日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのMLBページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2006年06月30日

第117幕 首位打者は無名戦士

 イチローとマウアーのア・リーグ首位打者争いが注目されている。ほとんど無名だったマウアーも、イチローを抑えて首位打者に居座っている(日本時間30日現在)ばかりに、このところ何かととりあげられることが多くなり、だんだん知名度も上がってきた。一方、ナ・リーグの首位打者争いでもこの日トップに立ったのはパイレーツの無名戦士、フレディー・サンチェスだ。

 名前を聞いてもどんな選手なのかピンと来ないのが普通で、これだけ打ちまくっているのに、彼の知名度もマウアー同様、ほとんどないに等しい。昨年はじめてメジャーでフルシーズンを送り、後半戦にはブレイク。打率2割9分1厘を残してシーズンを終えている。今年は開幕から好調を保ち、このままの調子で行けば、地元開催のオールスターゲームへの出場も夢ではない状況にある。

 29日(日本時間30日)には、地元ピッツバークで行われた対ホワイトソックス戦で、6-6の同点から9回裏に劇的なサヨナラホームランを放って試合に決着をつけた。そればかりか、この日は5打数4安打と固め打ちして、打率を3割6分3厘まで上げ、ガルシアパーラを抜き去って首位打者に躍り出た。ホームベースで手荒い祝福を受け、選手冥利につきるという満足気な表情でファンのコールにも応えていた。

 好調の原因を問いただすと「う~ん、思えばあの時から自分のバッティングが開眼したのかもしれないなあ」という。そのあの時とは・・・・。昨年、5月31日に当時、フロリダ・マーリンズだったA・Jバーネット(現ブルージェイズ)がパイレーツ相手に世界最速の104マイル(167キロ)を「出した、出てない」の騒ぎになったことがあるが、その時の打者がこのサンチェスだったのだ。

 「ホントにあのボールの速さはこれまで体験したことのないすごいものだった。みんなは彼のスピードに懐疑的だったけど、僕はあの時、本当に104マイル(167キロ)出ていたと信じているよ」。167キロの体験は「正直ショックだった」と振り返り、「何かを変えるときにはショック療法が必要なことだってある。僕が変われたようにね」と、未知とのスピードと遭遇した体験談を冗談めいて話す。

 それはさておき、ここまでやれているのは「昨年後半につかんだものを、そのままキープできていることと、精神的にも余裕が出てきたことが大きい」のだという。まもなく前半戦を折り返すが、この時点で、ア、ナ両リーグの首位打者争いを演じている選手が、無名選手であるというのも、メジャーリーグを象徴しているような気がする。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ガンちゃんのまいど!
鉄矢多美子(てつや・たみこ)
 福岡県に生まれる。成城大在学中から、硬式野球部のマネジャーを務めるかたわら、ウグイス嬢の道に。1977年にロッテ・オリオンズ球団(現在の千葉ロッテ・マリーンズ)に入社して、ウグイス嬢と広報担当を兼務。87年12月からフリーに。  野球のあるとこどこまでも、の精神で、日本国内はもとより、アメリカ大リーグをはじめ、キューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコなどに足繁く通う。将来は野球をモチーフにした一大スペクタル小説を書くのが夢。著書は「サミー・ソーサ 心はいつもホームラン」(集英社インターナショナル)、「もっとカゲキにプロ野球」(講談社)、「素顔の野茂英雄」(小学館)、「熱球伝説」(岩波書店)。

最近のエントリー




MLBニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. MLB
  3. コラム
  4. 鉄矢多美子「Field of Dreams」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです