日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. ニュース
  2. 写真特集
  3. 全成績
  4. 全本塁打
  5. 著名人コメント
  6. 応援メッセージ
  7. 清原検定クイズ

清原 オリックス特集

オリックス 復刻ニュース

2008年07月19日

野茂引退、清原胸中激白「つらい」

 オリックス清原和博内野手(40)が「平成の名勝負」を演じた野茂英雄投手(39=前ロイヤルズ)の現役引退を惜しんだ。18日、2軍戦のウエスタン・サーパス-中日戦の試合前に、北神戸あじあさいスタジアムで会見。「自分のボールで勝負できる最後の投手だった」と、同じ大阪府出身で1学年下のミスタートルネードの引退を残念がった。90年から94年まで、西武と近鉄で対戦した成績は、118打数42安打で打率3割5分6厘、10本塁打、27打点、34三振。野茂の初奪三振は清原だった。

 野茂の引退に、清原も大きなショックを受けていた。引退を報じる前夜のニュースに、野茂の寂しそうな後ろ姿が映っていた。
 清原 石田さんの訃報(ふほう)といい、野茂の引退といい…。死闘を繰り広げた投手がいなくなるのは僕自身、つらいですね…。
 15日には、84年夏の甲子園決勝で戦った取手二のエース・石田文樹さんが死去。この春には盟友桑田も引退と、同世代の残念なニュースが相次いだ。そして今度は「平成の名勝負」を演じた最大のライバルの引退した。
 1番の思い出に西武5年目、野茂との初対決を挙げた。90年4月10日の藤井寺球場。いきなり初回無死満塁で4番に打順が回った。
 清原 同じ大阪でも高校3年間は1度も野茂の名前は聞こえて来なかった。でも打席からマウンドを見たら仁王立ち。大阪にこんな大きい、スゴイやつがいたのかと衝撃を受けました。
 野茂はプロ初登板。だが新人は憶(おく)せず2-1と追い込み、清原は真っすぐで空振り三振に倒れた。日米3122奪三振。奪ったプロ初三振が「平成の名勝負」の始まりだった。
 清原 何でここでフォーク投げないのかな、フォークなら僕は簡単に三振するのに、という場面でも真っすぐ勝負を挑んで来る男でした。それで近鉄が優勝を逃した年もあったと思う。
 当時、両球団は毎年優勝を争っていた。西武は野茂を打つこと、近鉄は清原を抑えることが優勝への近道だった。だが野茂は「清原さんとの対戦はカーッと燃える。真っすぐで打ち取りたい」との信念があった。当時の近鉄仰木監督も「お客さんのためのプロ野球」と勝敗の域を超えた、若者同士の「フルスイングVS真っすぐ勝負」を認めた。清原は同年8月5日の対戦で野茂から150号本塁打を記録。スタンドは三振かホームランかで沸き、清原も燃えた。自分を育ててくれたのは「サムライ魂を持った投手」だった。
 清原 メジャーでもストレート勝負する姿は、やっぱり野茂だった。自分のボールで勝負できる最後の投手かも知れない。今の若い子らは“禁じ手”というか、満塁でも(交わそうと)クイックで投げる投手もいる。赤星のように足の速い走者がいる場合は別だけど…。偉大な投手。同じ時期に対戦できて幸せでした。
 投手を成長させるのが打者なら、打者を成長させるのも投手。野茂の大きさを改めて感じつつ、名勝負が減った現代野球への注文を忘れなかった【松井清員】
 ◇オリックス清原一問一答◇
 -野茂が現役を引退した
 清原 あれだけのことをやっても「悔いが残る」とコメントしてましたね。だれも成し遂げていないことをやってのけた男でも、そう感じるのか…。改めて野茂のスゴさを感じました。
 -野茂も野球を愛してた
 清原 小学校から始めた野球が、本当に好きなんだなと感じました。あれだけ大きな手術をしてリハビリして3A、2Aで野球する姿には尊敬を覚えました。
 -野茂にかける言葉は
 清原 ゆっくり話したことは1度もない。いずれ機会があればゆっくりお酒でも飲みながら、あの時はああだった、こうだったと話せればいいなと思います。 ―自身も左ひざ故障から2年ぶり復活を目指す
 清原 僕は今、(軟骨移植手術から再起するという)誰もやったことのないことにチャレンジしています。野茂の引退は残念なニュースですが、しっかり目標を定めてやっていきたい。
(2008年7月19日付日刊スポーツ)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは





野球ニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 清原特集

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです