日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年4月27日

巨人橋本、将来の1番候補が奮闘中

 小柄だが俊敏だ。強肩でバットコントロールの良さを発揮するのは巨人橋本到外野手(20)だ。

 仙台育英高時代から俊足、強肩で東北の好打者と各スカウトから「トップクラスで3拍子揃った選手」と評価されていた。橋本は東北出身だから希望球団は「楽天」であったろう。しかし08年ドラフト4位で巨人に入団。

 昨年イースタン・リーグで試合数106、打席数463、打数403、得点68は昨年の最多記録。5月の月間MVP、フレッシュオールスターでは優秀選手受賞と新人ながら攻走守のアピールをした。今年の目標は「1軍出場は当然だがファームでは最多安打数、打率3割、盗塁20以上」と言う。

 春季教育リーグの3月9日西武戦で雄星投手のプロ入りデビュー戦で巨人に「1番右翼」で先発出場し、11球目ストレート(138キロ)を中前打しプロの洗礼を浴びせた。2回1死満塁でも3球目を中犠飛で打点1。各チーム編成部は「脚力、強肩に素材は良い。外野手だから捕球後の送球に注意だ。注目したい若手選手だ」と評価。

 イースタン・リーグ開幕戦3月20日西武戦では「1番中堅」として先発出場し1打席目四球出塁し5番矢野の右中間二塁打で今季の初得点。4回には許から今季初安打を左前へ。橋本は「開幕の安打は気分的に楽になります」と笑顔。

 対西武開幕3連戦は14打数5安打、5打点、打率3割5分7厘と好スタートを切った。その後の10試合を38打数7安打、打点4、打率1割8分4厘と打率が低下。3月21日西武戦で平野、宮田、大沼各投手から安打し今季初の3安打して以来は固め打ちがない。荒井2軍打撃コーチは「2年目だ。素材は良い。じっくり育てたい。バットコントロールや変化球への対応も良い。楽しみな若手だ」と高く評価する。

 4月8日ヤクルト戦では3回無死満塁で高市から中犠飛を放って先制打点1。7回2死一、二塁の場面では岡本から右中間へ2点三塁打。今季2度目の3打点。2軍首脳陣は「最近の7試合は頑張っているよ。打率3割は打っている。調子は上がっている」と評価。4月21日日本ハム戦で今季4度目の2安打で打率2割3分9厘。橋本は「17試合で出塁率2割8分6厘は低い。1番を打つ以上はチームのために頑張らないといけない」と反省する。

 4月24、25日のロッテ2連戦でも7打数無安打、犠打1、三振4で核弾頭の働きをしていない。橋本は「必ず頑張って見せますよ。必ず自分の出番を作ります」と不振からの脱出を誓った。

 4月26日現在、19試合、78打数17安打、本塁打0、打点11、盗塁2、四死球5、三振12、打率2割1分8厘、出塁率2割5分6厘。守備成績では外野手19試合、失策0、守備率10割で外野手補殺3はイースタン最多で好守備を見せている。

 ◆橋本到(はしもと・いたる)1990年(平2)4月20日生まれ、宮城県出身。172センチ、70キロ、右投げ左打ち。仙台育英で07年春夏、08年夏の甲子園出場(甲子園での通算24打数12安打、三塁打4、打点8、四球4、打率5割)。高校通算打率4割2分以上、本塁打11本、外野手で1番。中学時代は投手で1、3番を打つ。好きな言葉は「本気になれば世界が変わる」。目標の選手は「ヤクルトの青木外野手とマリナーズのイチロー外野手」と目標は大きい。遠投120メートル。本塁から一塁までの走力タイムは3・89秒。昨年のイースタン・リーグでの成績は106試合、打率2割3分8厘、本塁打3、打点28、盗塁7、出塁率3割3厘。外野手で105試合、失策5、守備率9割7分8厘。昨年のフレッシュオールスターでは全イの1番を打ち5打数2安打、1打点、1三振で優秀選手賞を受賞し両親にテレビをプレゼントした。1軍出場すれば「父(直道)と母(孝子)を交通費、ホテル代を持ち、そして良い席に座ってもらうのが夢だ」。好きな食べ物は「何でもOKです」と言う。ニックネームは「ハシ」。血液型O。攻走守の3拍子が魅力な1番を打つ背番号94に注目だ。

 ○…巨人は4月20日日本ハム戦に3-1で勝利し、勝率を6割とした。この試合で新旧の選手が活躍だ。13年目の藤田が1-1の同点の6回2死満塁で救援し、5番大平を4球目スライダー(124キロ)で空振り三振に仕留めピンチを切り抜けた。巨人は7回2死一、三塁で2番寺内の8球目を日本ハム尾崎が捕逸し逆転の2点目を拾った。藤田は投球数4球で今季初勝利。5試合、1勝0敗、防御率2・70(4月20日現在)。打者では新人の市川が「8番捕手」で先発し9回2死から左翼席に今季2号ソロを放って勝利に貢献した。5人の投手を好リードし日本ハム打線を3安打、1失点に抑えた。4月20日現在、7試合、15打数8安打、本塁打2、打点5、盗塁0、四死球3、三振3、打率5割3分3厘と好調だ。

 ○…西武の注目新人、雄星投手(18)は4月21日フューチャーズ戦で限定80球登板をした。1回1死後の2番角(ロッテ)左前打、3番福元(巨人)左前打、4番定岡(ロッテ)に初球ストレート(135キロ)をバックスクリーンに3ランホーマーで3失点。2回にも1失点。3回3、4、5番を投球数5球で処理。4回2死一塁で9番杉本(湘南)の8球目にこの日最速140キロを記録。5回1、2、3番を投球数9球で処理。3回以降は雄星らしいピッチングだったが変化球の制球力、速球のスピードと課題はある。関係者は「60点の出来だ」と評価した。次回のピッチングに期待をしたい。この日は投球数74、打者21、投球回5、安打6(本塁打1)、四球1、三振1、失点4、自責点4。ネット裏でも「状態は良くなっているよ。自分のフォームで投げて欲しい」と期待の声が多い。埼玉県の中本さん(59)は「大きく育って欲しい。球界の宝だよ。もちろん応援します。頑張ってくれ」との声が聞こえた。

 ○…日本ハム木下はこの2年間故障で苦しんでいたが4月15日湘南戦で先発。投球数64、打者17、投球回5回1/3、安打1、四球1、三振3、失点0、自責点0と久し振りの好投。「納得の行くピッチングができた。球の切れ、変化球のコントロールも思い通りだった。6回に大西選手に中前打されてガックリしたが今までチームに迷惑をかけましたのでチャンスを大切にします」と笑顔。4月21日の西武戦にもフューチャーズの一員として先発。木下は「今日はストライクの幅を増やすために練習したチェンジアップを試投したい」と意欲を見せた。1回に坂田に初球ストレートを右前打。2回黒瀬に左二塁打されたが後続を抑えた。この日は投球数32、打者9、投球回2、安打2、四死球1、三振0の無失点のピッチング。「変化球はもっと投げ込みが大切です。練習しかありません」と言う。次回のピッチングに注目したい。

 ○…巨人は4月25日ロッテ戦で4回1死一塁からエドガーが左翼席に1号2ラン。先発深田を筆頭に林、マイケル、中里、ロメロの各投手陣もロッテ打線を抑え完封した。チームは2-0で勝ち、4球団目の10勝目を記録。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

河野祥一郎「今週のイチ押し!」
河野祥一郎(こうの・しょういちろう)
 1940年(昭和15年)愛媛・今治市生まれ。59年愛媛県立西条高校卒。同校野球部では内野、外野を守り1番を打った。芝浦工大に進学し、大学2年から野球部マネジャーとなり、同校野球部の東都大学野球リーグ優勝や、明治神宮大会などで日本一のチーム作りに貢献する。
 63年の卒業と同時に、日本プロ野球機構コミッショナー参与で東大野球部監督だった神田順治氏の推薦により、セントラル・リーグ野球連盟の記録部に入社。66年から5年間、故鈴木竜二元セ・リーグ会長宅に下宿し、プロ野球について勉強。69年4月15日大洋対広島1回戦(川崎球場)で、公式記録員のスタートをきる。
 数々の名勝負、名場面の中でも、73年8月30日阪神対中日の延長11回ノーヒットノーラン試合、76年の巨人加藤初投手のノーヒットノーラン試合、94年巨人槙原寛巳投手の完全試合、97年のヤクルト石井一久投手の、98年の阪神川尻哲郎投手のノーヒットノーラン試合を担当した。
 そしてイースタン・リーグでも82年日本ハム芝投手や、99年巨人入来祐投手のノーヒットノーラン試合も見届けた。  日本シリーズ3度、オールスターにも5度参加し、71年のオールスター第1戦(西宮)で阪神江夏豊投手の9連続奪三振と、全セのノーヒットノーランを担当した。
 公式記録員38年間で1808試合を担当し、99年に退職した。
 著書に「スコア・ブックのつけ方」(86年)がある。

最近のエントリー




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. 河野祥一郎「今週のイチ押し!」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです