日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. ニュース
  2. 写真特集
  3. 全成績
  4. 全本塁打
  5. 著名人コメント
  6. 応援メッセージ
  7. 清原検定クイズ

清原 オリックス特集

オリックス 復刻ニュース

2008年09月13日

清原引退試合で長渕剛が生「とんぼ」

 オリックス清原和博内野手(41)の10月1日ソフトバンク戦(京セラドーム大阪)後の引退セレモニーで、「アニキ」と慕う歌手長渕剛(52)が清原のテーマソングでもある「とんぼ」を生でフルコーラス歌うことが12日、明らかになった。球場では特大スピーカーを設置。清原の引退あいさつに長渕が熱唱で花を添える。

 清原の幕引きを長渕が演出する。巨人時代から清原が打席でのテーマソングにしてきたのが、長渕の持ち歌の「とんぼ」だった。不遇の巨人時代、そしてオリックスでは度重なるケガとの闘い。心が折れそうになる度に、清原はとんぼを聴いてきた。
 「あの歌はオレの生き方と重なる。くじけそうになったら、とんぼで気持ちをリセットしての繰り返しやったな。ひと言では表現できない思いが、あの曲にはある」と、話したことがある。別れの際にも必ず口づさんできた。
 義母、オリックス仰木元監督の死、そして巨人との別れ…。カラオケが苦手の清原だが、「とんぼ」だけは歌った。よく歌詞の「東京のバカヤロー」に力を込めた。清原が愛した「とんぼ」への思いに、長渕がこたえる。99年、長渕のコンサートで出会ってから意気投合。それ以来の付き合いで、清原は長渕を兄のように慕っている。9年前に長渕から贈られた詩絵は自らの「教訓」として自宅リビングに飾ってある。
 現在、清原は手術した左ひざ下から菌が入り、蜂窩(ほうか)織炎」で欠場中。最後の最後までケガと闘っている。長渕はこの日、そんな清原へエールを送った。
 「(とんぼは)今はオレの歌以上に清原和博の歌だ。一途な道を突き進もう、強くなろうとすればするほど人は傷つきやすいんだよ。(大手術で)片足を球団へささげて去っていくんだよ、和博は。だからオレは歌いにいきてえ。お疲れさまとかご苦労さまとか軽々しく言えるもんじゃねえ」。
 10月1日のソフトバンク戦は超満員の3万人以上が予想される。ファン、長渕の「とんぼ」の大合唱で引退に花を添えるが、長渕は「和博は人の痛みが分かる男。(将来)きっといい監督になれるよ」と、第2の人生の出発を祝う歌にもなる。
 ◇清原の自宅リビングに飾ってある長渕から贈られた詩額◇
 前略 
 清原和博様
 たまには病気
 もしないとね
 医者ももうかん
 ねえからな
 まだまだ九回裏じゃ
 あんめいし
 頑張れ!
 気合い
 気合い
 たまには休もうよ
 平成11年8月6日
    長渕剛
(2008年9月13日付日刊スポーツ)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは





野球ニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 清原特集

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです