日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. スコア速報
  3. 日程&結果
  4. 組み合わせ
  5. 出場チーム
  6. 前回VTR
  1. ニュース
  2. 写真ニュース
  3. コラム
  4. 予想クイズ
  5. マイページ

2009年3月25日

「本当に、ごちそうさまッした」

 WBC連覇を果たした日本代表は一夜明けて、ロスのホテルで帰国前の記者会見。今大会ずっと不振に苦しみながら、決勝の韓国戦で延長10回に試合を決める適時打を放った殊勲のイチローは終始笑顔で会見に臨んだ。

 「個人的には最後まで足を引っ張り続けました。韓国のユニホームを着て、キューバのユニホームを着て、最後にジャパンのユニホームを着ることができました。おいしいところだけ、頂きました。本当に、ごちそうさまッした」。

 合宿初日から高いテンションを維持。前回大会よりも高い意識で臨み、自らにプレッシャーをかけ続けた。

 「侍ジャパンというネーミングからハードルを感じました。私アイドル、と言いながら、かわいくないやつは最低で。侍がですね、最終的に勝てなかったら、こりゃかっこつかんぞと。いう中で、自らハードルを上げて、最終的に侍にはなれたこと。大変よく思っています。ホッとしています」。

 世界一に輝いた高いレベルのチームにはリーダーが不要だったことも明かした。

 「(必要とするチームとしての共通認識は)向上心です。チームには強いリーダーが必要という安易な発想があるようですが、今回のチームにはまったく必要がなかった。外からはリーダーのように言われたが、全くそんなことはなかった。それぞれが強い向上心を持っていれば、必要ない。むしろ、そんなものはない方がいいと思いました」。

 終始リラックスした表情で、和気あいあいとした会見だったが、優勝の余韻に浸るのはこの日でおしまい。すぐに頭をレギュラーシーズンに切り替える。


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. WBC
  4. イチロー語録

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです