日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2006年9月26日

日本でのハリウッド映画の低迷と邦画の好調

 邦画ブームに沸く日本で「21年ぶりにが洋画を上回る見通し」という記事を目にしました。確かにこの数年、日本では「ハウルの動く城」や「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」など興行100億円を超える作品が次々と現れ、邦画ブームを牽引。今や完全にハリウッド映画は邦画に押されているのが現状と言えるでしょう。

 ハリウッド映画と言えば、これまでは日本は本国アメリカに次ぐ消費国であり、ある意味良いお得意様でした。ハリウッド業界人も「日本人はハリウッド映画が好きだ」と思っていますし、「日本で売れてなんぼ」とそろばん勘定を弾いている節もあります。世界各国のマスコミが集まるジャンケットと呼ばれる映画取材の時、インターナショナル(本国米国以外のマスコミ)の過半数近くが日本人ライター軍団だったり、日本人マスコミ限定の取材日があったりと、各映画会社とも日本のPRにかなり力を入れているんだと改めて感じる場面をこれまで何度か経験してきました。

 ハリウッドも近年は邦画のリメークが相次ぎ、こちらで公開される邦画も年々増えています。それでも邦画はまだまだマイノリティー。一般に邦画が受け入れられる土壌はまだそろってはいません。そんな中、今日のロサンゼルス・タイムズ紙に日本におけるハリウッド映画の低迷と邦画の好調ぶりを伝える特集記事が掲載されていました。とても興味深い記事で、ますますハリウッドにおける邦画の注目度が上がっていることを感じさせるものでした。

 “Old Hollywood, new Japan”と題された記事は、アニメや人気テレビドラマの映画化などが邦画ブームの引き金になっていると、フジテレビのプロデューサー、亀山千広氏のインタビューと共に紹介しています。

 この記事によると、昨年日本では92年以来過去最高となる356本もの邦画が制作されたという。昨年は全興行収入に占める邦画のシェアが8年ぶりに40%を突破したという記事を今年の初めころに読んだ記憶があり、なるほどと改めて制作されている邦画の多さに驚かされました。当然ながらハリウッド映画は日本で軒並み苦戦を強いられています。昨年の目立ったハリウッド映画と言えば「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の115億円くらい。今夏も「日本沈没」や「LIMIT OF LOVE 海猿」、アニメ「ゲド戦記」など、邦画の大作が目白押しで好調であると伝えています。そんな中でもジョニー・デップは別格であり、ジョニデ作品はコンスタントにヒットをしていることや、「ダヴィンチ・コード」など一部の大作は日本でもヒットしてる現状などを細かに報じています。

 確かに最近のハリウッド映画はシリーズ化やリメーク、ワンパターンな展開、内容のないド派手なCGやアクションだけが見どころと言ったものが多く、エンターテインメントとして純粋に楽しめる作品や心を奪われるような素晴らしい作品は少なくなっているような気がします。それに比べ、邦画は面白いと感じるものが増えているのは事実。ハリウッド映画のマンネリ化は本国でも以前から指摘されています。面白い脚本が少なく、過去の作品や外国作品のリメークに頼り、1度ヒットするとすぐに続編を作る。オリジナリティーにかけること主な要因です。

 「日本人は笑ったり、泣いたりする映画を求めている。身近なキャラクターを求めている。日本人のシュワルツェネッガーはいらない」と、インタビューの中で亀山氏は語っています。確かにそうかもしれません。現実離れしすぎたハリウッド映画よりも、身近な話題を描いた邦画の方が共感できる。邦画にあってハリウッド映画にないものは、そういう心の部分なのかもしれないと改めて思いました。派手な爆破シーンや人がたくさん死ぬことはないけれど、見終わった後で心が暖かくなったり楽しい気分になる。邦画にはそんな要素があります。また若者を意識した作品も多く作られるようになり、シネコンの発展と共に新たなエンターテインメントとして邦画が受け入れられるようになってきたこともあるでしょう。

 もちろんハリウッド映画にもコメディーはあるが、文化の違いで日本人とは笑いのツボがあわないことも多いので、ヒットはあまり望めません。かつては人気スターが出演していただけでよかった時代もありましたが、メディアが多様化する中それだけでは大ヒットさせることは難しくなっています。

 日本だけでなく、本国でも興行収入は年々減少傾向にあります。高騰する制作費、海賊版などの問題を理由にあげる人も多いですが、根本的なネタ不足は深刻。これから年末にかけて、来年のアカデミー賞を狙う作品の公開が控えています。ここで巻き返しを図ることができるのか注目です。

(このコラムの更新は毎週火曜日です)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハリウッド直送便
千歳香奈子(ちとせ・かなこ)
 1972年、札幌生まれ。92年に渡米しシアトル大学付属語学学校に入学。93年サンタモニカ大学に入学し、写真を専攻。95年に同大学を卒業後、ロサンゼルスでテレビのコーディネーターなどを経験。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月から、ロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。2008年1月末に学研より新書「ハリウッド・セレブ」を出版。
公式HPはこちら

最近のエントリー






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. コラム
  4. ハリウッド直送便

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです