんがスピーチしたりしました。本当に親しい人たちだけが参加したパーティーでしたが、そこでマイケルを踊ったんです。マドンナはパーティーで自分のダンサーにリクエストして踊らせるのが好きなんですが、そこで”Kento踊って”と言われて。俺がマイケルを好きなことを知っているDJがマイケルの曲をかけてくれたので、即興でマイケルをやったんです。マドンナの前でマイケルをやって良いのかな?とちょっと思ったんですけど、マドンナは手を叩いて喜んでくれました」

 ダンスを始めたきっかけは憧れのマイケル・ジャクソンでした。そのマイケル仕込みのダンスをマドンナに認めてもらえたことが、一番嬉しいことだったと言います。

 「ローマのパーティーでも、マドンナが自らマイケルの曲をかけて、踊ってといわれて。僕をケント・ジャクソンって呼ぶんですよ。あとは、かつてマイケルと仕事をしていた振付家やディレクターたちと一緒に仕事ができたということは、本当に大きな財産になりました。映像で見ていた人たちと一緒に食事をして仕事をして、夢が叶った気分でした」

 マイケルを崇拝するMoriは、05年4月に単身でロサンゼルス留学。留学直後からNBAのハーフタイム・ショーやミュージックビデオなどでダンサーとして活動を始め、わずか数年でマドンナのバックダンサーという大きなチャンスを手にしました。今夏からはマドンナの追加公演に再び参加することが決まっている他、映画「Squeegee Lo」への出演も決まり、俳優デビューも果たす予定です。

 「ダンスの技術的なことは実は18歳まで習ったことはなかったんです。東京のダンススタジオに通って本格的に習い始めましたが、すぐに何か違うと思いました。そんな時に訪れたロサンゼルスに魅了され、年に何度か訪れるようになりました。子供の頃からずっとマイケルの曲を聴いて、ビデオを毎日観ていたので、感性は幼い頃から養われていたのだと思います」

 将来の夢は、マイケルのようなスーパースターになること。渡米3年弱でつかんだビッグチャンスを足がかりに、憧れのマイケルと仕事できる機会を狙っています。

 「今の夢はマイケルと一緒に仕事をすること。叶ったら死んでも良いですね(笑)。マイケルがまだ仕事ができる状態なら、彼自身の目で俺を見て、俺を使いたいと言ってもらうことが今の夢ですね」

 Kento Moriの挑戦はまだ始まったばかり。今後のさらなる活躍に期待したいです。

(このコラムの更新は毎週火曜日です)

T-hollywood-l_ce58cb0031754c7a861ea744f13e15fe.jpg


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハリウッド直送便
千歳香奈子(ちとせ・かなこ)
 1972年、札幌生まれ。92年に渡米しシアトル大学付属語学学校に入学。93年サンタモニカ大学に入学し、写真を専攻。95年に同大学を卒業後、ロサンゼルスでテレビのコーディネーターなどを経験。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月から、ロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。2008年1月末に学研より新書「ハリウッド・セレブ」を出版。
公式HPはこちら

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. ハリウッド直送便

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです