日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2011年1月24日

センバツ出場校をズバリ言うわよ2011(4)

 いよいよ今週28日に発表です!最終回は九州と21世紀枠です。

九州(4)/鹿児島実(鹿児島)、九州国際大付(福岡)、九州学院(熊本)、波佐見(長崎)

 優勝校の鹿児島実、準優勝の九州国際大付(福岡)、ベスト4の九州学院と波佐見が順当に選ばれそうだ。

 昨夏に続く出場となる鹿児島実と九州学院の好打者トリオには注目したい。
 鹿児島実は浜田竜之祐三塁手(2年)、揚村恭平一塁手(2年)のクリーンアップだ。浜田は甲子園で二塁打を放つなど5番打者として活躍した。180センチ、98キロの揚村は右打ち。秋はやや精彩を欠いていただけに、春以降の爆発を期待したい。

 九州学院は萩原英之三塁手(1年)が健在だ。昨夏の甲子園では清原和博(PL学園-西武など)以来となる1年生4番打者ホームランを放った。秋は九州大会の唐津商(佐賀)戦でも放り込んでいる。現在は一塁から三塁へ転向し、守備でもレベルアップを目指している。

 九州国際大付と波佐見は初出場初白星を狙う。

21世紀枠(3)/佐渡(新潟)、西都商(宮崎)、松阪(三重)

 最終候補に残ったのは遠軽(北海道)、大館鳳鳴(秋田)、大田原(栃木)、佐渡(新潟)、松阪(三重)、守山(滋賀)、総合技術(広島)、徳島城南(徳島)、西都商(宮崎)の9校。東日本(北海道~東海)、西日本(近畿~九州)で1校ずつ、そこで漏れた学校から1校が選ばれる。

 東日本からは佐渡と予想する。困難克服度は9校の中でも屈指だろう。佐渡島は本土から事前予約が必要な高速船で1時間、カーフェリーで2時間半かかる。それぞれ2時間に1本ペースで出航しているが…。例えば5月に島外で練習試合があったとする。帰りは新潟港発19時半のカーフェリーに乗らなければならず、佐渡の港(両津港)到着は22時と遅い。荒井翔也三塁手(2年)は佐渡島の北部出身。彼の場合は帰宅が深夜0時近くなってしまうという。佐渡は昨秋初めて北信越大会に出場した。135キロ右腕・鎌田侑樹投手(2年)は予選全7試合で完投した。64回で22四死球というコントロールの良さが光る。また深井浩司監督は丸子実(現・丸子修学館)時代に主将を務めた経歴を持つ。
 
 西日本は各校ともインパクトが強く、なかなか難しいところ。それでもやはり西都商には注目したい。部員12人で甲子園-。過去に池田イレブンや77年春の中村(12人=高知)の例があるが、最近20年では01年夏の塚原青雲(長野、現・創造学園大付)の17人が最少だ。平成の『二十四の瞳』の西都商は、県大会で日南学園などを破り準優勝を果たした。まさに総力戦、何度も守備変更を行う粘り勝ちを続けた。攻守の柱である新名祐哉捕手(2年)だけは不動だった。平均身長は170センチを下回る、普通の県立高校野球部。部員不足に悩む全国の学校にとっては大きな励みである。西都商も1年生部員は2人だけと存続が危ない状況だ。

 焦点は試合内容と戦力。21世紀枠は実力重視の傾向も見られ、●3-13延岡学園(宮崎県大会決勝)、●2-9藤蔭(九州大会2回戦)の戦いぶりをどのように判断されるか。昨年西都市を口蹄疫が直撃したが、最近隣接する新富町で鳥インフルエンザ感染が確認されたばかり。地元へ明るいニュースを届けたい。 
 
 残り1校に松阪を選んだのは、推薦理由のかぶらない進学校であること。そして過去2年は3校目が西日本なので、今年は東日本と予想し、なおかつ東海地区は10年で成章(愛知)しか選ばれていないためだ。松阪は12試合で14失策、37失点のディフェンス力が光る。竹内諒選手(1年)は打っても3番、投げても178センチ左腕としてチームを引っ張る。

(ノート)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

矢島彩「アマ〜い野球ノート」
矢島彩(やじま・あや)
 1984年、神奈川県生まれ。5歳くらいから野球に夢中になり、高校時代からアマチュア野球中心に本格観戦を開始。北海道から沖縄まで飛び回り、年間150試合を観る。今春、めでたく都内の大学を卒業したが就職はペンディングし、今年も大好きな野球を追いかける。取材先の監督さんたちからは「若いころの(失礼!)薬師丸ひろ子に似てるね」と言われ、かわいがられているようだ。大好物のオムライスをお腹に詰め込んで、今日も球場に行ってきま~す!

最近のエントリー





野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. 矢島彩「アマ〜い野球ノート」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです