日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年9月29日

若手の成長

~阪神・平田勝男2軍監督~

 久しぶりに甲子園球場へ行ってみた。前回の巨人戦(9月20日)だ。1勝1敗で迎えた3試合目。タイガースの練習時間、ベンチをのぞいてみるおマスコミ関係者で大混雑している。これでは、グラウンドにいる選手の動きが見えない。まだ開門前だった。ネット裏から見ることにした。主力のバッティング時間。金本がいれば、鳥谷、新井もいる。マートン、ブラゼルの両外国人等が何発も外野スタンドへ運ぶ。実力の差だろう。鳴尾浜球場とでは迫力が違う。

 外野に目を向けてみる。秋山がキャッチボールをしている。内野では上本、坂、大和らの若手が久慈コーチのノックで、右に左に打球を追っている。開幕当初はファームで拝見した選手たちだ。一軍を目指して懸命に野球に打ち込んできた結果、いま、その場にいる。試合を観戦した。スタメン―。秋山がマウンドだ。坂がセカンドに。林がライトにいる。3選手が大活躍した。ヒットで出塁した坂が先制にホームを踏んだ。林が貴重な2ランを放って追加点を挙げる。そして、投のヒーローは新人・秋山だ。鳴尾浜育ちが実に頼もしい。

 甲子園球場でファームから巣立った若手が優勝争いに貢献している。鳴尾浜組も負けてはいない。プレッシャーに押しつぶされながらも、4年ぶり15度目のリーグ優勝を飾った。9試合を残してマジック「4」を出しながら、一時はマジックが消滅するなど2勝5敗2分け。大いに苦しんだ。平田監督は「ファームは強制的に練習させないとダメです。みんなが一生懸命やっていれば、野球の神様は見ていますよ」と話す。重圧を跳ね除けるまでには至らなかったが、必死に野球に取り組んできた若虎たちの姿勢をたたえた。

 「うちは、こんなことでへこたれるような練習はさせていません」。最終戦前のゲームに敗れ、あと1つ残した試合に負けたら優勝が絶望となる時点での監督談話だ。選手をかなり厳しく鍛えてきた自負が、こう言わせたのだろう。その厳しい平田流選手指導の原点はどこにあるのか…。ひとつは明治大時代の御大・島岡元監督(故人)の精神野球であり、いまひとつは、二年間、監督付き広報として公、私にわたって後姿を見続けてきた星野仙一現SDの厳しさ。激しさだろう。

 「御大からは、絶対に勝つんだ。絶対に打ってやる。絶対に守ってやるという、強い気持ちを持ってやることを教育されました。強い気持ちを持ってやれば、必ずいい結果が出せるわけではありませんが、精神力によっていい結果が出るケースは多いはずです。それに星野さん、岡田さんには、監督という仕事がいかに孤独で大変なものかを学びました」。

 平田監督も厳しい体験をしてきた。それだけに苦しみながらの優勝に意義を感じているのだろう。今季の最終カード。中日との4連戦。相手がぶつけてきた先発投手は伊藤、長峰、朝倉、小笠原。いずれも一軍デビューしている投手。簡単に打ち崩せない。苦しい戦いだったが、「みんないい経験をしました。優勝争いのプレッシャーといいますか、自分たちの力の無さを知ったと思います。それより矢野を見ましたあ…。もう何カ月も実戦から遠ざかっているのに、ピンチヒッターで出ていって、簡単ではないかもしれませんが、あそこでヒットを打てるのがすごい。伊達にこの世界で飯を食っていないということですよ」。感心することしきり。若手にいい見本を見せてくれたことに感謝していたが、厳しい半面、選手を思いやる気持ちを持ち合わせている同監督。普段はジョークあり、ダジャレあり。めっぽう明るい性格である。

 試合後なのに、選手をとことん走らせたことがある。その日に反省点を納得いくまで、何度となく繰り返したこともあった。その厳しさが若手の成長を手助けしている。ファームの優勝より、秋山、上本、坂、大和ら鳴尾浜で成長していった選手の活躍を喜ぶ同監督。「まだ若いから仕方ない、という教育ではダメなんです。若い連中にいつも言うんです。お前らなあ、3年やってダメなら首だよ。ってねえ」。選手がかわいいからこそ、あえて言うのだ。二軍監督に就任して4年。チームの活性化は若手をどんどん一軍に送り込むことだ。チーム作りの原点はファームである。今後も、その手腕に期待したい。

 1年が経過するのは早い。今年もファームの公式戦は終了した。このコーナーを持たせていただいて5年。若い選手の成長を見届けていくのは実に楽しい。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ウエスタン一番星
本間勝(ほんま・まさる)
 1939年(昭14)5月1日生まれ。愛知県出身。中京商(現中京大中京)を卒業後、58年に阪神タイガースに入団。投手として活躍し、60年5月15日の巨人戦で初勝利をマーク。この年に13勝を挙げた。66年に西鉄に移籍。翌年、現役を引退。
 現役生活は実働10年で、216試合に登板。28勝38敗。16完投、4完封で377奪三振。通算投球回数は693回1/3で防御率2・86。
 退団後は14年間の新聞記者生活を送る。球団の営業担当などを歴任し、阪神の球団広報に。吉田義男氏(日刊スポーツ客員評論家)が3度目の監督に就任した時は広報部長。大物外国人グリーンウェル(レッドソックス→阪神)が「神のお告げ」で途中帰国したときの対応に苦慮。「あの年は、なかなかしんどかったですなあ」と振り返る。星野監督には、シーズン中の記者とのお茶会を進言。「あれだけ気の利く監督でしたから。広報の私は必要ないですな、と言ったこともありましたよ」。激しいスクープ合戦を繰り広げる虎番記者と、監督や選手との調整に手腕を発揮した。長い記者生活のキャリアを生かした名物広報ぶりに、お世話になった虎番は多数。
 現阪神タイガースOB会副会長。

最近のエントリー




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. ウエスタン一番星

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです