日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年9月07日

東京6大学開幕、慶大・中林、集大成の秋

 今週末から秋の東京6大学リーグ戦が開幕する。慶大のエース・中林伸陽投手(4年=慶応)は、今春の不調を糧に集大成に挑む。

 「中林、楽しめ!」。

 スタンドからの何気ない一言が耳に残った。苦しさに押し潰されそうな孤独のマウンドで、中林はその意味を重く感じ取っていた。

 「自分で投げていて楽しくないのはわかっていた。でも、お客さんにもわかるなんて、よっぽどだったんだな」。

 3年春からエース。それまでも加藤幹典投手(現・ヤクルト)に次ぐ2番手投手として結果を残してきた。通算成績は12勝7敗。それが今春は入学以来初の負け越し(2勝5敗)とBクラスを味わった。

 「今までは自信もあって“もっと投げたい”だったけど、“投げなきゃいけない”リーグ戦だった」。

 春のアメリカキャンプ中にインフルエンザを発症。実戦から2週間も離れた。体力が落ちても無理やり合わせていたところがあった。さらにチームはオープン戦で18連敗を喫したままリーグ戦へ突入。

 しかし、周りは“中林ならやってくれるだろう”と期待を寄せる。それに答えなければいけないプレッシャー。「そういうものがいろいろ重なってしまったのかな。とにかくよく打たれた」と、不調の原因を探る。法大・金光興二監督は「もちろんいいピッチャー。でもちょっとボールが走っていないようだった」とも分析している。

 「こんなシーズンは初めてでした。長かった。正直苦しかったです」。

 6、7月は走りこみと紅白戦を多めに組んで実戦を増やした。1点差で敗れた試合が3試合あり「勝つために、いかに1点をやらないか」をテーマに取り組んだ。東京6大学選抜のハワイ遠征も参加の話はあったが行かなかった。たった4日間でも無駄にしたくない。

 「春は何もかもが悪かったわけではない。アベレージでボールが速くなったし、けん制やフィールディングも良かったと思います。秋はもっとキレを出していきたい」。

 この秋を最後に、慶応のユニホームを脱ぐ。高校、大学と7年間着て、その重さも理解できている。

 「優勝は意識するし当然の目標。春のぶんも投げることを楽しんで笑いたい。エンジョイベースボールの集大成を見せる」。

(ノート)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメント:3件

初めてコメントします。


中林君たちが我らOBを甲子園に連れていってくれてから早4年半。
後輩達にもたくさん夢を見せてもらいました。


昨秋リーグ戦の優勝がかかった慶早戦第1戦で、神戸国際大付戦以来の中林君のピッチングを見ました。そのマウンドでの姿を見て、あの甲子園を思い出したのは言うまでもありません。

田村君・只野君・白村君がその意志を継いで神宮のマウンドに上がってくれるでしょう。

まずはこの最後の秋に全力を!


そのあとはオマケの甲子園での全慶早戦!
前日のプロ若手vs6大学選抜で斎藤君も中林君も投げるかもしれないけど、ぜひこの試合は甲子園を同じユニホームで経験したこの2人に先発してもらいたいなぁ。


そして、プロのグラウンドで中林君vs佐藤友亮君を見てみたいです!


お前の野球を楽しめバヤシ!
義塾の誇りを貫けバヤシ!

(彼の現役時にはまだこの応援歌はありませんでしたが(笑))

投稿者 gran : 2009年9月07日 23:26

granさん
あの甲子園から、あっという間ですね。
神戸国際大付のレギュラーだった堂本選手が立教大にいます。
ベンチに入っていないのが残念ですが、対決を見てみたかったです。
中林投手のラストシーズンも機会があれば見に来てください。
大学のユニホームを着て甲子園でプレーするのも不思議な感じがします。
中林、斎藤佑の両投手は高校時代でもほぼ同じユニホームなので特に。
ぜひ投げ合いを楽しまれてください!

投稿者 矢島 : 2009年9月12日 22:58

彩チャン!! この春日本一になった法大はこの秋はいかがなのでしょうか?
武内は投げれるようになったのですか?三島に多木は夏もしっかりと練習してましたか? この春の優勝だけでは王者法政の復活とは言えません!再び常勝法大を名乗るにはこの秋も優勝してどんどんいい選手が入ってくるようにならなければ! 早慶は野球なんて弱くてもいいんです。他にとりえがいくらでもありますから。法大は野球部あっての法大です!とにかく「何があっても勝つ」なんです!!ひとつよろしく!!!

投稿者 法大卒業生 : 2009年9月13日 13:37

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

矢島彩「アマ〜い野球ノート」
矢島彩(やじま・あや)
 1984年、神奈川県生まれ。5歳くらいから野球に夢中になり、高校時代からアマチュア野球中心に本格観戦を開始。北海道から沖縄まで飛び回り、年間150試合を観る。今春、めでたく都内の大学を卒業したが就職はペンディングし、今年も大好きな野球を追いかける。取材先の監督さんたちからは「若いころの(失礼!)薬師丸ひろ子に似てるね」と言われ、かわいがられているようだ。大好物のオムライスをお腹に詰め込んで、今日も球場に行ってきま~す!

最近のエントリー





野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. 矢島彩「アマ〜い野球ノート」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです