日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


佐井陽介の記事一覧

2011年2月05日

コバヒロさんは「癒やし系」

 コバヒロさんは「癒やし系」だと勝手に思う。キャンプは第1クールが終了。初日からの3日間取材して、そう思う。グラウンド外ではとにかく温和で優しい。宜野座球場を走り回ってヘトヘトになっていても、疲れた体...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年12月21日

鳥サンタの心温まる決意

 ふと、子供のころの記憶が鮮明によみがえった。当時の僕は小学生の野球少年。場所は甲子園外野席。目当ての選手の登場を今か今かと待ちわびていたな。...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年11月23日

榎田クンは「大人」なんです

 約1週間、虎のドラ1左腕、榎田を追いかける機会に恵まれた。広州アジア大会の代表合宿に帯同し、ひたすら密着マーク。うわさには聞いていたが、どれほど「できた社会人」なのか、よ~く分かった。...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年10月26日

宮崎は今日も雨だった

 朝起きて、窓の外を眺めてはため息をつく毎日が続いている。フェニックス・リーグが開催されている宮崎は雨、雨、雨…。なんと阪神は5試合連続で雨天中止中だ。20日ロッテ戦で左ひじ手術からの復帰戦を迎える予...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年10月12日

ブラに破られたチノパン

 訳あって、“手負い”の白いチノパンをはき続けている。シーズン終盤、10月上旬の広島遠征中に事件は起きた。試合前練習中のマツダスタジアム。なかなか調子が上がらずにいたブラゼルが笑顔で近づいてきた。「ス...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年6月29日

自己節制完ぺき!!マートンは偉い

 マートンは偉いよな~と思う今日このごろ。ただヒットを量産するからではない。自前のノートに投手の配球、特徴を小まめに書き込む研究熱心な姿は今や有名だが、グラウンドを離れても自己節制に妥協がないのだ。...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年4月27日

「何も言えない」…岩田の故障者哲学

 先日、左ひじ手術を終えて鳴尾浜でリハビリ中の岩田に会いに行った。とはいえ、かける言葉がなかなか見つからない。柄にもなくモジモジする僕を見かねたのか、左腕は「何し来たん? オレ、元気やで」と冗談交じり...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年3月16日

3年目の石川「日の当たる場所」へ再び

 桜の季節。シーズンインが近づいている。...(佐井陽介)

[続きを読む]

2010年2月06日

野原将の人には貸せないDVD

 また失敗した。毎年、沖縄は年中暑い島だと思いこんでしまうが、2月上旬はやっぱり寒い。半袖Tシャツを詰め込んだスーツケースはほぼ用なし。上着は薄手のパーカーでまかなう予定だったが、雨が降ればブルペンで...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年12月29日

心は“優良助っ人”だったリーソップ

 皆さんは“リーやん”を覚えていますか? 公称191センチ、98キロ、頭をツルツルにそり上げ、腕にはタトゥー。昨季途中に入団し、150キロ超の剛速球で将来を嘱望されたリーソップです。昨季は1軍8試合で...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年11月10日

球場で歯は見せられない!?

 2日前、前歯が1本抜けた。正確に言えば、取れた。野球部だった学生時代に硬式ボールが前歯に当たり、紆余(うよ)曲折を経て現在は“仮歯”を装着していた。その歯が、くしゃみをした際の風圧に負け、口から飛び...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年9月08日

西村の夏バテ対策…パクりました

 最近、疲労が取れにくい。まだ26歳。体力にはそれなりに自信があったのに…。9月に入っても、まだ夏バテが終わらない。好き放題に飲んで食って運動不足の生活を続けた、そのツケが回ってきたのだろう。...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年8月04日

祖母の死こらえプロ貫いた大和

 よく覚えている。09年2月13日。阪神の1軍は沖縄宜野座キャンプ真っ最中だった。そのつかの間の休日。大和と食事に出かけた。たわいもない雑談中、大和の表情が急に変わった。「佐井さん…、ばあちゃんが亡く...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年6月23日

岩田のジュラルミンケースには…

 最近、よく岩田に怒られる。「ちゃんと靴を磨きなさい! クリームをつけるとか。モノは大事にせなあかんで」。仕事中はいつも革靴。グラウンドの赤土をかぶったり、雨にぬれる機会も多く、どうしてもすぐに汚れて...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年4月16日

坂よ、再昇格待ってるで

 4月10日の朝。東京で行われる宿敵巨人3連戦に向かうため、兵庫県内の自宅の最寄り駅から電車に乗り込んだ。...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年3月23日

世界中で高まる日本野球の評価

 このブログを執筆しているのが3月23日。ちまたではWBCフィーバーがすごい。もちろん虎番記者も野球好きの集まり。ひとたび試合が始まれば、練習中でも一気に携帯をいじり出す。ワンセグの映像でチェックする...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年2月17日

沖縄キャンプで1番の人気者は…

 1軍沖縄・宜野座キャンプに、新たなスターが誕生しようとしている。その注目度は半端ではない。ひとたび表舞台に出ればテレビカメラ、記者、ファン、そして選手から熱い視線を送られる。今キャンプ1番!? の人...(佐井陽介)

[続きを読む]

2009年1月12日

高浜のタイガースカラー“変色”の理由

 さようなら、タイガースカラー…。先日、昨オフの高校生ドラフト1巡目・高浜に密着取材する機会があった。母校・横浜高での自主トレにお邪魔させてもらったのだ。最寄り駅で待ち合わせ、一緒に野球グラウンドまで...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年12月09日

藤川のドナー登録で思い出したこと

 うそ偽りのない、正直な気持ちが伝わってきた。「誰かを助けたい。だからドナー登録した」。これは先日、都内で行われた骨髄バンク支援のシンポジウムの中で、藤川球児投手(28)が発した言葉だ。 ...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年11月04日

8キロ減…金村暁の苦悩

 金村暁の言葉に驚かされた。先日、「行きたい」と意気込んでいた秋季キャンプに参加しないことが発表された。その理由を知りたかったので、鳴尾浜で取材させてもらった。そこで衝撃の事実を聞いた。 ...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年9月17日

「勝負の年」に浮き沈み味わった岩田

 人気のある球団でマイペースを貫くことは難しい。少しでも活躍すれば、一気に知名度がアップする。スター選手のような扱いも受ける。逆に失敗すればたたかれる。気持ちが強くなければ大きな成功はつかめないだろう...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年8月11日

手を抜かないフォードさん

 数日前、炎天下の鳴尾浜でスポーツ新聞を熟読していた。すると、フォードさんが笑顔で近寄ってきた。どうやら記事を読みたいらしい。手渡してみると、とびきりの笑顔が徐々に曇っていった。前日の試合で早期降板し...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年7月09日

「プロのすごみを実感」

 6月下旬、秋田遠征に帯同した時のこと。ちょっぴりうれしい出来事があった。選手と同じ飛行機に乗り、秋田の空港に到着した。取材も兼ねているので、移動でお疲れ気味の選手の周りをうろちょろ。その後、バスで宿...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年6月10日

林が帰ってきた

 「今、言われました。行ってきます」。5月28日の午後10時半を回ったころ。阪神伊藤雅トレーナーの携帯が鳴り、電話の相手からそう言われた。林だった。1軍復帰が決まった報告だった。「自分に連絡をくれるな...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年5月06日

井川は大器晩成型!? 元チームメートの予言

 新井を筆頭に新戦力の活躍が目立つ08年。海の向こうでは、元猛虎戦士も負けじと奮闘している。先月、05年以来のメジャー復帰を果たしたジャイアンツ藪に初対面。かつて阪神でエースを張った39歳は、ここ2年...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年3月31日

安藤、レ軍松坂、ド軍斎藤の共通点は?

 レッドソックス松坂、ドジャース斎藤、そして阪神安藤。この3人の共通点は何でしょう?  阪神担当を1カ月ほど離れ、ドジャースを中心にメジャーリーグ取材の真っ最中。まだ1週間も立っていませんが、学生時代...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年3月03日

全力で二兎を追う桜井に注目

 豪快なフルスイングに弾丸ライナー…。7年目の桜井が本来の姿に近づいてきた。左ひざ痛の影響で出遅れ気味だったが、実戦復帰→08年初安打、初打点→08年初アーチと経過は順調そのもの。早くも、白熱する右翼...(佐井陽介)

[続きを読む]

2008年1月29日

ルーキーは野球に集中!森田ギャル登場

 大学・社会人ドラフト1巡目のルーキーの白仁田寛和投手(22=福岡大)は男前だ。手足も長く、スタイルも抜群。なのに気取らないところが、またステキなのだ。新人が自主トレを行う鳴尾浜には、しばしば「白仁田...(佐井陽介)

[続きを読む]

2007年12月25日

忘れられない、球児のひと言

 球児さんの“あの”ひと言が、脳裏に焼きついて離れない。あれは今月12日のこと。球児さんは西宮市内の球団事務所で2度目の契約交渉にのぞみ、将来的なメジャー挑戦の希望を球団側に伝えた。「メジャーリーグで...(佐井陽介)

[続きを読む]

2007年11月19日

次々現れるライバルにもめげない野原

 プロ野球選手は辛いんです…。日本の冬の風物詩!?ストーブリーグがいよいよ幕を開けた。阪神は10月3日の高校生ドラフト1巡目で横浜高・高浜内野手を獲得。その一報にピクリと反応したのが昨年の高卒ドラ1ル...(佐井陽介)

[続きを読む]

2007年9月24日

日焼けした吉野の両腕は努力の証

 炎天下の鳴尾浜で奮闘した証は、両腕に刻まれていた。シーズンもいよいよ大詰め。今年は若虎のブレークが目立ったが、その裏には鳴尾浜で朝から練習に励むベテランの姿がある。猛暑が続く8月下旬。2軍で調整を続...(佐井陽介)

[続きを読む]

2007年8月20日

“ボギー”日本生活にアジャスト!?

 オリックスから大リーグに挑戦し、エンゼルス、マリナーズで活躍した長谷川滋利さんは、メジャーで成功できた要因のひとつに「アジャスト(適応)」する能力を挙げていた。文化、習慣の異なる国でプレーするには、...(佐井陽介)

[続きを読む]

2007年7月17日

ボギーを怒らせたひと言

 異文化コミュニケーションは楽しい。最近、鳴尾浜でボーグルソン投手こと「ボギー」と喋る機会が多い。皆さんご存知の通り、この助っ投には超美人妻がいる。オマリー氏と共に甲子園球場のCMに出演している、あの...(佐井陽介)

[続きを読む]

2007年6月18日

虎の「ハンカチ世代」が奮闘中

 「ハンカチ世代」が再び世間を賑わせている。楽天マー君がプロ初完封を挙げたと思えば、今度は早大の佑ちゃん。全日本大学野球選手権ではMVPまで獲得しちゃうド派手な活躍ぶりで、見事日本一に輝いた。 ...(佐井陽介)

[続きを読む]

虎番ブログ
田口真一郎(たぐち・しんいちろう)
 97年入社。四国総局員として高校野球取材を中心に4年勤務。01年から阪神、遊軍、アマ野球担当を経て、07年11月から再び阪神担当に。神戸市出身。
益田一弘(ますだ・かずひろ)
 00年に入社してボクシング、相撲、サッカーなどを取材。「突撃取材」でボクシングの世界王者とスパーリングして3度ダウンした経験も。06年11月から中日担当になり、07年に53年ぶりの日本一に遭遇。08年11月から阪神担当。広島市生まれの34歳。
石田泰隆(いしだ・やすたか)
 03年(平15)西部日刊スポーツ新聞社入社。入社直後はアマチュアスポーツを担当し、04年1月からホークスを担当。08年11月から大阪日刊スポーツ新聞社へ出向となり、阪神タイガース担当に就く。福岡県出身。
佐井陽介(さい・ようすけ)
 運動セクション。06年入社。同年夏は研修を兼ねて高校野球担当に。整理部を経て07年6月から阪神担当。学生時代は野球ひと筋。生まれも育ちも兵庫県。
鎌田真一郎(かまだ・しんいちろう)
 09年入社。野球グループに配属され、夏は高校野球を担当。10月から正式に阪神担当に。法大時代は学生新聞を製作。鹿児島市出身。
岡本亜貴子(おかもと・あきこ)
 09年4月入社。整理部を経て今月から阪神担当。1985年(昭60)6月6日、奈良県大和郡山市生まれ。

最近のエントリー





野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. 虎番ブログ

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです