このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 野球 > プロ野球 > 新庄カウントダウン > 〜05'日本ハム > 記事ページ



新庄カウントダウン

グンゼCM記者会見で手応え強調

h-sh-050127-1.jpg新庄は自身の等身大リアルマネキンがはくブリーフをチラリとめくるなどご機嫌

 下ネタ連発で、変身を宣言? 日本ハム新庄剛志外野手(32=SHINJO)が26日、肉体改造に自信を見せた。都内で行われた大手下着メーカー・グンゼのイメージキャラクター就任の記者発表に出席。今オフに「1回、太ってみようかな」と体重増量に取り組んでいることを明かし、「筋肉がいっぱい増えている」と手応えを話した。さわやかな新庄らしくない、下ネタを交えての爆笑告白。珍しく「オヤジキャラ」で、今季にかける決意を見せた。

 脱いだら、もっとすごいんです。新庄が、パンツ一枚の「自分たち」にクレームをつけた。記者発表で、キャンペーン用の「リアルマネキン」という等身大の4体のマネキンが登場。昨年11月に自分の体を3D解析し、日焼けの状態までそっくりな1体の制作費約70万円の〝新庄2号〟だ。腹筋の付き方も「僕のは少しずれているが、一緒です」とご満悦だったが、少しだけご立腹? だった。

 新庄「これはトレーニングする前の体なので。今の自分の方が筋肉がいっぱい増えている。今、体重を増やそうとしている。いっぱい食べて1回、太ってみようかなと思っている。中(体内の筋肉)はしっかりしているので」。

 司会者の「すごい体ですね」に下ネタで応戦する。

 新庄「じゃ男性に抱いてもらおうかな。結構(来場者の)目線が下の方に集まってましたしね」。

 約30体の製作で、総額2100万円という「リアルマネキン」だ。すべてが等身大ということは、男性の大切な部分も…。「ご想像にお任せします」とグンゼ担当者。とにもかくにも、それ以上にすごいのだから、今季は期待も想像もふくらんでしまう。

 今オフ、自然体で食事療法に取り組んでいる。以前から続けている食前に食欲増進のためコップ半分のビールを飲み、常時10種類以上のサプリメントを摂取。関係者によると通常のオフより、食事の量が増えているという。食に対する意識を高く持ち、ハワイ自主トレなどで肉体を磨き上げた。新庄はCM撮影でも「(ジャンプして)着地した時の筋肉の揺れ方に納得しなかった時は、監督にやり直してもらった」とこだわった。この日の白いTシャツとジーンズの下に、今季を戦う体を作り上げた。

 昨季終盤は疲労からくる両太もも裏の張りで、ベストではないままプレーを続けた。シーズン序盤に死球による戦線離脱も経験。強い体を作る意識が、芽生えるきっかけになった。昨年12月にはスパイクを担当する神戸のアシックス三村仁司氏(56)を訪問した。アテネ五輪女子マラソン金メダリスト野口みずきらが師事する「世界一のシューズ職人」に、今季モデルについて相談。人口芝と天然芝など球場に合わせ、樹脂と金具のピンの2パターンの製作を依頼した。昨季開幕時は金具のものの1種類だけだったが、今季は体を気遣い「準備」をしてきた。

 会見では随所に、肉体に関する心境の変化が表れた。「ずっとこのタイプ(ボクサーパンツ)が好きですね。でも最近はブリーフ系がいいかな」。より体のラインが強調される、パンツのリニューアルに意欲を見せた。オフはこれで芸能関係は仕事納め。オヤジキャラ爆発の“放送禁止用語”気味の下ネタを連発する爆笑会見で締めくくった。明日28日は33歳の誕生日。この日のコメントは立派な「中年」だったが、新庄の体はまだまだ若さいっぱいだ。【高山通史】

2005年01月27日付 紙面から

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/4787


〜05'日本ハムの最新記事

全記事バックナンバー



このページの先頭へ