このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 野球 > プロ野球 > 新庄カウントダウン > 06'シーズン > 記事ページ



新庄カウントダウン

V打!王手打!優勝100%打!

h-sh-061012-1.jpg2回裏日本ハム無死、内野安打を放った新庄はバンザイ(撮影・浅見桂子)

<プレーオフ第2ステージ:日本ハム3-1ソフトバンク>◇11日◇札幌ドーム

 「新庄劇場」で、日本ハムが25年ぶりのパ・リーグ優勝に王手をかけた。日本ハムが3-1でソフトバンクを破り、レギュラーシーズン1位のアドバンテージ1勝とあわせて「2勝目」を挙げた。先発ダルビッシュが1失点で完投、千両役者、新庄剛志外野手(34=SHINJO)が決勝打だ。引退の花道を飾るとともに、北海道に初のチャンピオンフラッグを-。きょう、勝つか引き分けでも、夢が現実になる。

 奇跡は、もう手の届くところにある。新庄が夢への距離をグッと縮めた。最終回。ダルビッシュが1ストライクとるごとに、センターで小さく拍手した。27個目のアウトを重ねる。ハイタッチの輪に小走りで飛び込んだ。日付、対戦相手を意味する「2006・10・11 VSソフトバンク」と文字を刻んだ特大の真っ赤なリストバンドで仲間たちと手のひらを合わせた。パ・リーグの頂点まであと1勝。25年、四半世紀ぶりリーグ優勝の可能性を思い切り広げた。

 甘いマスクが鬼の形相に変わった。1点を追う3回。同点とし、なお2死一、二塁だった。カウント0-1からの外角139キロ直球。教科書通り、右前へライナーを運んだ。2-1となる勝ち越し打は、終わってみれば決勝打だ。守備に就くと、ガッツポーズで4万2380人の観衆を、さらにヒートアップさせた。ドームが揺れた。

 プレーオフ敗退なら現役引退になる。ユニホームを少しでも長く着るために-。集中力は極限まで達していた。

 逆転劇への伏線も新庄だった。1点ビハインド、先頭打者の2回だ。第1打席は初球をとらえ、杉内を強襲する内野安打。思い切りオーバーアクションではしゃいだ。万歳をしながら一塁を駆け抜けた。6回には四球を選び、この日3出塁。メジャーでWシリーズを経験している男は、大一番で時に明るく、時に手堅く、チームを引っ張った。

 ペナント奪取。野球選手としての残されたライフワークだ。阪神時代の11年間は1度も優勝とは縁がなし。メジャーの3年間を経て04年に日本ハム入り。その1年目を終えて、さらに固く「優勝」の2文字を意識する出会いがあった。昨年4月27日に90歳で死去した大社義規前オーナーとの対面だった。

 冬の寒い日だった。他界する約3カ月前、昨年1月22日。2年目のキャンプイン直前だった。病床に伏す同オーナーの兵庫・芦屋の自宅を志保夫人と一緒に訪問。本拠地移転元年を盛り上げた功績を評価されて招待された。「君はたいした男だなぁ」。左腕をいたわるように何度もさすられ、労をねぎらわれた。「大きいなぁ、でっかい手をしてるな」「奥さんきれいで新庄さんは幸せだね」。最後にはリーグ制覇、日本一の夢を託されたという。

 昨季は5位。球団最大の功労者の墓前へ優勝報告をささげることはできなかった。この日はお立ち台に立つことはなく試合後、選手一番乗りで言葉を発することなくロッカー室へと引き揚げた。新庄は引退を表明した4月18日の会見で、地元札幌の満員になった球場で「そこで一番頂点に立てたら死んじゃうかも」と言って笑った。今日12日の第2戦、夢の舞台は整った。【高山通史】

2006年10月12日付 紙面から

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/6864

このリストは、次のエントリーを参照しています: V打!王手打!優勝100%打!:

» 王手! from CROW-SIZE
日本ハムがソフトバンクを3-1で一蹴。リーグ優勝まであと1つ! ・・・惚れたよ。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月12日 11:52

» 二連勝で決めてしまった from Unlimited Blog Works
ポストシーズンに一位進出したファイターズだが、ホークスを二連勝であっさり下してリ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月13日 00:33


06'シーズンの最新記事

全記事バックナンバー



このページの先頭へ