日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2008年4月22日

大ヒット!ジャッキー&ジェットが初共演

 ハリウッドで人気の2大アクションスター、ジャッキー・チェンとジェット・リーが初共演した「The Forbidden Kingdom(邦題:ドラゴン・キングダム)」が、週末3日間で2090万ドルの興行収入を記録し、初登場1位に輝きました。

 20年来の親友という2人ですが、意外にも共演は初めて。マーシャルアーツ作品としては約4年ぶりの大ヒット作となり、改めて2人の人気の高さがうかがえます。

 同作品は、中国の2大スターの共演というだけでなく、ワインスタインCo.が立ち上げたアジア作品のリメークやアジアを題材にした作品のためのアジアン・フィルム・ファンドの第1弾としても注目を集めていました。同ファンドは、「イングリッシュ・ペイシェント」などを手がけたハーヴェイ、ボブ・ワインスタイン兄弟が昨年、債権と株式で2億8500万ドルを集めて設立したもの。その第1弾にふさわしい、2大スターの夢の共演で贈るファンタジーと東洋アクションが融合した作品となっています。

 製作費7000万ドルといわれる同作は、西遊記をモチーフにしたもので、米国人少年がひょんなことから中国にタイムスリップし、ジャッキーやジェットと共に悪の将軍に捕らわれている孫悟空を助ける旅に出る冒険物語。もちろん、2大スターの豪華アクションシーンも満載です。2人の対決シーンは、「グリーン・デスティニー」や「マトリックス」で知られる武道指導者ユエン・ウーピン氏が担当しているだけあり、激しいアクションの連続に瞬きする暇もないほど。

 撮影中、互いに気合が入っていたようで、動きが早すぎて観客が動きについていけないと、監督から「スローダウン」の指示が出て、編集でも速度を落としたと言われています。ジャッキーはインタビューで、「まるでダンスするように動いていた。あ・うんの呼吸だった」とジェットとの初共演の感想を述べています。一方のジェットも、対決シーンを「卓球のようだった」と表現。息の合った本気対決に注目です。

 アジア・フィルム・ファンドでは、今後も黒澤明監督の名作「七人の侍」のリメークや、渡辺謙が出演することが発表されている「Shanghai」など、目玉作品の製作が次々と発表されています。現在、劇場用作品20本以上が企画中といわれており、今後も次々と面白そうなアジアンテイストの作品が登場することでしょう。

(このコラムの更新は毎週火曜日です)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハリウッド直送便
千歳香奈子(ちとせ・かなこ)
 1972年、札幌生まれ。92年に渡米しシアトル大学付属語学学校に入学。93年サンタモニカ大学に入学し、写真を専攻。95年に同大学を卒業後、ロサンゼルスでテレビのコーディネーターなどを経験。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月から、ロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。2008年1月末に学研より新書「ハリウッド・セレブ」を出版。
公式HPはこちら

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. ハリウッド直送便

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです