日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのMLBページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2006年05月26日

第112幕 鮮烈デビューを飾った亡命キューバ人選手・モラレス

 今季のスプリングトレーニングで、エンゼルスのクラブハウスに異彩を放つ22歳の若者がいた。何が「異彩」なのかというと、その態度。メジャーの世界をもう何年も歩いてきた大ベテランであるかのように態度がデカく、しかもふてぶてしい。少しも物おじをするところがない。2004年にキューバから亡命、同年12月にエンゼルスと6年契約したケンドリー・モラレスだ。

 そのモラレスが5月23日のレンジャーズ戦で華々しいメジャーデビューを飾った。初打席で初安打を放ったかと思うと、第2打席では初本塁打。結局この日は5打数3安打2打点の活躍を見せた。元は投手だったが、その非凡な打撃センスを生かして、打者に転向。その直後、19歳でキューバの新人記録9部門をすべて塗り替える活躍を見せ、キューバリーグの新人王に輝いた。

 その頃からすでに異彩を放っていた。何に対しても物おじせず、ふてぶてしい(実はそうでなかったりするのだが、そう映る)態度。19歳とは思えない堂々とした所作。社会主義国では、そうした態度が国のありようにふさわしくないと受け止められれば、呼び出されて矯正教育を受けるのが常。しかも、彼のまわりには常に「あいつは今に亡命する」というウワサが蔓延していた。

 そういう状況下で、政府機関から何度も呼び出しを食らい厳重注意を受けているが、それに少しも萎縮することなく、むしろ不敵な笑みさえ浮かべていた。そして、世間のウワサどおり、亡命を敢行するのだ。しかも、常に関係機関に見張られているため、何度試みても失敗する。それでもひるむことなく、成功するまで実に9回、亡命を試みたというから尋常ではない。

 キューバ時代の彼の自宅を2度ほど訪問したことがある。食糧事情の悪い中、モラレスの体を作るため、母親が裏庭でウサギを飼育しタンパク源の確保に努めていたのが強く印象に残っている。突然訪問しようものなら、飼われているウサギの1匹が犠牲となり、食卓に上る。アロス・コングリという赤飯のようなキューバの米料理と、犠牲になったウサギ料理をもりもり食べ、力こぶを作っていた彼を思い出す。

 貧乏ながら、あれこれ工夫して息子のために手料理を作っていた母親も昨年、亡命に成功し、今はマイアミに住んでいる。モラレスが柔和な物腰になるのは、その母親に電話する時くらいだ。これまでの母の苦労を身染みて感じているだけに、母親にだけは楽をさせてやりたいと願っているのだ。普段はふてぶてしく見えるモラレスも、母親の前ではごく普通の孝行息子になってしまう。

 早い時期からメジャーの球団が水面下で争奪合戦をくりひろげてきた。それほどの逸材も昨年はマイナーリーグで壁にぶつかり、思うような数字が残せなかった。争奪戦に勝ってモラレスを獲得したエンゼルスには当然のごとく非難の声が上がり「キューバ選手の実力もこんなもの」というタイトルが新聞の見出しを飾った。今後、亡命キューバ選手に大金をつぎ込むのことに疑問を感じるという特集まで組まれた。

 様々な雑音を耳にし、壁にぶち当たりながらも、モラレスはそれらを乗り越え、最高のメジャーデビューを果たした。その場にはいなかったが記者に囲まれ、おそらくふてぶてしく、不敵な笑みを浮かべながら、質問に答えていたに違いないことが容易に想像できた。その態度も、プレーも…。近い将来何かどでかいことをやってのけそうな匂いのする、近年まれに見る大物選手の誕生である。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ガンちゃんのまいど!
鉄矢多美子(てつや・たみこ)
 福岡県に生まれる。成城大在学中から、硬式野球部のマネジャーを務めるかたわら、ウグイス嬢の道に。1977年にロッテ・オリオンズ球団(現在の千葉ロッテ・マリーンズ)に入社して、ウグイス嬢と広報担当を兼務。87年12月からフリーに。  野球のあるとこどこまでも、の精神で、日本国内はもとより、アメリカ大リーグをはじめ、キューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコなどに足繁く通う。将来は野球をモチーフにした一大スペクタル小説を書くのが夢。著書は「サミー・ソーサ 心はいつもホームラン」(集英社インターナショナル)、「もっとカゲキにプロ野球」(講談社)、「素顔の野茂英雄」(小学館)、「熱球伝説」(岩波書店)。

最近のエントリー




MLBニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. MLB
  3. コラム
  4. 鉄矢多美子「Field of Dreams」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです