日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのMLBページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2006年07月22日

第120幕 17連勝を支えた五色のボール

 昨年8月21日以来連勝記録を続け、メジャー記録(クレメンスの20連勝)を塗り替えるのではないかと騒がれていたホワイトソックスのホセ・コントレラスの記録が「17」で途切れた。さぞかし残念だろうと思いきや「記録というのはいつか途切れるもの。それに関してはどうってことはないけど、チームを勝利に導くことができない方がより残念だ」と、さばさばした調子で語った。

 ここまで好調を支えてきた秘密の1つは、キューバ時代からの独自の練習法にある。投球練習の際に使う五色のボール(赤、青、黄、緑、黒)がそれで、色分けされているカラーボールはそれぞれ重さが異なり、それを投げ分けることで肩の調子を整えるのに適しているのだという。これにフォークボールを投げる際、ボールをはさむ指の開きを保つために、大きめのソフトボールを加えて、創意工夫が凝らされた練習を行っているのだ。

 好調のもう1つの要因は、9月に第3子が誕生することだ。しかも2人の娘たちに次いで、今度は待望の男の子と分かり喜びもひとしおのようだ。2002年に亡命し、その1年9カ月後に家族も亡命に成功。アメリカで一家そろった暮らしが始まったころから、徐々に成績も伸びてきた。「今では娘たちはすっかり英語をマスターして、あまり英語が話せない自分たちが取り残されている」と、すっかりアメリカに溶け込んだ娘たちに目を細める。

 松井秀喜と2003年の同期入団で、当時はどちらが新人王を取るかで話題騒然だったが、その後、松井はヤンキースの看板選手となり、コントレラスはダメだしを食らってホワイトソックスに放出された。その男が昨年は15勝し、ホワイトソックスの世界一にも大きく貢献した。昨年後半戦からの8連勝に加えて、今年は前半を9勝0敗で折り返して、連勝記録を保持したままでオールスターにも選ばれた。

 そのオールスターでは家族とともにオープンカーに乗り込み、晴れ晴れとした表情でレッドカーペットの上を行くパレードに参加した。登板機会はなかったが、メジャーのオールスターの雰囲気を十分に満喫した。とりわけア・リーグのクラブハウスで、自分のユニホームにイチローからサインをもらったことがうれしかったと、そのサインの痕跡を見ながら表情を崩した。

 後半戦、好投しながらいきなり2連敗と不運なスタートになってしまったが「調子が悪いわけではないし、むしろ連勝記録で周囲が騒がしかったことを思えば、今は投球に集中できる環境になってきた」と本人はそれほど落胆していない。1位タイガースに水をあけられ、3位ツインズからも猛追されているが、これからが本当の正念場。ポストシーズン進出はもちろん、2年連続世界一の夢に向かって、秘密兵器「五色のボール」がコントレラスを支え続ける。

 「Field of Dreams」は筆者都合により1回、休みます。次回更新は8月12日ごろを予定しています。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ガンちゃんのまいど!
鉄矢多美子(てつや・たみこ)
 福岡県に生まれる。成城大在学中から、硬式野球部のマネジャーを務めるかたわら、ウグイス嬢の道に。1977年にロッテ・オリオンズ球団(現在の千葉ロッテ・マリーンズ)に入社して、ウグイス嬢と広報担当を兼務。87年12月からフリーに。  野球のあるとこどこまでも、の精神で、日本国内はもとより、アメリカ大リーグをはじめ、キューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコなどに足繁く通う。将来は野球をモチーフにした一大スペクタル小説を書くのが夢。著書は「サミー・ソーサ 心はいつもホームラン」(集英社インターナショナル)、「もっとカゲキにプロ野球」(講談社)、「素顔の野茂英雄」(小学館)、「熱球伝説」(岩波書店)。

最近のエントリー




MLBニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. MLB
  3. コラム
  4. 鉄矢多美子「Field of Dreams」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです