日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. ニュース
  2. 写真特集
  3. 全成績
  4. 全本塁打
  5. 著名人コメント
  6. 応援メッセージ
  7. 清原検定クイズ

清原 西武ライオンズ特集

西武ライオンズ 復刻ニュース

1996年04月11日

清原、300号本塁打を達成、長嶋ビデオで復調

<西武-日本ハム>◇1996年4月10日◇西武
 気迫で運んだ。西武清原が「行け!」と打球に願いを込めた。1回2死一塁で通算300号が右翼席最前列ギリギリに消えた。マウンドで肩を落とす日本ハム西崎にニヤリ視線を送ると、淡々とダイヤモンドを一周した。「早く打ちたかった。西崎さんはパを代表する投手だから、区切りの一発を打ててよかった」と祝福するレオ党に両手を突き上げて自らバンザイした。

 予感はあった。通算300本のうち、西崎からは最多の13本塁打。相手が一流投手になればなるほど燃える男の真骨頂だ。尊敬する巨人長嶋監督の現役時代のビデオが、復調するきっかけだった。先日、ビデオを自宅に持ち帰って休日返上で研究した。土井打撃コーチは「長嶋さんはアウトステップするが、軸足の右足にためができて上体が開かない。今の清原には参考になるはず」と説明した。
 清原は長嶋ビデオを参考にして、自宅の等身大の鏡の前で午前1時近くまでスイングを繰り返した。キャンプ中から苦手の内角球克服に取り組んだ。内角球を意識するあまり上体が力んで打撃フォームのバランスを崩したが、復調の兆しとなる一発だった。
 「勝てればもっと良かったのだけど……」。試合に負けて喜びは半減したものの、28歳で通算300号はダイエー王監督の27歳に次ぐスピード記録。清原は「400、500号と上を目指して頑張る。次は長嶋さんの444本を抜く」と通過点を強調した。【平井勉】
 ▼清原が初回、西崎から今季2号ホーマーを放ち、史上23人目の通算300号本塁打を達成した。出場1282試合での300号到達は歴代7位のペースだが、28歳7カ月は王(巨人)の27歳3カ月に次ぐ年少記録だ。西崎からはこれが通算13本目。清原の投手別本数5傑を出すと、(1)西崎(日本ハム)13本(2)野茂(近鉄)10本(2)吉田豊(ダイエー)10本(4)前田(ロッテ)9本(5)山崎(近鉄)8本(5)伊藤敦(オリックス)8本。記念の300号は一番のお得意さんから打ったわけだ。なお、初本塁打は1986年(昭61)4月5日、南海2回戦(西武)で藤本修から記録している。
(1996年4月11日付日刊スポーツ)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは





野球ニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 清原特集

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです