日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. ニュース
  2. 写真特集
  3. 全成績
  4. 全本塁打
  5. 著名人コメント
  6. 応援メッセージ
  7. 清原検定クイズ

清原 オリックス特集

オリックス 復刻ニュース

2008年08月04日

清原、695日ぶり三振復帰

<オリックス-ソフトバンク>◇2008年8月3日◇京セラドーム大阪
 清原がフルスイングで帰ってきた。左ひざを手術したオリックス清原和博内野手(40)がソフトバンク戦の7回に代打で出場した。1軍出場は06年9月8日日本ハム戦以来1年11カ月、実に695日ぶりだった。初球から力強いスイングで、満員3万超の観衆から総立ちで拍手を受けた。空振り三振に終わったが、2日に引退の決意を明かした背番号5の熱く激しい最後の戦いが始まった。

 代打清原のコールにドームが揺れた。「とんぼ」のBGMに3万人を超える観客が総立ちとなった。左ひざの大けがを経て、清原が1年11カ月ぶりに1軍舞台に帰ってきた。「やっとここまで来たんだと…。王さんの顔も見えたけど頭が真っ白。投手の顔も見えなかったし、構えることができなかった。こんなん野球やってて初めてだった。2―2の緊迫した場面でプロとしては失格ですけど」。7回、先頭で打席に入った。感極まっていた。
 「3球とも振ろうと思っていました」。初球、144キロの真っすぐを豪快に空振りすると、またドームが沸いた。2球目はこん身のスイングでファウル。ボール2球の後、最後はボール気味の140キロ真っすぐにバットは空を切った。
 引退を決意した男の魂の三振。敵味方区別ないスタンディングオベーションに、ヘルメットを掲げて応えた。「拍手もうれしかったし、歓声もすごかった。頑張ってきてよかった。(軟骨移植手術から再起という)日本でもアメリカでもやったことのないことをやった充実感がある。いろんな修羅場をくぐってきたけど、こういう気持ちは初めて」。
 兵庫・芦屋市の自宅は「穴だらけ」だという。リハビリにイラ立ち、拳で殴ったり、物を投げつけたりした。支えは家族の存在だった。長男の正吾君(5)は昨年の七夕、短冊に「パパの足が治りますように」と書いていた。物心がつき始めたばかりの次男勝児君(3)はケガばかりの姿しか知らない。寝顔を見ながら「この子にも、ホームランを打っているところを見せてあげたい」と涙が出た。穴の空いた壁は家族の写真や子どもが描いた絵でふさいだ。もう1度グラウンドに立つと固く誓った。5月からは酒を断った。
 8月3日が清原のお正月。シーズン開幕恒例、亜希夫人(39)お手製のタイの尾頭付きと赤飯を平らげ出陣した。「ボール球も振った。明日からは結果を出せるよう精いっぱいやっていく」。復活の儀式はこれでおしまい。チームは負けた。今度こそ勝利へ導く1発を放つ。【松井清員】

 マリナーズ・イチロー外野手(34)は2日(日本時間3日)、オリックス清原の決意を重く受けとめた。「公にするということは相当な覚悟であるなぁというふうに思いましたね。無理はできない状態の可能性もあるので、その場合はつらいですけど、無理をできるなら無理して欲しいですね」。イチロー流の言い回しでエールを送った。
 野球に対する姿勢を含めて尊重し合う仲。少し前にも電話で話したという。「ヒザの状態のことはちょっと聞いていた。まぁ僕が感じてたことよりももっとなんか重い感じととらえたので」と思いやった。
 清原の復帰を心待ちにしていた。「復帰して打席に立つ姿を楽しみにしてますけどね。その後の状態次第ではね、その気持ちが変わることなんてあり得るだろうし。僕はだからプレーする姿を楽しみにしているってことです」。祈るかのように話していた。(シアトル=木崎英夫通信員)

 レッドソックス松坂大輔投手(27)が2日(日本時間3日)、オリックス清原の来季以降の現役続行を望んだ。インターネットで清原の記事を読み、複雑な表情でメッセージを送った。
 松坂 「玉砕するつもりでやる」とお話しされていましたが「玉砕」などしてほしくないです。僕らの時代は、みんな清原さんにあこがれて野球を始めました。桑田さんが引退して清原さんまでそうなると、本当に寂しくなります。
 みけんにしわを寄せ、熱のこもった口調で真剣に願った。
 松坂 1歩進んでは2歩下がる、一進一退の状態で故障と戦ってこられましたし、体を大事にされて、まだまだ続けてほしいです。
 3日(同4日)はアスレチックス戦に登板する。数々の強打者との戦いを繰り返して米国に渡った松坂。清原の今後について、黙って見過ごせない感情が込められていた。(ボストン=山内崇章)
(2008年8月4日付日刊スポーツ)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは





野球ニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 清原特集

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです