このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 野球 > プロ野球 > 新庄カウントダウン > 阪神 > 記事ページ



新庄カウントダウン

初スタメン初打席の初球をプロ1号HR

o-sh-920527-1.jpgプロ入り初ホームランを放ち笑顔でベースを回る新庄

 また、阪神にニューヒーローが飛び出した。新庄剛志。弱冠20歳の若虎が、今季初スタメンの初打席、しかも初球をたたいて3連勝を呼び込んだ。たったひと振りでプロ初のお立ち台だ。

 緊張のプロ3年目の顔が笑顔になるのに時間はかからなかった。2回だ。大洋先発の有働が「探りにいった」という何でもないカーブ。「積極的にいこう」と決めていた新庄のバットがせん光を放った。プロ1号がゆっくりとした放物線を描いて、レフトスタンド通路に舞い落ちる。「打球の行方が分からなくって……」と言う新庄を、2万8000人の歓喜の声が包む。

 「ファームで練習していた自分の力を全部だそうと思った」。新庄のがい旋をホームで待っていたのはまず山田だった。かける言葉が見つからない。代わりにポンポンとヘルメットに手荒い祝福。そして今度はベンチ前……。並んだナインの最後に亀山がいる。二人手を合わせてハイタッチ。「(カーブを)狙っとったんか。でもよかったな」と亀山の声も詰まった。みんなともにファームで汗を流した同志たちだ。一番遅れてきたのが新庄だった。

 この東北遠征から一軍に上がった新庄だが、2試合とも無情の雨。「早く一軍の舞台でやりたい」。だが、帰りの新幹線で、新庄をカメが励ました。「オレたちは一生懸命やるしかないんや。そしたら結果が出る。なあ、新庄」。

 そもそも強運の連続ではあった。昨年9月10日の対巨人戦、プロ初打席で初ヒット、初打点。その時もまたこの日と同じカーブだった。今年、開幕時には40人枠にも漏れた。それでも4月下旬には、島田兄の故障で40人枠追加登録。そして今回の一軍スタメンもまたオマリーの骨折からだった。「去年の一軍とは違う。こんな大事な時期に上げてもらって。しかもスタメンですから」と言うが、チャンスをものにする運がある。

 急造サードも無難にこなした。チームは今季最多タイの3連勝、貯金も「5」。ニューヒーローの誕生祭に六甲おろしもやまない。 【苗村善久】

1992年05月27日付 紙面から

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/4872

このリストは、次のエントリーを参照しています: 初スタメン初打席の初球をプロ1号HR:

» 新庄、その背番号を甲子園で見たい! from 野球漬け
新庄の背番号が本日付で1から63に変更になった。 これはどういう意味かというと、阪神に入団したときの背番号が63。 初心に返るとかいろいろ意味するところはあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月27日 17:25

» 新庄さん男だ!! from ■◇ CSWの子育て&食玩&色々日記 ◇■
||<#0033FF' style='width:560px;height:6;text-align:center;font:bold 3... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月27日 22:01

» 背番号63 from 宇宙餅本舗 店主のあさましき日々
昨日新庄が背番号「63」をつけて引退セレモニーをしたって記事を読んだ。家に確か・・・って探したら出て来たのがこれです。今や貴重なテレカですよ、これ。しかし、この... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月28日 09:21


阪神の最新記事

全記事バックナンバー



このページの先頭へ