日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年4月26日

明大が「バズーカ」で早大・大石を攻略

 試合後の静まり返った神宮球場。一塁側通路に「よっしゃー」という明大野球部員の歓声と拍手が響き渡った。早大から4季ぶりの勝ち点。今回も2年生が勝利に大きく貢献した。

 24日の1回戦、1-0で迎えた7回裏。2死二塁で上本崇司二塁手(2年=広陵)が打席に入る。マウンドには早大・大石達也投手(4年=福岡大大濠)。この日も150キロ台を連発している。

 「初球が速すぎて見えなかった。次も速くて(150キロのストライク)、次(150キロのボール)も…。3球連続で見逃して、もう絶対無理だと思ったんです」(上本)。

 昨年の打率は1割5分4厘。8番打者は今季も9打数2安打と、本人も「バッティングが課題」と語っている。

 「8番だから、次の球もストレートかもしれないと思って、1、2の3で振ってみたら入ってしまった。たぶん今後は(こういうことが)ないと思いますけど…」(上本)。

 打ったボールは148キロ。十分速いが、上本には「ちょっと遅く見えた」そうだ。明大では昨秋から部員の間で通称「バズーカ」と呼ばれるマシンが導入されている。空気の圧力で160~170キロのボールが放たれ、選手は打席に立って目を慣れさせてきたのだ。

 「バズーカ」の効果は2回戦でも発揮される。6回、7番・山内佑規捕手(4年=桐蔭学園)が、大石の153キロと154キロのボールをファウルしている。直後に同点の内野安打を放った。

 そして、なおもチャンスは続く。大石は上本を意識して、カウント1-3から四球。2死一、二塁で背番号34の川嶋克弥内野手(2年=日南学園)が代打で登場。早大戦からベンチ入りし、これがリーグ戦初打席だ。善波達也監督は「練習をコツコツやっている姿が印象的だった」と抜てき理由を明かす。

 明大野球部のホームページに今年の抱負は“明治のヒーローになります”と書き、打席に入る前も「ここで打ったらヒーローになれる」(川嶋克)と思ったという。打球は右翼手の頭上を越える逆転の二塁打になった。

 「大石さんは評判のピッチャーだが、速いボールには対応してきた。追い込まれてスライダーを投げるイメージもあったので、ちゃんと振り抜くことができた」(川嶋克)。

 最後に勝ち点を奪った2年前の春。早大の松下建太投手(現・西武)から、荒木郁也遊撃手(4年=日大三)が逆転サヨナラ2ランを放っている。当時、荒木は2年生でデビューのシーズンだった。伏兵の一発で勢いに乗った明大は、早大の4連覇を阻止する形でリーグ優勝。

 まだ開幕3週目が終わったばかりだが、あのときの再来を予感させる2試合だった。

(ノート)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

矢島彩「アマ〜い野球ノート」
矢島彩(やじま・あや)
 1984年、神奈川県生まれ。5歳くらいから野球に夢中になり、高校時代からアマチュア野球中心に本格観戦を開始。北海道から沖縄まで飛び回り、年間150試合を観る。今春、めでたく都内の大学を卒業したが就職はペンディングし、今年も大好きな野球を追いかける。取材先の監督さんたちからは「若いころの(失礼!)薬師丸ひろ子に似てるね」と言われ、かわいがられているようだ。大好物のオムライスをお腹に詰め込んで、今日も球場に行ってきま~す!

最近のエントリー





野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. 矢島彩「アマ〜い野球ノート」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです