このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 野球 > プロ野球 > 新庄カウントダウン > 〜05'日本ハム > 記事ページ



新庄カウントダウン

日本ハムと仮契約、2年契約背番号「1」

h-sh-031121-1.jpg新庄は日本ハムとの仮契約を終え、笑顔で会見に臨む

 ド派手に、日本ハム新庄が誕生した。元メッツ新庄剛志外野手(31)が20日、都内のホテルで日本ハムと仮契約を交わした。契約金4000万円、年俸8000万円プラス出来高5000万円の2年契約で、背番号は1。会見にはイタリア製のブランド服に身を包み、サングラス姿で登場。愛車フェラーリを冬の北海道でも「タイヤを替えてでも乗りたい」と発言するなど、どこまでも新庄っぽく4年ぶりの日本球界復帰を表明した。スター選手の加入に、札幌市長がコメントするなど周囲の期待も高まるばかりだ。(金額は推定)

 やっぱり新庄は、新庄だった。詰めかけた報道陣の前に、薄茶色のサングラスをかけて登場。無数にたかれたフラッシュを浴びながら、ゆうゆうと歩いた。壇上に座ると、おもむろにサングラスを外した。「今日、仮契約したのは自分のわがまま」。白い歯がこぼれる。憎いほど、さわやかな笑顔で日本ハム入りを表明した。

 北海道でも「新庄流」は崩さない。愛車フェラーリを雪道でも乗り続けるという無謀? なプランを披露した。「北海道の雪道でもフェラーリを?」という問いに「そりゃメチャメチャ痛いですけど、タイヤとかを替えてでも乗っていきたいと思います」と即答した。フェラーリは通常の車より車高が低く、寒冷地用のモデルはない。北海道内に約100台あるとされるが、11月から4月まで車庫で越冬するのが基本。しかし、雪塊が車体価格1800万円超の愛車「360モデナ」の腹をこすろうとも、華麗な新庄であり続ける。

 ファッションにも、こだわりが表れていた。イタリア・ミラノで購入したという「ドルチェ&ガッバーナ」に身を包んで登場。サッカー界のスーパースター・ベッカムもお気に入りのブランドで固めた。それでも嫌みなイメージはこれっぽっちもなく「ジャージーじゃ来られないでしょ」と笑いを誘うなど、新庄トークがさく裂した。

 新庄にとって北海道のイメージは、純であり蛍、五郎…らしい。米国生活の3年間、人気ドラマ「北の国から」のビデオにはまった。ドラマの舞台「富良野へ行ってみたいですね」。北海道のファンからは「ハム入り熱望」署名も手渡された。来季は札幌に居を構える。「早く札幌ドームのセンターのポジションについて走り回りたい」。12月に予定される札幌での正式契約、入団発表も新庄からの希望。この日は仮契約にとどめた。

 4年ぶりの日本球界復帰。現在、肉体改造を図っている。食事は肉類を断ち、和食中心。年明けの自主トレは「ハワイになるでしょう」(三沢球団取締役)とこれまでのスタイルも踏襲するが「打撃面ですごく変わらないと」と、選んだ背番号「1」への思いを口にした。北海道のファンには「もうすぐ行くから待っててね」とちゃめっ気たっぷりにメッセージを送った。口調は柔らかかったが、目は笑っていなかった。【高山通史】

2003年11月21日付 紙面から

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/4749


〜05'日本ハムの最新記事

全記事バックナンバー



このページの先頭へ