日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. スコア速報
  3. 日程&結果
  4. 組み合わせ
  5. 出場チーム
  6. 前回VTR
  1. ニュース
  2. 写真ニュース
  3. コラム
  4. 予想クイズ
  5. マイページ

2009年2月13日

野球少年まで…薬物問題で揺れるドミニカ共和国

 ドミニカ共和国で取材中の筆者は、このところ立て続けにショキングなニュースに直面している。1つはアレックス・ロドリゲスのステロイド使用問題で、本人が過去に使用したことを認めるコメントをしたことだ。以来、彼の写真入り記事が立て続けに3日、新聞のスポーツ面1面を飾った。

 A・RODショックはその後も延々と続く様相を呈していたのだが、今度は同国出身のミゲール・テハダがオークランド・アスレティックス時代に禁止薬物を使用していたにもかかわらず、偽証していたことが発覚。地元紙は大きく「CULPABLE」(罪人)と見出しをとり、騒ぎはテハダのほうに飛び火した。

 おりしも、2月11日にはWBCドミニカ共和国のキャプテンを、モイセス・アルーが務めることが発表され、本人やスポーツ大臣など臨席のもと、大がかりな記者発表が行われて「さあ、これから」と息が上がったばかりだった。WBCには史上最強チームを送り出すはずだったドミニカ共和国。候補に挙がっているスーパースターたちの相次ぐ不祥事発覚で国中に衝撃が走っている。

 ステロイドと言えば、数日前、サンペドロ・デ・マコリスの球場で練習していた15~17歳くらいの少年たちが、注射器を手に何やら話をしている場面に遭遇した。これからメジャーリーグの球団が持つアカデミーのテストを受けるということだったが、彼らの手に持っているのは、どう見てもステロイドの溶液の入った注射器だった。

 しかも、全くコソコソした様子はなく、注射器を仲間の間で堂々と持ちまわしていた。考えてみれば、彼らにとって、アカデミーのテストに受かる、受からないは死活問題。1人の少年の肩に家族全員の生活がかかっているのだ。そこには、この時点から薬の力を借りて、競争に打ち勝たなければならない少年たちの悲劇が潜んでいる。

 もちろん、薬物などに染まることなく、まっとうに取り組んでいる選手がほとんどだ。だが、少年たちからメジャーのトップスター選手まで、この1週間で見聞きした現実は、あまりにも衝撃的で、歪められた競争、その負の遺産を突き付けられた思いがした。


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. WBC
  4. Field of Dreams〜WBC〜

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです