このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 野球 > プロ野球 > 新庄カウントダウン > 〜05'日本ハム > 記事ページ



新庄カウントダウン

サンダル、スケスケセーターでキャンプ入り

h-sh-040201-1.jpg沖縄キャンプに出発した新庄は、ビーチサンダルにサマーセーターのスタイル=羽田空港

 日本ハム新庄剛志外野手(32=登録名SHINJO)はこの日、前代未聞の「私服」でキャンプ地・沖縄入りした。通常、日本ハムのキャンプ地入りはおそろいのスーツ姿だが、チームとは別行動で1人で那覇空港に到着。サングラスに、お気に入りのイタリア有名ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」のサマーセーターにパンツルックで登場した。セーターは日本で買えば17万9000円の代物だ。しかも足元はビーチサンダル。到着ロビーは約500人が集まり騒然としたが、VIP待遇で混乱はなし。宿舎入り後、新加入選手恒例のあいさつでは「“ダ”メジャーからやってきた新庄です。今年の目標は、人の悪口を言わないこと」と新庄節を披露した。

 やっぱり新庄だった。那覇空港で待ち受ける大勢のファンの前に、「オシャレは足もとから」の定説? 通り、ビーチサンダルで堂々と登場した。

 インディゴブルーのサマーセーターが、きらりと光った。素肌に着てスケスケ。第1ボタンを外し、胸を大きくはだけている。両胸にデニム地のポケットが付く凝った逸品は、お気に入りのイタリア有名ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」。最新春夏物のハンドメイド製で、日本で買えば17万9000円もする代物だ。

 プロ野球のキャンプ地入りは、各選手スーツ姿が定番。日本ハムでは球団支給のおそろいのスーツを着るが、新庄はまだ支給されていなかった。それもあり、茶色のチノパンにサングラス姿で、全身をコーディネートした。

 ド派手な登場も手伝って周囲は当然大騒ぎ。到着口から出口付近まで報道陣やファン、観光客らによって築かれた約30メートルの「新庄花道」を広報ら6人にガードされて抜けた。数人のファンが転倒、連鎖的に転んだスチールカメラマンの望遠レンズが破損した。それでも新庄は「危な~い」と気遣う余裕を見せ、一般客から「めんそーれ(ようこそ)」と声を掛けられると、笑みを返した。ケガ人こそなかったが、駐車場の空港警備員は「こんなこと見たことない。初めて。芸能人でもないですよ」と驚いた。

 今季屈指の注目選手らしく、空港もVIP待遇で出迎えた。迎えの車を、空港の裏口に横付けで待機する許可を出した。国会議員などの要人やファンの殺到が予想される人気タレントなどに特別に使用が許される場所。ただ、新庄は裏の出口を利用せず、正面出口から車に乗り込んだ。那覇空港警備担当者は「演出じゃないですか。当初の予定は裏口だって、聞いてましたから…」と苦笑した。

 私用で午後1時20分到着のチームと約2時間遅れの別便移動だったため、その場に居合わせなかったヒルマン監督は“ビーサン入り”について「かねてからユニークなキャラクターの持ち主。非常にいいと思うよ」と受け入れた。

 宿舎入り後の夕食会でも新庄らしさを発揮した。新加入選手恒例のあいさつに、今度は特注の白いジャージー姿でマイクの前に立ち「オイッス!」と大声で第一声。そして、新庄節がさく裂した。

 新庄「“ダ”メジャーリーグからやって来た新庄です。今年の目標は、人の悪口を言わないこと。日本ハムがパリーグの先頭に立って、どんどん盛り上げていきましょう」。

 キャンプインの今日1日は、初めてユニホーム姿を披露する。また、何が起こるか分からない。それが、新庄なのだ。【高山通史】

2004年02月01日付 紙面から

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/4734


〜05'日本ハムの最新記事

全記事バックナンバー



このページの先頭へ