日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集



  1. 特集トップ
  2. 10年の軌跡
  3. 復刻1998夏
  4. 松坂世代の選手
<1998−2008 松坂世代・10年の軌跡/はじめに>

 1998年8月20日、甲子園で新たな伝説が生まれた。延長17回の死闘、横浜−PL学園戦。250球を投げ抜いた松坂大輔は、そのわずか2日後の決勝戦でノーヒットノーランを達成する。力と技を兼ね備え、ファンのハートもつかんだヒーローは、一気に同世代の頂点に立った。あの夏から10年。彼は海を越え、MLBという最高峰の舞台で2年連続のワールドチャンピオンを目指している。そして、もうひとつ。忘れてならないのが「松坂世代」と呼ばれたライバルたちの存在だ。あの夏の戦いは完結しても、一人一人のストーリーには続きがある。プロ入りした選手は92人。うち30人以上はすでにプロのユニホームを脱いだ。夢を実現させ、目標を達成した者がいる。一方で、新たな目標に向かって走り出した人間もいる。カベにぶつかって悩んでいる仲間もいることだろう。同じ1980年生まれの1人として、彼らの10年間を辿ってみたい−。題して「1998−2008 松坂世代・10年の軌跡」。今回、PL学園戦で決勝2ランを放った横浜高OBの常盤良太さん、ソフトバンクで活躍する和田毅投手ら5人のその後を取材した。(川口敦子)

<筆者紹介> ◆川口敦子(かわぐち・あつこ)1980年(昭55)6月21日生まれ。青山学院高等部から早大進学。新聞サークル「早稲田スポーツ新聞会」に所属し、和田毅投手(現ソフトバンク)の番記者として活躍。卒業後、法曹を目指し法科大学院へ。司法試験にチャレンジするも方向転換を余儀なくされ、現在新たな道を模索中。高校3年生だった10年前の夏は受験勉強の真っ最中。8月20日は予備校で夏季講習を受けていた。高校野球ファンの先生が1イニングごとに横浜−PL学園戦の試合経過を“速報”してくれた。忘れられない思い出だ。

コラム <1998−2008 松坂世代・10年の軌跡>

第5回 元阪神寺田
元阪神寺田さん、3年間のプロ生活/下

1998年 阪神入団発表時の寺田裕也さん(後列右端)

 イタリアでのプレーは楽しかった。しかし2005年のシーズン終了後、元阪神内野手の寺田祐也さんはシビアな現実に直面する。イタリア野球協会が、イタリア人選手をレベルアップさせたいという理由から、今後外国... [続きを読む]

コメント:0件2008年8月06日 11:03

第5回 元阪神寺田
元阪神寺田さん、3年間のプロ生活/中

 予想もしていなかった戦力外通告を受け、わずか3年で寺田祐也さんの阪神でのプロ生活は終わった。しかし途方に暮れてばかりもいられない。家族や高校時代の恩師らに相談。そこで出した結論が大学受験だった。「高... [続きを読む]

コメント:0件2008年8月06日 11:02

第5回 元阪神寺田
元阪神寺田さん、3年間のプロ生活/上

元阪神の寺田祐也さんは鮮やかなオレンジ色のバッグを手に登場(撮影・川口敦子)

 鮮やかなオレンジ色の旅行バックを右手に、ツルツルに頭を剃りあげた元阪神内野手、寺田祐也さん(28)はさっそうと姿を現した。 「どうですかね? このバッグ」。商品カタログを開き、身ぶり手ぶりをまじえて... [続きを読む]

コメント:0件2008年8月06日 11:01





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 夏の甲子園
  5. あの夏から10年
  6. 10年の軌跡

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです