日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. スコア速報
  5. 日程&結果
  6. 組み合わせ
  7. 代表校
  8. 大会記録
  9. 地方大会

日本文理 対 中京大中京08/24 18:32更新

◇試合終了  ◇甲子園  ◇観衆=47000人

【日本文理】
守備 選手名



HR 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 (二) 切手 孝太 (3年=右) 4 1 0 0 0 一邪 ・・・ 遊ゴ ・・・ 左飛 ・・・ ・・・ 二併 ・・・ 四球 ・・・
2 (遊) 高橋隼之介 (2年=右) 5 2 4 2 1 中安 ・・・ 左本 ・・・ ・・・ 遊安 ・・・ 左飛 ・・・ 中2 ・・・
3 (一) 武石 光司 (3年=左) 4 1 1 1 0 二併 ・・・ 遊ゴ ・・・ ・・・ 死球 ・・・ ・・・ 遊ゴ 右3 ・・・
4 (右) 吉田 雅俊 (3年=右) 4 2 1 0 0 ・・・ 左2 ・・・ 二飛 ・・・ 二ゴ ・・・ ・・・ 一邪 死球 ・・・
5 (左) 高橋 義人 (3年=左) 4 2 3 1 0 ・・・ 右2 ・・・ 遊安 ・・・ 遊ゴ ・・・ ・・・ 中安 四球 ・・・
6 (投) 伊藤 直輝 (3年=右) 5 0 1 2 0 ・・・ 三振 ・・・ 中飛 ・・・ 左飛 ・・・ ・・・ 三ゴ 左安 ・・・
7 (中) 湯本 翔太 (1年=左) 3 0 1 0 0 ・・・ 三振 ・・・ 一ゴ ・・・ ・・・ ・・・ 中安 ・・・ ・・・ ・・・
村山 良太 (3年=右) 0 1 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
朝妻  翔 (3年=左) 0 0 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
田辺 和貴 (3年=左) 1 0 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 三振 ・・・ ・・・
矢口 正史 (2年=右) 0 0 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
石塚 雅俊 (3年=右) 1 0 1 1 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 左安 ・・・
平野 汰一 (2年=右) 0 0 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
8 (捕) 若林 尚希 (3年=右) 5 0 1 0 0 ・・・ 三振 ・・・ ・・・ 三振 ・・・ ・・・ 左安 ・・・ 三振 三直
9 (三) 中村 大地 (3年=右) 4 0 1 1 0 ・・・ ・・・ 三振 ・・・ 三ゴ ・・・ ・・・ 右安 ・・・ 遊ゴ ・・・
40 9 14 8 1
チーム 123456789   計  
日本文理 0110001159
中京大中京 20000620X10
【中京大中京】
守備 選手名



HR 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 (遊) 山中 渉伍 (3年=右) 6 3 3 0 0 中安 遊併 ・・・ 捕邪 ・・・ 左安 ・・・ 左安 遊ゴ ・・・ ・・・
2 (二) 国友 賢司 (3年=両) 3 1 1 0 0 投ギ ・・・ 三振 三ゴ ・・・ 三安 ・・・ 投ギ ・・・ ・・・ ・・・
3 (三) 河合 完治 (3年=左) 5 1 2 1 0 左飛 ・・・ 一失 ・・・ 二安 三振 ・・・ 右2 ・・・ ・・・ ・・・
4 (投右投右) 堂林 翔太 (3年=右) 4 2 3 4 1 中本 ・・・ 四球 ・・・ 左2 左安 ・・・ 二飛 ・・・ ・・・ ・・・
5 (捕) 磯村 嘉孝 (2年=右) 3 1 2 1 0 四球 ・・・ 左安 ・・・ 三振 死球 ・・・ 中安 ・・・ ・・・ ・・・
6 (左) 伊藤隆比古 (3年=左) 5 1 2 1 0 右安 ・・・ 三振 ・・・ 三振 投安 ・・・ 二ゴ ・・・ ・・・ ・・・
盛政 仁至 (3年=右) 0 0 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
7 (一右一) 柴田 悠介 (3年=右) 5 0 2 3 0 左飛 ・・・ 三振 ・・・ 遊ゴ 左2 ・・・ ・・・ 左安 ・・・ ・・・
8 (右中) 金山 篤未 (3年=左) 3 0 1 0 0 ・・・ 三振 ・・・ 二安 ・・・ 二ゴ 四球 ・・・ 捕ギ ・・・ ・・・
9 (中) 岩月 宥磨 (2年=右) 2 0 1 0 0 ・・・ 左安 ・・・ 投ゴ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
投一投 森本 隼平 (2年=左) 2 1 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 四球 三振 ・・・ 一ゴ ・・・ ・・・
38 10 17 10 1
選手名 回数 打者 球数 安打 三振 四球 死球 失点 自責
伊藤 直輝 (右) 8 - 46 147 17 8 4 1 10 10
   堂林 翔太 (右) 5 0/3 21 66 6 5 0 1 2 2
森本 隼平 (右) 3 - 13 48 4 1 0 0 2 1
   堂林 翔太 (右) 0 2/3 6 31 2 1 1 1 4 4
   森本 隼平 (右) 0 1/3 4 14 2 0 1 0 1 1
試合の記録
◇本塁打 堂林1号(2ラン=伊藤)高橋隼1号(堂林) ◇盗塁 河合(3回)切手(9回) ◇失策 武石(3回)河合(8回) ◇走塁死 高橋隼(6回) ◇暴投 伊藤2(日=6回、7回)森本(8回) ◇試合時間 2時間30分 ◇審判 日野(球)長谷川、田中、野口 (塁) ◇残塁 (日本文理)8 (中京大中京)12 ◇併殺 (日本文理)1 (中京大中京)2 

このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


コメント:1件

  •  “強力打線と堅守”そっくりな2校が対決することとなった、大会15日目決勝戦。怖いものなしだった自慢の打力は、ともに両校のエースと堅い守りにより阻まれていた。ところが突如爆発した中京大中京打線。もう手がつけられない…互いを知るが故にそれぞれの役割を覚悟していたかのように見えた。ところが闘っている選手たちは違った。おかしな話である。実際に闘っている人間はただひたすらに前へ向かっているのにもかかわらず、観ている側が勝手に「終わった」と肩を落としている。日陰に腰を下ろし、冷たいジュースと旨いカレーを食べて、高みの見物をしている者が諦め、当の本人たちは最後の力を振り絞る夏の終わりの強烈な陽射しを浴びながら、同様の懸命なプレーをしているのだ。

     歓声とため息は、即座に万雷の拍手に変わった。

     今は“根性”ではなく、スマートに効率よく技術を会得することが推奨される。ところがそこはまだ高校生。めっきり技術も向上し、うっかり高校生であることを忘れがちだが、あくまで“全国高等学校野球選手権大会”なのである。メンタルトレーニングと思われる動作も珍しくなくなったが、それだけではどうにもならない部分がある。

     9回2死、もうあとがない日本文理の攻撃にそれが表れた。

     追い込まれ、土踏まずが本当に土踏めなくなったほどの崖っぷち、日本文理が猛反撃を開始。

     彼らは一切後ろを振り向かなかった。

     ただ ひたすらに

     “自分を信じる心”

     それは普段から野球と、そして自分自身と真摯に向き合い、たゆまぬ努力を続けてきた証し。

     日本文理は一切守りに入らなかった。最後の最後まで結果を恐れずに積極的に挑んでいった。見送るボールも「ボールだといいな」ではなく、「これはボール」。一つ一つ丁寧に大胆でいて冷静に見極めていた。
     常日頃、何かと自分をごまかしがちな大人たちに、大切な何かを思い出させてくれた。最後にして最高の試合、第91回全国高等学校野球選手権大会 決勝戦。

     再びその姿を取り戻すにはおそらく10年かかるだろうといわれる、緑に囲まれた阪神甲子園球場。この大歓声と拍手を聞きながら芽吹いた蔦の葉は、それを縮めたのではあるまいか。

     脳はやっぱり筋肉でできているべきなのかもしれない。
     不器用でやんちゃな野球が、時に奇跡を呼ぶように。

     “奇跡”を皆歓迎する。一見統計学的に逸脱したように見えるものを人はそう呼ぶ。奇跡の裏に隠れているもの、それは“気持ち”だ。

     “流れ”の怖さと凄さ。勝利の女神は行ったり来たり、大忙しである。女神の行き先はより“気持ち”の強い方角だ。

     しかし一歩及ばなかった日本文理高校。その分気持ちが足りなかったのだろうか。そうではない。この1点、わずかに1点であれど、大きな1点なのだ。それを守り抜いた中京大中京高校は間違いなく優勝校。投打でチームの柱となった、立ち姿がとても絵になる堂林投手は涙に濡れる姿も披露した。

     強さと脆さ。

     勝ったほうが冷徹で強いわけではなく、負けたほうが怠慢で弱いわけではない。数字には表れないスコアブックだけでは読みとれない、今思い出しても胸が熱くなる、素晴らしい決勝戦をありがとう。

    投稿者 うずしお : 2009年8月26日 01:35

コメントの受付は終了しました。




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 夏の甲子園
  5. スコア速報

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです