日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. スコア速報
  3. 日程&結果
  4. 組み合わせ
  5. 出場チーム
  6. 前回VTR
  1. ニュース
  2. 写真ニュース
  3. コラム
  4. 予想クイズ
  5. マイページ

2009年3月24日

「世界一の投手陣」証明出来た

 ダルビッシュの抑え起用には正直少し驚いたが、今一番状態のいい投手と見込んだからだろう。慣れない役割にもかかわらず、気持ちの強さと集中力は、さすが一級品だった。藤川の調子が今ひとつ上がらないこともあり、負けたら終わりの試合で首脳陣が最善の策として選択した結果。決勝もダルビッシュで締めくくる可能性が高くなった。

 先発松坂は立ち上がりから良くなかった。ただ、5回途中で100球近くになりながらも、最後まで粘り強く投げた。メジャーの公式戦で悪い時に悪いなりに試合をつくってきた経験の蓄積が、この大事な試合で生きたということだ。やはりエースならではの働きと存在感だった。

 迎える決勝戦。先発岩隈の、今の状態は文句ない。言うまでもなく、こういう大きな試合は先取点がカギを握る。特に、韓国は流れに乗りやすいチームだけに、先に点を与えないことが大事になる。制球もいいだけに、6回ぐらいまではいけるはずだが、100球の球数制限を考えずに、序盤からいけるところまで飛ばしていい。リズムのいい投球をすれば、攻撃にもつながるもの。そういうスタイルの投球ができる投手だから期待していい。

 いずれにしても最後の試合だけに総動員となる。松坂、馬原以外は、杉内、田中、ダルビッシュら全員が登板可能。調子のいい投手からどんどんつぎ込める。日本の投手陣が「世界一」なのは、これまでの試合で証明した。決勝では、チーム全体で「世界一」のタイトルを手にしてほしい。
(日刊スポーツ評論家)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. WBC
  4. 佐々木主浩

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです