日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2008年9月23日

エミー賞ノミネート!徳永優子さんインタビュー

 第60回プライムタイム・エミー賞授賞式が21日、ロサンゼルスのダウンタウンで開催されました。エミー賞については先週のコラムで触れたばかりですが、今年の注目はなんと言っても「アウトスタンディング・ヘアースタイリング」部門で、日本人として初めてノミネートされた徳永優子さんです。ABCテレビのドラマ「Pushing Daisies」で手がけた髪に場面にあわせた特殊加工を施すエフェクトデザインが認められてのノミネートとなりました。

 エミー賞では、これまでメイクアップ・アーティストのカオリ・ナラ・ターナーさんが、03年にドラマ「エイリアス」で日本人として初のエミー賞を受賞しているほか、昨年は日本でも人気のドラマ「HEROES/ヒーローズ」に出演するマシ・オカが助演男優賞にノミネートを果たしています。

 徳永さんは16歳から京都で着物を学び、美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌、テレビ、映画等で幅広い活躍した後、渡米してロサンゼルス近郊のカレッジに留学。その後、渡辺謙ら日本人俳優も出演した「SAYURI」で着物コンサルタントを務めたことがきっかけとなり、ハリウッドで本格的に活躍するようになりました。そんな徳永さんに授賞式直前にインタビューしました!

 ノミネートは発表当日の朝、携帯電話に友人からお祝いメッセージが入っていたという徳永さんは、何が起きたのかまったく分からず、撮影現場で鏡に口紅で大きく「Congratulations!(おめでとう)」と書かれてあるのを見て、ようやく自分のノミネートを理解したのだとか。

 「良い番組だったので、ラッキーです。実は賞のことなど無頓着で、どうやったら取れるのかとかぜんぜん分からなかったんです。皆さんが一度は取ってみたい名誉のある賞なんだと、自分がノミネートされて初めて知りました。それをポロンともらちゃって(笑)。皆さん何十年もかかると聞いていますので、早いうちに名誉なことになって、本当に不思議な気持ちです」と、まずは率直な気持ちを明かしてくれました。

 テレビ界でもっとも栄誉あると言われるエミー賞ノミネートは、一夜にして周囲の環境を変えてしまうほどの威力があります。

 「映画を10個、20個やっても、ただクレジットを並べるだけ。この業界で仕事をしていれば増えていくのは当然ですから。でもノミネートとか、賞をもらったということは、評価がグローバルに伝わります。こんなに変わるものなんだと率直に思いましたね。一夜にして違う世界とまではいきませんが、それに近いですね。ノミネートされたというだけで、急に仕事が増えるし、周りの私に対する扱いが違うので(仕事が)やりやすくなりましたね。女優さんもノミネートされた人を離したくないですから、優子どこにも行かないで!と(笑)」。

 日本を飛び出し、アメリカで学んだことは多かった。

 「勉強しながら、異国の文化を知りながら、アメリカを理解していく日々でしたね。それを仕事を通じてできているので一石二鳥かな。この世界に入ってみて初めて、日本人のハードルが高いという理由が分かりました。スランプ、発見、驚きがあって、ようやく日本とアメリカを上手くブレンドした優子らしい、自分らしいものが素直に出せるようになりました。そのタイミングでのノミネートでした。これで“和装しかできない優子”というイメージの壁がやっと取っ払われたと思います。自分は色々なことをやりたいのに、周りはレッテルを貼る。だからそこが自分の中で一つのゴールでした」

 刺激のある環境は心地が良い。

 「何ができるの? 何を出せるの? という中で仕事ができるのは幸せです。個々のアーティストが持っているものを監督が上手く引き出して、プロダクションがまとめる。日本とは違って、良い意味で吸い取られるだけ、吸い取られますね。日本では持っていると嫌がられ、型にはめたがる傾向がありますが、ここはぜんぜん違います。素晴らしい感覚の人間が集まり、喧嘩にもなりますけど、情熱を持っている人間に会えるし、挑戦することができます」

 残念ながら今回は受賞は逃しましたが、このノミネートがきっかけとなり、ハリウッドでのさらなる飛躍を期待したいと思います。

(このコラムの更新は毎週火曜日です)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハリウッド直送便
千歳香奈子(ちとせ・かなこ)
 1972年、札幌生まれ。92年に渡米しシアトル大学付属語学学校に入学。93年サンタモニカ大学に入学し、写真を専攻。95年に同大学を卒業後、ロサンゼルスでテレビのコーディネーターなどを経験。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月から、ロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。2008年1月末に学研より新書「ハリウッド・セレブ」を出版。
公式HPはこちら

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. ハリウッド直送便

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです