このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 野球 > プロ野球 > 新庄カウントダウン > 番記者コラム > 記事ページ



新庄カウントダウン

真っ赤に染めて号泣させよう

 混パが続く中で、ひっそりと新庄選手の「引退セレモニー」の仕掛け、準備がスタートしました。9月12日西武戦から札幌ドームなどで「SHINJOプレミアム レッドTシャツ」が発売されました。これはプロ野球人生最後になる可能性が高い「新庄グッズ」です。

 実はこれ、新庄選手からファンへ向けた「手紙」だったのです。英文で胸元には「最後の感謝」、そして「おれはファンのためにいつまでもスーパースターでいるよ。みんなの思い出の中に生き続ける」と記されています。しかも、もう1つ意味があります。真っ赤なこのTシャツが、周囲の関係者が最後に仕掛けたサプライズです。

 狙いは新庄選手への「逆サプライズ」。このTシャツをきっかけに、同27日札幌ドームのレギュラーシーズン最終戦・ソフトバンク戦を真っ赤に染めようというものです。プレーオフ進出は決定しています。ですが、本拠地でプレーするのは最後になるかもしれない一戦になります。だからこそ、ファンの力、民意で真っ赤に染めてほしいという仕掛けなのです。このTシャツはあくまでも布石で、タンクトップでもトレーナーでも、とにかく赤いものを着用してその日だけは球場に来てほしい、という周囲の願いが込められています。

 しかも、新庄選手は引退試合など仰々しいセレモニーに関しては辞退する意向であるとも聞きます。それだけにラストになるかもしれない北海道での試合で、ファンの力で、真っ赤に染まる「新庄ドーム」をプレゼントしようという周囲の関係者の希望なのです。

 「あいつ(新庄)を泣かしたい」。周りがそう考え、静かに、さりげなくスタートしたプロジェクトは成功するのでしょうか。個人的にも真っ赤なスタンドを見てみたい。ファンの皆さんも、新庄選手に対する「最後の感謝」を体全体に表してほしいと思います。人前でなかなか涙を見せない新庄選手を号泣させるには、大きなパワーが必要です。【高山通史】

2006年09月14日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/6510

このリストは、次のエントリーを参照しています: 真っ赤に染めて号泣させよう:

» 新庄剛志、ファンの号泣企画&自民・民主からオファーの件 from お気楽コンボC.A.T.
 今期での引退を宣言していて、ファンによる新庄セレモニーも企画されているという北海道日本ハムファイターズの新庄剛志外野手が、自民党と民主党から、来夏の参議院選挙... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月15日 11:11

» 新庄〜っ from うつとパニックの日々
くららは日ハムの新庄が好き。 新庄って無謀だけど、あの笑顔が良いっ! |* ̄∇ ̄|ニヤッ 昨日は最後のパフォーマンスだったんだよね。 一度で良いから... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月16日 07:57

» 日本ハム1位 from 3丁目NEWS
パリーグでは日ハムの1位通過が決定しました。試合終了後、今期限りで現役引退を表明している新庄選手の引退セレモニーが行われました。セレモニーではまた新庄節が聞ける... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月28日 09:00

» Krist Sandy from Krist Sandy
Hello all! Very nice site and very informativity! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月05日 00:21

» Merlin Xawes from Merlin Xawes
You have many friends that post in your guestbook - it is cool! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月11日 06:22

» John Xert from John Xert
Hello all! Very nice site and very informativity! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月11日 07:58

» Cayden from Cayden
since suffering abuse abandonment and neglect from our head of household, my ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月09日 06:31


高山通史(たかやま・みちふみ)
 日刊スポーツ長野、新潟支局を経て02年入社。編集部。一般スポーツ、コンサドーレ札幌などを担当し、03年9月から日本ハム担当。高校3年夏の甲子園に出場して本塁打をマーク。新潟・小須戸町(現新潟市)出身。31歳。

番記者コラムの最新記事

全記事バックナンバー



このページの先頭へ