日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. スコア速報
  3. 日程&結果
  4. 組み合わせ
  5. 出場チーム
  6. 前回VTR
  1. ニュース
  2. 写真ニュース
  3. コラム
  4. 予想クイズ
  5. マイページ

2009年3月24日

マウンドに立った太極旗思い出せ

 日本は米国に挑戦する姿勢が勝利につながった。向かっていく精神、勢いが伝わってくる試合だった。選手全員の「米国を倒す」という強い気持ちがプレーに出てきた。一気に逆転した4回の集中打にしても、その気持ちが積極的な姿勢となって表れた。勝ち越し犠飛を放った城島がカウント0-3から甘いボールを打ちにいくなど、全員が集中した結果だと思う。日本の気迫に押され、逆に米国は受け身で戦っているような印象だった。

 韓国戦でも、米国に立ち向かったチャレンジ精神で挑んでほしい。韓国の先発は、今回のWBCで2敗している左腕の奉重根(ボン・ジュングン)。米国戦で見せたエンドラン、盗塁など機動力、小技で揺さぶれるか。これまで何度か指摘してきたが、とにかく彼の攻略はまず投球テンポ、リズムを崩すことだ。1つの弱点に対し、全員が徹底して攻めることができるかがポイントになる。

 同じ相手に3回もやられるわけにはいかない。ここまでくれば、力の差は紙一重。お互い知り尽くした同士の対決で、1つのミスが致命傷になる緊迫した戦いになるはずだ。最後の最後には気持ちが強い方に運や流れも傾くだろう。第2ラウンドのサンディエゴのマウンドに韓国の旗を立てられたことを、もう1度思い出し発奮してほしい。2勝2敗で5度目の最終決戦を迎え、真の世界一を決めるには最高の舞台が整った。「サムライ魂」で連覇してほしい。
(日刊スポーツ評論家)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. WBC
  4. キヨのWBCチェック

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです