日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2011年2月15日

若手の姿勢これでいいのか

 若い選手に、もっとずぶとく、もっと元気にキャンプを送ってほしいと思う。彼らも一生懸命やっていることは承知の上。それでも、シートノックで小久保や川崎、松田、本多ら主力選手の声が目立つ。そう感じているのは私だけではないはずだ。

 先日、王球団会長との雑談の中で、1年目のキャンプの話になった。「僕はね、2週間で投手を首になって、一塁に行っただろ。そうしたら、一塁も首と言われて外野に行ってね。外野もダメと言われて、また内野に戻って…。あの時代、DHがあったら、僕はすぐにDHにされただろうね」。そうして続けた言葉が印象的だった。「それでも僕は、鈍感だったというか、気持ちが強かったというか。そういうところがあったから、やれたんだよね」。プロ野球の世界、誰かからポジションを奪わなければ、常時出場できない。人を押しのける覚悟や気迫は、やはり必要だ。

 今キャンプは、今宮や立岡、柳田ら若手選手がA組帯同している。B組からも1日1選手ずつA組練習に参加している。まずは存在感を示すことが大事だろう。遠慮せず、ずうずうしく、アピールした方がいい。チャンスは決して多くないのだから。

(松井周治)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

鷹番日記
松井周治(まつい・しゅうじ)
 72年(昭47)7月9日、北九州市生まれ。98年からホークス担当。05年から3年間の東京整理勤務を経て、今季から再び鷹番。
倉成孝史(くらなり・たかし)
 78年(昭53)6月14日、福岡県北九州市生まれ。03年(平15)入社。整理部(東京駐在)を経て、3月から西部本社編集チーム。強豪校で高校球児だったが才能に限界を感じ、バットをペンに持ち替えた。趣味はゴルフ。
奈島宏樹(なしま・こうき)
 75年(昭50)5月12日、神戸市生まれ。00年入社。03年から広島総局でサッカー担当。06年に大阪へ戻りサッカー担当。08年北京五輪を取材。12月からソフトバンク担当。

最近のエントリー




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. 鷹番日記

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです